WWE:給湯室
WWEの現地リアルタイムの話題を扱うブログ。試合結果の詳報、ニュースを分かりやすくお伝えします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現地3/12 TNA特番Destination X結果
現地3/12のTNA特番Destination Xの結果です。
本当はこの記事以前に前回特番からのストーリーダイジェストを掲載予定でしたが、情報不足のため書けませんでした。このブログはWWEをメインとしており、私もiMAPCTの結果を知らないので、色々なサイトを巡ってみましたが、TNAを扱っているサイトは少なく、またTNA自体のサイトがやはりWWE.comに比べると拙いので、うまくストーリーをまとめることができませんでした。
これまでのストーリーをあまり理解していないため、意味不明な訳があることをお許し下さい。


-プレ・ショー-

実況陣がショーの紹介をする。

1.“プリンス・オブ・パンク”シャノン・ムーアvs.キャシディー・ライリー
WINNER:ムーア at 3:15



バックステージ。クリストファー・ダニエルズのインタビュー・
ダニエルズ「TNAに来る以前から、俺は国を代表するステージでありベストを尽くせるという場所で、これこそがレスリングだというものをやるのが夢だった。俺はトップに立ってみせる。」


2.エリックス・スキッパー&デイビット・ヤング(withサイモン・ダイアモンド)vs.ノーマン・スマイリー&シャーク・ボーイ

試合前、ダイアモンドがA.J. Pierzynskiを紹介。ヤングがスマイリーをピン。

WINNER:ヤング&スキッパー 


PPVのプレビュー。

-特番開始-

1.アレックス・シェリーvs.ジェイ・リーサル

実況陣が期待の若手二人だと褒め称える。
リーサルが700でニアフォールをとるも、シェリーがスライスド・ブレッド #2で勝利。

WINNER:シェリー at 9:58


実況陣がスティングをスティーブ・ボーデンとして紹介している。“スティング”というレスラーは引退していしまったが、真の男がこの後現れるなどと話している。

ジェレミー・ボラシュがチーム・カナダをインタビュー。
ダモール「The Naturalsは最後の試合で俺らに負けることになり泣いているだろう。だが俺達はやつらよりもっと大きな障害に直面している。なぜなら俺達はカナダ人の中の小さなグループだ。俺達何億もの偏ったアメリカ人どもを相手しなければならない。俺達のチームはXディビジョンの素晴らしさそのものだ。あとでピーティー・ウィリアムスがそれを証明してやる。」


2.ランス・ホイトvs.マット・ベントリー(withトレイシー)

ホイトが序盤は主導権を握る。ベントリーが3:30ごろフェイス・ロックで徐々に取り戻す。しかし5:00ごろ再びホイトが優勢になる。すると観客はホイトチャント。コーナーにいるベントリーにクローズライン、そしてパンプハンドルスラム。しかしギリギリ返される。ホイトはムーンサルトにいくが、ベントリーが避ける。そしてベントリーはスーパーキック。だが今度はホイトがそれをかわす。互いに打ち返し、両者マットに倒れる。
途中、シェリーとヤングが登場し、ビラをまき始める。
ヤング「俺たちには完璧なプランがある。」トレイシーがビラの一枚をベントリーに見せているところに、ホイトがベントリーにビッグブートを喰らわせて勝利。

WINNER:ホイト at 8:01


ビラが映し出される。「この男を見たことがありますか?最高の注意を払ってください。」と書かれており、そこにはスティングの写真が…。

ボラシュがバックステージで、チーム3D、ライノ、ロン・キリングスにインタビュー。


3.ボビー・ルード&エリック・ヤング(withスコット・ダモール&A1)vs. The Naturals

チーム・カナダが試合を支配した。ナチュラルズのダグラスがかかとの不正行為に関して文句を言っている間に、ルードがスティーブンスにチョーク攻撃。8:00ごろスティーブンスが復活。そして10:00にはトップロープからの攻撃。A1が介入してルードを助ける。(中略)ナチュラルズがナチュラル・ディザスターにいくが、ダモールがレフェリーとダグラスの気をひいて阻止。ヤングがダグラスをホッケー・スティックでKOしてピン。

WINNER:ルード&ヤング at 13:05


ボラシュがモンティ・ブラウンにインタビュー。
ブラウン「クリスチャンなんてMinute Flavorにすぎない。俺はMillennium Flavorだ。」


4.ホミサイド&コナン&マチェットvs.ボブ・アームストロング&B.G.ジェームス&キップ・ジェームス

B.G.「言葉を選んでいる時間はない。復讐のときだ!」
キップがマチェットをパンプハンドルスラムで仕留めて勝利。

WINNER:ボブ&B.G.&キップ at 6:40


シェリーとヤングがスティングを探している。ボラシュがそれに加わる。彼らは男子トイレでスティングのジャケットとバットを見つける。ヤングは個室から出てくるように言う。しかし中から出てきたのはA.J.スタイルズ。
ヤング「スティングと一緒にいなかったか?」
スタイルズ「NO!カメラに写っているからどこにいるのか分かってしまうんじゃないの?」


5.プーマvs.サンジェイ・ダットvs.クリス・セービンvs.ピーティー・ウィリアムス

試合はかなり白熱して、観客からもTNAチャント。
各選手が必殺技を繰り出し、セービンがプーマにクレイドル・ショックを決めて勝利。観客はスタンディング・オベーション。
実況「あなたはTNAが他の団体と何が違うか知りたいでしょう。今、あなたはそれを目撃しました!」

WINNER:セービン at 14:45


ボラシュがジェフ・ジャレット、ジェームス・ミッチェル、アビス、AMW、ゲイル・キム、ジャッキー・ゲイダにインタビュー。
ミッチェル「インパクト・ゾーンを屠殺場に変えてやる。最後の審判の日の準備をしろ!」
ジャレットが話しているとウィリアムスが入ってきて、「スティングがまだ見つからない」と言う。
ジャレットをカメラの方に目を移し、「スティング、俺達はもうお前を探すのをやめた。今度はお前が俺を探す番だ。俺の背中に的をつくってやる。さぁかかってこい!」と言う。


6.ロン・キリングス&チーム3D&ライノvs.ジェフ・ジャレット&AMW&アビス(withジェームス・ミッチェル)

(途中から)ジャレットがキリングスにギター攻撃。そこへライノがジャレットにゴア。そしてアビスはライノを投げ、さらにキリングスがアビスをオーバーザトップロープ。BRDがジャレットにボディスラム。さらにディーボンと協力してトップロープからヘッドバットをセット。キムがBRDに飛び掛るも、逆にマットに叩きつけられる。ヘッドバットのあと、BRDがテーブルを要請。アビスが背中から彼を襲う。そしてジャッキーにチョークスラムの構え。しかしディーボンがセーブに入る。チーム3Dはアビスに3Dを決める。ハリスがリングに入り、ダブル・スレッジハンマーでディーボンを殴る。ストームがBRDにキック。AMWはディーボンにデス・センテンスを決める。AMWはキリングスをリングポストに手錠をつなごうとする。だが逆にキリングスがハリスをロックする。彼はストームのカバーにいくもジャレットがカットにはいる。キリングスとジャレットの激しい攻防。ジャレットがバック・ドロップのあとにストロークの準備。キリングスも一度は防ぐが、ストームの介入でストロークを喰らってしまい、ピン。

WINNER:ジャレット&AMW&アビス at 20:12


ジャレット「スティング!お前が答えないというのなら、お前はおびえて退職を認めたということになるぞ。」

このあとのアルティメットXマッチのプレビューが流れる。


7.サモア・ジョーvs. A.J.スタイルズvs.クリストファー・ダニエルズ -Ultimate X -

この試合はリングの上にケーブルが交差するように張られていて、レスラーはそれをつたって中央部分にあるベルトを獲るという形式である。
(終盤)ダニエルズとスタイルズはジョーにダブルチーム・マッスルバスター。スタイルズはダニエルズをキックし、ベルトへ向かう。しかしジョーがそれを阻止して、イス攻撃。そこへダニエルズがジョーにイス攻撃をする。ダニエルズがベルトを手にして勝利。

WINNER:ダニエルズ at 13:30 Xディビジョン王座獲得


ボラシュがクリスチャンをインタビュー。


8.クリスチャン・ケージvs.モンティ・ブラウン

(終盤)15:00ごろクリスチャンがトップロープからエルボー投下。しかしニアフォール。クリスチャンはアンプリティアーにいこうとするが、ブラウンがアルファーボムで切り返す。さらにオーバーヘッドスラムに行こうとするが、クリスチャンがエスケープ。ブラウンはFUの変形技をかけ2カウント。最後にクリスチャンがアンプリティアーで切り返し、勝利。

WINNER:クリスチャン at 17:07 タイトル保持


ジャレットが再びランプを下ってくる。
ジャレット「クリスチャンとリマッチだ。今すぐにだ。スティングがいなかったからな。」
クリスチャン「もし俺が勝ったら、お前が引退することを約束するか?俺がブラウンのケツを叩いてから現れるとはとんでもない臆病ものだな。もう1度ケツを叩いてやろうか。」
ジャレットはブラウンとともにクリスチャンを襲うが、フライングクローズラインを二人同時に決める。背後からアビスがクリスチャンを攻撃。だがライノがセーブに入る。さらにチーム・カナダ、シェリーが加わる。
アビスはクリスチャンにドゥームズデイをキメる。観客は”We want Sting!”チャント。クリスチャンがヒール連中に襲われているとスティングがセーブにはいる。さらにジャレットにシャープシューター。だがそこに背後からスコット・スタイナーが襲い掛かる!!ヒールの仲間に加わり、スティングにスタイナー・リクライナー!ジャレットがギターで殴る。
実況「Destination Xはジャレットとスタイナーがスコット・ボーデン(スティングの本名)を破壊した夜として記憶されるでしょう!」

-番組終了-


給湯室では、TNAの情報提供に協力してくださる方(個人、サイト、ブログ)を募集します(笑)
スポンサーサイト

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ



プロフィール

管理人

Author:管理人
給湯室へようこそ!

WWEの現地リアルタイムの話題を扱うブログです。
現地情報が知りたくない方は注意してください。
皆様からのWWE情報もお待ちしています。

現在は更新停止中です

基本的にリンクフリーです。相互リンクも募集中。
twitterやってます @hotwatersupply



カテゴリー



最近の記事



最新DVDはこちら!!



Amazonの商品を検索



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

02 | 2006/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



月別アーカイブ



カウンター



ブログランキング

ブログランキングに参加しています。 クリックお願いします。



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。