WWE:給湯室
WWEの現地リアルタイムの話題を扱うブログ。試合結果の詳報、ニュースを分かりやすくお伝えします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現地1/23RAW結果
現地1/23のRAWの結果です。
ネタバレがいやな方は注意してください。


オープニングにエッジとリタのトレイラーが流れる。

スタイルズ、コーチ、キングが今夜のショーの紹介。今夜のメイン戦はエッジ&彼が選んだ選手vs.シナ&彼が選んだ選手の試合になると言う。

ショーがスタートすると、まずエッジの入場曲がヒット!アリーナにエッジとリタが登場し、リングへと向かう。
リタ「もうすぐ、レッスルマニアであなたたちのそばに現れるR指定、WWEチャンピオン、エッジ!!!」
エッジがマイクを取り、「俺達はさっきのトレイラーを見た。最高のアトラクション、レッスルマニアでも俺は王座を防衛するだろう。俺は真のチャンピオンだ。なぜなら俺は俺がチャンプだということに関する全ての疑念を晴らしてみせた。俺は高く評価されているし、チャンプに相応しい男なんだ。それにな、アイアン・シークやミック・フォーリーみたいなすぐ消えてしまうようなチャンプにはならない。1週間で失うようなことはしない。そしてフレアーみたいに16回もベルトを失うことはない。奴みたいにふざけた歩き方もしない。奴はもうまともに歩けないんじゃないか?」
観客は”We want Flair”チャント。
エッジ「奴はここには現れねぇ!奴は先週の怪我を癒すので精一杯だ。フレアーは来ないだけじゃない、一生他のタイトルをも獲ることはない。俺が先週打ち負かしたせいで、もう流れからはずれてしまった。心配はない。どうせ今に仲間を引き連れてくるさ。シナが仲間に加わるだろう。だがシナだってリマッチでは俺に負け、奴のキャリアはトイレへ直行だ。ファンに買いかぶられていただけさ。」
エッジとリタは見つめあい「この間のお祝いの続きだ」
ここでシナの入場曲。マイクを手に持ちステージに登場。
シナ「あのムービー・トレイラーはよく出来ていた。だが、みんなは実際のムービーは信じがたいものだということは知らない。俺が本当の話を教えてやる。ある少年と”ho”(英和辞典に載っていなかったので英英辞典で調べてみたら「尻軽女」に近い意味でした)の物語だ。(以下ラップです。そのまま訳すのは無理があるので、実際の雰囲気は放送をお待ちください)少年はホゥと出会った。彼女は普通のホゥとは違った。魅惑的な赤髪のホゥだった。彼女は少年の人生を変えた。彼はマネーインザバンクを勝ち取りWWEタイトルをも得た。少年はすべてを手に入れ、彼女を幸せにしたいと思った。彼女は食べ物を必要とした。アイダホ(ゥ)からのポテトがな。彼は彼女の境遇を調べた。そしてナバホ(ゥ)族のハーフだと分かった。彼はトップに立ったが、マイアミでのロイヤルランブルへと向かう。彼はリングの中央に立ち、世界中の注目を浴びる。残念なことに彼はタイトルを失った。メインイベントのスポットライトを失った。ホゥを失った。一転して彼女はJim Dugganと恋に落ちた。ホォォォォォォゥゥゥーーー!!!ある日少年はG指定扱いを受けた。彼が二度と見ることのないだろう”G”oldのベルト。彼を蝕む”G”onorrhoea(淋病)。」
リタはマイクを手に取り「誰のことを言っているのかしら?」

Dancing With The Starの映像。ステイシーは勝ち残る。

1.ケインvs.カリート

カリートが右手を痛める。ケインはカリートをコーナーに投げる。右手でカリートをノックダウン。カリートを痛めつけ、再びコーナーへ振る。エルボー連打からチョーク。
チョークスラムを受けたカリートがイスを取り出し、ケインを殴ろうとするもかかとで蹴られ、勢いあまってロープにあたり、跳ね返ったイスがケインの顔にヒット。ここでDQ。起き上がったケインはカリートを攻撃。

WINNER:ケイン via DQ at4:38

カリートはバックステージに逃げ帰る。

エッジとリタが誰をパートナーにするか話し合っている。
リタ「何かいいアイディアがある?」
エッジ「お前にはやってもらうことがある」
エッジはリタに言って、彼女をビッグ・ショーのロッカールームへと向かわせる。

リタがショーの部屋に入り、交渉する。しかしショーは難色。
そこへエッジが入ってくる。エッジがショーに直接頼むが、しかしショーは立ち上がり、はっきり「NO!」と答える。
ショー「お前は幸せモンだ。俺は今お前のケツを蹴り飛ばすようなことはしない。俺はロイヤルランブルで勝利し、WMでチャンプと戦うんだ!」

トリッシュがストレッチをしているとミッキーが入ってくる。
ミッキー「私じゃなくてミッキーをチームのメンバーにしたってホント?私はあなたのためを思ってきて色々してきたの。どうしてあなたは私のことを思ってくれないの?」
ミッキーは泣き始める。トリッシュはなだめて「大切に思っているわ」と言う。ミッキーは「嬉しいわ。あなたがして欲しいと思うことをするわ。でもそれだけは受け入れられない。」
ミッキーは走って、部屋を出て行く。トリッシュは困惑する。

コーチが立ち上がり、マイクを取る。「2006年は俺の年なる。俺はロイヤルランブルの最後の出場者になるんだ。」
キングもマイクを取り、止める。「お前は臆病者だろうが。」
コーチ「誰も俺を臆病者なんて呼ばない」
キングはコーチにRRの予選で挑戦したいと申し込む。コーチは受け入れる。

2.アシュリー&トリッシュvs.ビクトリア&キャンディス(withトリー&クロエ←犬)

トリッシュが、ビクトリアとキャンディスを攻撃。アシュリーがクロスボディでビクトリアをピン。試合後、ミッキーがアシュリーを襲う。スタイルズは「彼女は狂っている」と言う。

WINNER:アシュリー&トリッシュ at2:30

ベンジャミンママがベンジャミンの気分がすぐれないようだと注意している。
ママ「どうしたの?」
ベンジャミン「マイケルズが言ったんだ、俺はマザコンだって。試合でもママが助けてくれるし」
ママ「気にすること無いわ。ママはあなたのママなんだから」
ベンジャミンは喜ぶ。

リリアンが観客席に奥さんといるビリー・グラハムを紹介する。

3.ショーン・マイケルズvs.シェルトン・ベンジャミン(withママ)

試合前にビンスが登場。「もしマイケルズが負けたなら、ランブル戦の出場権を失うことになる」
試合は長期戦へ。お互いの切り返しが続き、マイケルズがトップロープからのエルボー。スウィートチンミュージックの足踏みをするが、ママがマイケルズの気を引き、そのすきにベンジャミンが丸め込む。それでもマイケルズは切り返してそのままピン。

WINNER:マイケルズ at19:52

エッジとリタはまだパートナーを探している。HHHに頼むと「考えておこう」二人は興奮する。

実況陣がロイヤルランブルのラインナップを紹介。トリッシュがスペシャルレフェリーのアシュリーvs.ミッキーの試合が加えられる。

バックステージ。ビンスがロッカールームのマイケルズに近づく。
ビンス「お前の幸運はいつ尽きるかな?」
マイケルズ「俺が何か怒らせるようなことをしたからこんなことをするのか?あんたは精神病にでもなったのか?あんたを悩ませることをしたなら謝る。すまなかった。あんたが喜ぶなら何だってするさ。」
ビンスは笑いながら「じゃあそうしてもらおうか。幸せにしてもらおう。これは私にとってのニューイヤーズレボリューションの一つだ。俺はアリーナにいるどの人間よりも金を持っている。神(”God”)よりも金を持ってきたんだ(have “got”)。自分のために金を使い、幸せな日々を送ってきた。この業界を10年20年いや30年前に戻したい。セックス、ドラッグ、ロックンロールの縮図にしたいんだ。ショーン!今夜再び始めるんだ。私はやりたいことをする。私はビンス・マクマホンだ!やりたいことができるんだ。毎晩をパーティーにすることだってできる。歴史上初めてのことをしてみるんだ。私はお前を信じるぞ。愛され、信頼される父親を演じてきたんだろ?もう十分だろ。ろくでもない女の尻にしかれたいのか?一緒にやろうじゃないか。」
マイケルズ「イヤだ。絶対に」
ビンス「NOだって?失望させてくれるなお前は。本当に!お前の幸運なぞ、今週の日曜、ロイヤルランブルで尽きてしまうがよい。私が保証してやる」そうののしる。

4.ジェリー・ローラーvs.コーチ -ランブル予選-

試合途中、Spirit Squadが登場。チアリーダーのギミックの5人の男が現れる。リングサイドでキングに対し、全員でブーイングし、コーチチャント。キングの邪魔をし、コーチがロールアップ。Sprit Squadの一人はKen DoaneというOVWからのレスラー。

WINNER:コーチ at1:58

コーチが自分の勝利に満足している。
キング「あれは誰だ?」しかしコーチは「俺は知らない」

5.ビッグ・ショーvs.ロブ・コンウェイ&ランス・ケイドvs.グレゴリー・ヘルムズ -ロイヤルランブル2ndチャンス4wayマッチ-

ショー以外の3人が結託して、彼を倒そうとする。しかし物ともせず、ビッグショーが勝利。

WINNER:ビッグショー at1:18 ランブル戦出場決定

ショーが喜んでいるとHHHが登場。
HHHはショーに落ち着くように言う。
「俺はリングに入るつもりもないし、赤ちゃんアザラシみたいに頭を殴ったりはしないから。お前はランブルで勝つことはないから、へんに望みを持たないほうがいいぜ。」エッジに対しては「自力でやれ。チャリティー事業はするつもりない。」さらにフレアーにも言及。
「俺はRRで勝ち、WMで王座と獲るんだ!」

バックステージ。エッジはパートナーを見つけられず困っている。
誰かがロッカールームに入ってくる。
エッジは笑いながら言った。「何故俺は今までお前を思いつかなかったんだ」

5.エッジ&???vs.シナ&???
エッジとリタが先に登場。そして現れたのはクリス・マスターズ!
シナがリングに登場して、パートナーを紹介。
「シャーロット出身、16回の世界王座に輝いたネイチャーボーイ、リック・フレアー!!」
フレアーが登場し、エッジはリングサイドでにらんでいる。

5.エッジ&マスターズvs.シナ&フレアー

まずシナとマスターズが戦う。観客は”We want Flair!” チャント。1:00でフレアーにタッチ。チョップを連発。そしてエプロンのエッジにも攻撃をしかけるが、マスターズに投げられる。エッジがタッチで入り、攻撃を続ける。5:15でなんとかフレアーはシナにつなぐ。さすがにブーイングはない。かといって歓声が大きいわけでもない。エッジにFUをかけようとするが、リタが邪魔をする。マスターズがロックをかけようとするが、フレアーが助ける。シナがマスターズにSTFU!マスターズはタップ。

WINNER:シナ&フレアー at6:20

シナが観客にアピール。
-番組終了-

スポンサーサイト

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ



プロフィール

管理人

Author:管理人
給湯室へようこそ!

WWEの現地リアルタイムの話題を扱うブログです。
現地情報が知りたくない方は注意してください。
皆様からのWWE情報もお待ちしています。

現在は更新停止中です

基本的にリンクフリーです。相互リンクも募集中。
twitterやってます @hotwatersupply



カテゴリー



最近の記事



最新DVDはこちら!!



Amazonの商品を検索



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

12 | 2006/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



月別アーカイブ



カウンター



ブログランキング

ブログランキングに参加しています。 クリックお願いします。



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。