WWE:給湯室
WWEの現地リアルタイムの話題を扱うブログ。試合結果の詳報、ニュースを分かりやすくお伝えします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現地RAW試合結果
1/2のRAWの現地リアルタイムの速報です。
ネタバレがいやだという方は注意してください。


スタイルズ、コーチ、キングが実況。
リリアンがビンスをアナウンス。彼はリングに入り、先週HBKが言った事を批判する。「これからもずっと偉大な男、それは私のことだ!」

1.ケインvsショーン・マイケルズ

ケインが最初に入場。対戦相手は不明である。ビンスはリングにとどまり、リリアンの隣に立っている。マイケルズが入場。コーチは笑う。
ビンスは「この試合には特別な規定がある。もしマイケルズがスーパーキックを使ったなら、奴を反則負けとする。」
キング「バックステージでビンスと話した時、彼は“Happy me year”といっていた。」
スタイルズ「スーパーキックなしにどうやって体格の差を埋めるんだ」
マイケルズがリングサイドのケインにダイブ。ビンスが邪魔をしてケインに回復の時間を与える。ケインはクローズライン。
[CM]
スタイルズはキングに尋ねる。「もしビンスにパイルドライバーを禁止されたらどうする?」「俺にはプランBやCがあるんだ。」
ケインはチョークスラムを狙うが失敗。HBKはケインにDDT、ネックブリーカー。頭を狙った攻撃を続けるが、ビッグブートで返される。フライングラリアットのためにトップロープに上がって飛ぶがHBKが頭を下げ回避。HBKはビンスを見ながらスウィートチンミュージックのアピール。ビンスは立ち上がり「やって見ろ!お前は試合に負けるだけでなく、今週の日曜日、イリミネーションチェンバーのメンバーからはずれるぞ!」
HBKが何も言えずにいると、ケインはチョークスラム。そしてピン。

WINNER:ケイン at14:10

ビンスは、バックステージに戻り、トッド・グリシャムに会い、何かささやく。トッドはリングに向かう。

グリシャムはHBKにインタビュー、そしてチェンバー戦のfirst entrantになったと知らせる。「今までに第一入場者で勝ったものはいない」というと、HBKは何も言わず足を引きずって帰る。

コーチ「やっかいな仕事をあてがわれたな」グレゴリ・ヘルムズがキングに不満があるという。自分の悪口を言われたという。
キングは「自分を鏡で見てみろ!」ヘルムズは実況テーブルに近づく、「言いたいことがあるなら、リングで面と向かって言え!」
「俺がハリケーンのキャラでいた頃、お前は俺をばかにした。誰かからかわれる男がいるというなら、それはお前だ。」
「少なくともお前がハリケーンでいたころ、お前は微妙だったぞ。今、お前はハリケーンでない、だからといって不調というわけでもない、つまりお前はクソだということだ!」
ヘルムズはキングに平手打ち。キングはパンチを仕返す。そして特番で試合をするという。

カートとデバリが、ビンスに話しかけている。「俺はGMになりたくはない。だが、レフェリーの裁定が偏見に満ちていないことを確かめたい。
ビンス「米軍はお前がケツにキックされているところを見たいと言っていた。」カート「The troops suck!」
ビンス「私は誰かの血が見たい。」「それならボクがシナを病院送りにしてやる」
ミッキーがビンスに話しかけ、先週の出来事(トリッシュにキスしたこと)について説明する。
スタイルズは「トリッシュが乗り気ならいいんじゃないか?」

グリシャムはトリッシュにインタビュー。「先週のことはちょっと不快に感じたわ。私は年を越えてチャンピオンで、特番の試合の準備をしているの。」

マリアがホストのコーナー“Kiss Cam”。ビクトリア、トリー、キャンディスがマリアを侮辱。

2.マリアvsビクトリア

なんとマリアがロールアップで勝利。
三人の悪女が、マリアを攻撃。服を脱がし、尻を叩く。

WINNER:マリア at1:30

エッジとリタがエントランスに近づいている。

ビンスはマリアに話しかけ、“
トリッシュがカーテンの後ろでシャワーを浴びている。タオルを取って欲しいと頼む。ミッキーが渡そうとする。
「ずっといいたいことがあったの。」タオルを手渡し「このバカ女!」
スタイルズは、遊んでいたのだと推測する。

エッジとリタがインタビューステージに立つ。先週のsmackdownのキッドキャッシュのプロモのカメラアングル。
エッジは「俺がフレアーについて言ったことはすべて真実だ」そしてフレアーが起こした交通事故のパロディービデオを流す。
フレアーが登場。リングに入り、エッジを攻撃。リタはフレアーに飛び掛るが、スリーパーをかけられる。
エッジが逃げ出すと、フレアーはスリーパーをやめ、リタも逃げ出す。

ステイシーのセグメントが流れる。

3.シェルトン・ベンジャミンvsクリス・マスターズ

ベンジャミンは肩を痛めているよう。マスターズロックでタップ。

WINNER:マスターズ at4:33

HHHがリング登場。「『大きければ大きいほど、フォールを奪うことは難しい』、そんなこと俺を信じることが出来ない」
ビッグ・ショー入場。HHHはイスを取り出す。殴りかかるがガードされる。そして反撃を受ける。

ベンジャミンが母親に負けたことを怒られている。

シナがメイン戦のためにリング登場。そしてチェンバー戦に関するラップを披露。「俺はマスターズの鍵を持っている。あいつは俺に勝てない。あいつはWWEのつづりもできない。人々はあいつを最高傑作と呼ぶが、あいつなんてiPodナノより小さい。」そしてカリートについては、あいつの髪形は70年代のポルノスターみたいと言う。
またイラクの米軍に対し尊敬の念を示す。「俺たちのためにイラクという危険な場所にいる。フセインを穴から見つけ出した。」

4.ジョン・シナvsカート・アングルwithデバリ―First Blood Match
レフェリーが気絶する。シナがイスを使おうとすると、デバリが妨害。シナがデバリを倒すと、その隙にカートはシナをイス攻撃。シナは大量流血する。しかしSTFUをカートにかける。シナの血がカートの顔にかかる。レフェリーが起き上がる。判定に迷うが、シナの血だという事は明らかだとして、カートの勝ちと判定。

WINNER:カート in9:00

試合後、カリート、マスターズが乱入し、シナを攻撃。カート共に攻撃していると、ケインが登場。カリート、マスターズにチョークスラム、カートにビッグブート。今度はHBKが現れ、ケインにスウィートチンミュージック。さらにシナが復活し、HBKにFU。
(これには少しブーイングが起きる)
シナのテーマ曲が流れ、血だらけのシナがうつり番組終了。

スポンサーサイト

テーマ:WWE - ジャンル:スポーツ



プロフィール

管理人

Author:管理人
給湯室へようこそ!

WWEの現地リアルタイムの話題を扱うブログです。
現地情報が知りたくない方は注意してください。
皆様からのWWE情報もお待ちしています。

現在は更新停止中です

基本的にリンクフリーです。相互リンクも募集中。
twitterやってます @hotwatersupply



カテゴリー



最近の記事



最新DVDはこちら!!



Amazonの商品を検索



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

12 | 2006/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



月別アーカイブ



カウンター



ブログランキング

ブログランキングに参加しています。 クリックお願いします。



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。