WWE:給湯室
WWEの現地リアルタイムの話題を扱うブログ。試合結果の詳報、ニュースを分かりやすくお伝えします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご無沙汰しております
ブログ更新を停止してから3週間ほど経過しました。
どうもお久しぶりです。

最後の挨拶の際には、たくさんのコメント・拍手、誠にありがとうございました。
遅くなりましたが、改めてお礼を言わせていただきます。
皆様のコメントを読み、このブログを続けてきて本当に良かったなと思っております。

近況を報告させていただくと、
最近はサークル活動やアルバイト、旅行と精力的に活動しています。大学の卒業単位はすべて取り終え、卒業論文も提出済みなので(ウェブ調査の際にはお世話になりました)、あとは社会人になるための準備をするのみです。
WWEについては時々放送はチェックしていますが、海外のニュースサイトはあまり見なくなりました。専ら情報収集は、話題のツイッターを利用しています。

思えば、私がファンになり立ての頃は、ファンサイドの掲示板を閲覧して情報を得ていました。それから日本でブログが普及し始め、ニュースブログが開設されるようになりました。(代表的なのは四方山話さんでしょうか)
一般的なネットユーザーにも情報が入手し易い環境が整い、リアルタイムの情報を得る人が一気に増えたように思います。
また同時にmixiに代表されるSNSサイトで、WWEファンが集って情報共有を行うようになりました。これまで一方的に情報を得る受動的な利用が主でしたが、今ではファンが相互に情報をやり取りしています。
このように、ネット世論の力がますます強大しているため、WWEもネットの噂に敏感にならざるを得ません。
このブログも皆さんのWWEライフを変えるきっかけとなったのでしょうか?

WWEでは多くの所属選手がツイッターを利用して情報発信をしています。ファンに悪態をつくクリス・ジェリコも、頻繁に(素のキャラで)発言を繰り返しています。レスラーがブログやツイッターを通して意見を述べることには賛否両論があるようですが、ファンとして見逃せない情報が多いのもまた事実。アングラな部分が多いプロレスは、インターネットとの相性が良いようです。

それはさておき、時間の都合でこのブログも当分更新できそうにありませんが、一つのファンブログとして残し続けたいと思います。この記事を読んでいる方もわずかだと思いますが、時々ふらっと立ち寄っていただければまた何か書いているかもしれません。個人的なことはツイッターで発言しているので、滅多に書くことはありませんが。
それではまた!
スポンサーサイト
大事なお知らせ
いつも「WWE:給湯室」をご覧いただき、ありがとうございます。
年の瀬のお忙しい時期ですが、いかがお過ごしでしょうか。

さて、本日は皆様に残念なお知らせをしなければなりません。

昨日の更新をもって、当ブログの更新を停止させていただくことになりました。
突然の告知で申し訳ありません。
年明けからブレット・ハートの登場に始まり、レッスルマニアに向けてWWEが盛り上がっていく時期に、このような発表をすることを大変心苦しく思います。

思い返せば、このブログをスタートさせたのは4年前の同じく年末のことでした。
大学が決まり(推薦ですが)、何かすることはないかと考えて、思いついたのがブログでした。
「大好きなWWEをテーマにブログを書こう。」
最初は方向性が定まらずにいましたが、噂話が好きな私の性格もあり、いつの間にかニュースブログに。
次第にアクセス数も増え始めて、今では大変多くの皆様にご覧いただけるようになりました。
途中更新を停止した時期はありましたが、このブログは私の学生生活の一部だったといっても過言ではありません。情報としての価値はどれ程あったのかは分かりませんが、多くの時間を費やして、かなりの量の記事を書くことができました。

私事ですが、春から就職することが決まっています。
そして社会に出るまでの残りの時間、何をやるべきかと考えたときに、今はブログより優先すべきことがあるだろうと思うようになりました。そこでこのブログをいつまで続けるべきか悩みましたが、新年を迎える前に一つ区切りをつけようということで、ブログの更新停止を決意しました。


以前、ブログの更新を一時的に停止した際に、私は次のように書きました。

--------------------------------------------------------------------
3日坊主の自分がここまで続けてこれたのは、アクセス数のためでもなく、広告料の利益のためでもなく、何より自分がWWEを楽しんでいたからです。他にも情報サイト・ブログがたくさんある中でこの『給湯室』を続けた理由、それは自分自身のためにありました。だからこそ“自分のペース”でやってきました。

そしてまたこのブログを支えてくれたのは、他ならぬ閲覧者の皆様です。
応援のお言葉、内容についてのご指摘もたくさんいただきました。
WWEが好きな皆様と情報を共有できることが、一ファンとしての喜びでもありました。
--------------------------------------------------------------------

この思いは今でも変わりません。
多くの人に支えられてこのブログを続けてきましたが、
ここで「卒業」したいと思います。


今までこのブログを見てくださった大勢の皆様、そしてご指摘・ご批判等してくださった皆様、本当にありがとうございました。
そして、いただいたコメントすべてに返事を書くことができなかったこと、大変申し訳なく思っております。
拙い文章と翻訳でしたが、皆様のお役に立つことができたのなら幸いに思います。

このブログは削除せず、そのまま残しておきます。
機会があれば、また何か記事を書くかもしれません。

これからも私はWWEファンであり続けます。
またいつかお会いしましょう。
よいお年を!

                                「WWE:給湯室」管理人
ウェブ日記に関する調査のお願い
いつも「WWE:給湯室」をご覧いただき、ありがとうございます。
通常ブログにて、私個人の意見や感情を記事内で表記することは避けていますが、この度ブログをご覧の皆様にお願いしたい事があり、特別にトピックを立てました。

私は社会学を専攻する大学4年生であり、現在卒業論文の執筆を進めています。
その参考資料として、皆様にWebアンケートにご協力いただきたいと思います。
このようなWeb調査は信頼性・妥当性の面において難がありますが、論考を深めるための一助になればと考えています。


■テーマ:「ウェブ日記の執筆及び継続動機について」
mixiなどソーシャル・ネットワーキング・サイト(SNS)とアメブロなどのブログなど読者を限定しない日記にはどのような違いがあるのか?その比較を行いながら、「なぜ日記を書くのか?」「ウェブ日記は何を可能にするのか?」といった内容を社会心理学の観点から分析を行うというものです。
もちろん私が学生時代ブログを書き続けたことが、研究動機となっています。

■調査期間:2009年9月15日~2009年11月上旬予定
(期間を延長しました)

■調査対象者:SNSで日記を書いている、またはウェブサイトやブログツールなどで日記を書いている方。

回収されたデータは調査研究の目的のみに使用し、統計的に分析されます。
個人のデータが特定・公表されることは一切ありません。

10分程度でできるアンケートとなっています。
ご協力お願い致します。

以下のリンクから質問にお答えください。なおPCからしか回答できません。


http://reas2.nime.ac.jp/cgi-bin/WebObjects/REAS?t=10786


注)本調査ではSNSでの日記と、ブログやウェブサイトの日記の比較を行うため、それぞれの「日記」について尋ねています。そのため一部質問が重複している箇所があります。設問の冒頭に【SNS】とあれば前者、【ブログ】とあれば後者の日記について尋ねています。混同しないようにご注意ください。どちらか片方しかやっていないという方でも質問に答えることができます。

なお、この記事は調査期間終了後に削除させていただきます。

                       管理人 hotwater
Japanese Legend Mitsuharu Misawa passes away
■6月13日、プロレスリング・ノアの三沢光晴選手が亡くなりました。享年46歳、6月18日の誕生日を目前にしての死でした。
WWEとは直接関係のない話題ですが、一プロレスファンとしてとてもショックな出来事でしたので、こちらにて哀悼の意を表したいと思います。
突然の訃報に呆然としながら、一晩中TVニュースやインターネットで情報を集めていました。夜が明け、駅の売店に並んだスポーツ新聞の見出しを見て、改めて「現実のことなんだ」と実感。14日、元々行くつもりであったミッキー・ローク主演映画「レスラー The Wrestler」を観てきました。主人公が自分の体を、家族を、愛を犠牲にしながら、「あそこは俺の居場所だ」とリングに向かう姿に、つい三沢さんの姿を重ねてしまいます。
謹んでご冥福をお祈り申し上げます。


以下、海外のレスラーから、三沢さんの訃報に関するコメントです。
*クリス・ジェリコ「Misawaは本当の戦士だ。そして俺が生きてきた中でお気に入りのパフォーマーの一人だった。彼のファイティングスピリットとずば抜けたサイコロジーは、長い間忘れられないだろう。」
*オーサム・コング「RIP Mitsuharu Misawa-san」
*マット・ハーディー「Mitsuharu Misawaが土曜夜に日本での試合中に亡くなったことを知ったところだ。これを聞いて本当に悲しかったよ。」
*ジェレミー・ボラッシュ「Mitsuharu Misawaの訃報を聞いてショックだ。昨年東京ドームでの興行で彼に会えたことは本当にラッキーだった。何という悲しい悲劇だろう。R.I.P.」
*マット・モーガン「今日はとても残念なニュースだ。日本のレジェンドレスラーMitsuharu Misawaが亡くなったそうだ。若いファンの中で彼が日本のプロレス界にいかに重要な存在であったのか知らない人がいるならば、YouTubeをチェックするといい。」
*クリス・ヒーロ「信じられないほどショックだ。こんなことはこれまでなかった。本当だと信じられない。」
*ギャングレル「Misawaは数々のすばらしい試合をしてきた。だから我々のスポーツに彼を失ったことは悲しい。」
更新再開のお知らせ
WWE:給湯室をご覧いただき、どうもありがとうございます。
以前からご覧の方々、どうもお久しぶりです。

約1年ぶりの更新となりました。
比較的時間に余裕ができたので、先週から様子見で試合結果やニュース記事を更新していましたが、ここで改めて更新再開を宣言したいと思います。先週から徐々にアクセス数も増え始め、これまで閲覧していただいていた皆様に足を運んでもらうことができ、嬉しい限りです。
個人的な話になりますが、大学4年生に進級して、おかげさまで就職活動も無事に終了しました。志望していた業界に進むことができ、それに至るまでの過程を含めて、満足のいく就職活動となりました。この1年間は、大学のゼミやサークル、そして就職活動と、とても濃い時間を過ごすことができました。

ブログを更新したいという思いはあったのですが、結局私のだらしない性格もあり、放置したまま1年が経過してしまいました。4月上旬に就活が終了して、再開しようと思って何度もこのサイトを開いたのですが、なかなか思い切りがつきませんでした。WWEのTV放送も欠かさずチェックしていたという訳でもなく、現地の情報にも疎くなってしまっていたので、これまでのように更新ができるか不安でした。再開を宣言することなく、何事もなかったかのように記事を更新していたのは、しばらく続けてみてその上で判断しようと思ったことが理由です。しかし一週間、記事を書き、コメントをいただき、ようやく決心がつきました。
なお、社会に出るまでの残された時間、色々なことにチャレンジし、多くの場所を訪れたいという思いがあります。したがって、すべてをブログの更新に捧げるわけにはいかず、正直いつまで続けられるかは申し上げることができません。以前からこのブログで繰り返し“自己満足”という言葉を使ってきましたが、多くの方の閲覧に感謝して期待に応えたいという気持ちはある一方で、それは今も変わらず、自分のペースで続けていきたいと考えています。

相変わらずの拙い文章、翻訳で、情報として価値があるのか分かりませんが、これからも一ファンとしてWWEの情報を皆様と共有できたらと思います。
これからも、どうぞよろしくお願い致します。
                                          管理人



プロフィール

管理人

Author:管理人
給湯室へようこそ!

WWEの現地リアルタイムの話題を扱うブログです。
現地情報が知りたくない方は注意してください。
皆様からのWWE情報もお待ちしています。

現在は更新停止中です

基本的にリンクフリーです。相互リンクも募集中。
twitterやってます @hotwatersupply



カテゴリー



最近の記事



最新DVDはこちら!!



Amazonの商品を検索



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



月別アーカイブ



カウンター



ブログランキング

ブログランキングに参加しています。 クリックお願いします。



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。