WWE:給湯室
WWEの現地リアルタイムの話題を扱うブログ。試合結果の詳報、ニュースを分かりやすくお伝えします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現地6/25 WWE特番Vengeance結果
現地6/25のWWE特番Vengeanceの結果です。
ネタバレのいやな方は注意してください。
リアルタイムレポを翻訳しているため、試合内容が途切れ途切れですが、ご了承ください。


●ハイライトビデオ

■実況陣が画面に映り、今夜のラインナップを紹介。

1.ランディー・オートンvs.カート・アングル

序盤はグラウンドの攻防。カートが優勢。カートはリングの縁でオートンに対しスープレックスを狙う。オートンはロープを掴んで回避しようとするが、カートがアリーナ床へのスープレックスを成功させる。観客からはわずかながら”ECW”チャントが起こる。オートンがドロップキックで流れを引き寄せる。バリケードにカートを投げる。そしてトップロープからの攻撃を狙うも、カートのベリートゥーベリーで投げ落とされる。さらにカートがアングルスラムをかけようとすると、バックブリーカーで切り返す。しかしカートがバックスープレックス8連発!!しかしニアフォール。
オートンが隙を見て、ターンバックルを外す。カートがアンクルロック!しかしオートンが切り返す。するとカートはむき出しのコーナーに激突。そこでRKOを決めたオートンが勝利。

【WINNER:オートン at 12:45】

■バックステージ。ビンスのオフィスにDXのシャツを着た車いすの少年が入ってくる。それを見たビンスは気が狂ったように怒り出し、車いすの少年を突き飛ばす。
そこへコーチがやってくる。「あなたの大ファンである車いすの少年がここに来るはずです。」


2.ウマガ(withエストラーダ)vs.ユージン

ユージンはドゥガンを連れてくる。そしてドゥガンはカマラ、ドインク・ザ・クラウンを連れてくる!!ウマガがサモアンスパイクを決めて勝利。
試合後、ウマガはドゥガンとクラウンを攻撃。カマラがリングに入ろうとすると、エストラーダがウマガに逃げるように指示する。

【WINNER:ウマガ at 1:37】

■グリシャムがフォーリーにインタビュー。
ミック「フレアーの自伝はフィクションだ!」

3.リック・フレアーvs.ミック・フォーリー -3本勝負2本先取-

観客席にはフレアーの家族がいる。
4:08にミックの4の字を切り返したフレアーが1本先取。
試合は観客席になだれ込む。ミックはフレアーをリングに戻すとゴミ箱と取り出す。4の字を狙ったフレアーをそれで殴り、DQをとられる。(at 2:36)
試合後、有刺鉄線バットでフレアーを殴る。”Foley sucks!”チャントが起こる。

【WINNER:フレアー】

●WrestleMania 22のDVDの宣伝。

■マリアがカリートにインタビュー。
マリアは自分なりのロジックを使うが、カリートは気付かない。
カリート「IC王座をとることよりクールなことはねぇ」
そこへビキニを着たトリーがやってくる。オイルを塗りたいと言い出し、マリアと二人で互いにオイルを塗る。


4.カリートvs.ジョニー・ナイトロ(withメリーナ)vs.シェルトン・ベンジャミン -3way IC王座戦-

(試合最後)カリートがベンジャミンにバッククラッカー。ピンにいくが、ナイトロがカリートをリングから引きずり出し、自分がカバー。

【WINNER:ナイトロ at 12:34 ベルト奪取!!】

■スピリット応援団がDX破壊について話しているとビンスがやってくる。ビンスは話を終えると、ペニス引き伸ばし器をトイレに持っていく。しばらくしてビンスが戻ってくると、彼の顔には緑色のスライムがついている。またもDXにやられる。


5.ロブ・ヴァン・ダムvs.エッジ(withリタ) -WWE王座戦-

(試合終盤から)レフェリーがダウン。リタがWWE王座のベルトを手渡す。しかしRVDがそれをキックし、エッジの顔にヒット!エッジは目の上を切ってしまう。RVDがトップロープに登るが、リタが邪魔をしようとする。そこをエッジがDDT。レフェリーはまだダウンしている。
エッジが攻撃を続け、スピアーを狙う。しかしリタの持っていたイスに誤爆!そこでRVDがフロッグスプラッシュを決める。

【WINNER:RVD at 17:45 タイトル防衛!】


■バックステージ。ポール・ヘイマンとECWの反逆者たちがいる。
ヘイマン「沈むものがあれば、また昇るものもあるのだ。」
クレディブル、マホニー、スノー、サンドマン、ロードキル、ドリーマーグイド、リチャーズがいる。
ヘイマン「今夜はエクストリーム・ランバージャックマッチだ!」
反逆者「E-C-W!E-C-W!」

●ECWの番宣。

●JRが7/23のGreat American Bashの宣伝。

6.ケインvs.フェイク・ケイン

試合内容はほとんど二人の乱闘。観客はリアクションをとらない。
偽ケインがチョークスラムを決めて勝利。

【WINNER:フェイク・ケイン at 7:07】


7.ジョン・シナvs.サブゥー -エクストリーム・ランバージャックマッチ-

RAWのランバージャックにはスニツキー、ストライカー、ヴェニス、ハース、コンウェイ、ヴィセラ、マンドックなどがいる。
試合の序盤からサブゥーがイスを使ったムーンサルトで観客を魅了する。サブゥーはトップロープからイスを使ったドロップ攻撃。カウントはツー。観客の反応は様々。シナへのリアクションはとても良い。
ランバージャックはリングサイドで乱闘をしている。シナがリチャーズにフェンス越えのFUを決めると、ECW軍が一斉にシナに襲い掛かる。ドリーマーがシナをテーブルに寝かせる。サブゥーはサンドマンの試合を持ってトリプル・ムーンサルトを決めようとするが、シナは回避。シナがサブゥーをロープ越えのFUで、テーブル葬する。そしてシナはサブゥーにSTFUを決めて、タップアウトを奪う。
ECW軍がサブゥーを支えながら、バックステージへと帰っていく。

【WINNER:シナ at 6:48】

●SummerSlumのプロモ。(まだゴールダストが残っている。)

■シナとRVDが出くわす。RVDは明日のRAWでベルトをかけて対決しようと提案する。シナは了承。二人は握手。

8.Degeneration X vs.スピリット応援団 -2対5ハンディキャップマッチ-

HHHが”Are you ready?”と言ってから、おなじみのプロモ。“あの言葉”を叫ぶ。それから“DXのための”試合が始まる。
試合内容はメインイベントとしては相応しくない。
Japan sumbol(はちまき?)を頭に巻いているジョニーが鼻から流血。スピリット応援団はコーナーで集団攻撃。しかしマイケルズがHHHにタッチ。HHHの攻撃が続く。しかし応援団が集団でリングに入り、レフェリーは制するの必死。そしてリングサイドで鉄階段にHHHを5人全員でスラム。HHHがタッチして、HBKがリングイン。マイキーにトップロープからのエルボー。そしてスウィート・チンの合図。しかし他の応援団メンバーが介入。リング外からイス攻撃。
マイケルズは応援団のコーナーに吊るされる。5人全員でHBKを攻撃する。応援団の攻撃を何とか逃れたマイケルズがHHHにタッチすると観客は大歓声。クリーンハウスする。ケニーにフェイスバスター。ミッキーにぺディグリーをかけようとするが、防がれる。結局、DXと応援団の乱闘になる。そしてぺディグリーとスウィート・チン・ミュージックが同時にヒット!!ダブルピンフォールが決まり、DXの勝利。

【WINNER:DX at 17:48】

■試合後、応援団はバックステージへと帰る。しかしHHHはミッチを捕まえる。HHHは自らのズボンを下ろし、マイケルズがミッチの顔をHHHのむき出しのお尻に押し当てる。Kiss my ass!!
そこへビンスが登場。一応、勝利を祝うコメントを述べる。

-番組終了-

スポンサーサイト


プロフィール

管理人

Author:管理人
給湯室へようこそ!

WWEの現地リアルタイムの話題を扱うブログです。
現地情報が知りたくない方は注意してください。
皆様からのWWE情報もお待ちしています。

現在は更新停止中です

基本的にリンクフリーです。相互リンクも募集中。
twitterやってます @hotwatersupply



カテゴリー



最近の記事



最新DVDはこちら!!



Amazonの商品を検索



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

05 | 2006/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



月別アーカイブ



カウンター



ブログランキング

ブログランキングに参加しています。 クリックお願いします。



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。