WWE:給湯室
WWEの現地リアルタイムの話題を扱うブログ。試合結果の詳報、ニュースを分かりやすくお伝えします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現地7/15 Saturday Night's Main Event結果
現地7/15のWWE特別番組Saturday Night’s Main Eventの結果です。
ネタバレのいやな方は注意してください。日本放送の予定はありません。


■JRが画面に映り、彼とコールがカードの紹介。

■”Real American”がヒット!!ハルク・ホーガンが娘ブルックと共にリングに登場。キングがブルックについて語っている。
ホーガンがブルックにマイクを渡す。
ブルック「私はこの瞬間をいつも夢見ていたわ。父の隣に立ち、あなたたちの前に現れることをね。私のキャリアが父のようになることを願っている。ここにいることが出来て光栄です。ありがとう。」
ハルク「俺はブルックを誇りに思っている。面立ちに関していえば、リンダに似ているということを神に感謝しなければ。俺は1985年の第1回SNMEに出場した。ファンのために、Hulkamania is still running wild brothers!!」
ランディー・オートンがマイクとバラを手にリングへとやってくる。
オートン「聞いてくれ。ここへ出てきたことを詫びなければならない。どうしようもない。レスリング史上最大のレジェンドと同じリングに立てるんだからな。あんたの美しい娘のブルックについては言うまでもない。すべてのハルカマニアックスを代表して、このバラをあなたに差し上げます。ハルク…あんたはレジェンドの中のレジェンドだ。俺はレジェンド・キラー。だから謹んでSummerSlamであなたに挑戦したい。」
ハルク「お前は謹んで俺に挑戦した。俺は謹んで挑戦を受けるとしよう」
両者握手。ブルックがオートンに”eye-fuck.”を与えると、ホーガンのテーマがヒット。

●バティスタのプロモ。

1.レイ・ミステリオ&バティスタ&ラシュリーvs.キング・ブッカー&フィンレー&マーク・ヘンリー
ブッカーの入場の際には、リーガルが「ブッカー王万歳!」と叫ぶ。
バティスタがブッカーにバティスタボムを決めて勝利。
【WINNER:ミステリオ&バティスタ&ラシュリー at 10:15】

■ビンスとスピリット応援団がDXについて話している。

●ビキニ・ブル・ライディングのハイライト。

2.ジョニー・ナイトロ&メリーナvs.カリート&トリッシュ・ストラタス
【WINNER:カリート&トリッシュ at 2:40】


3.DXvs.スピリット応援団 -Elimination Match-
DX登場。マイケルズ「the following thrashing of five male cheerleaders is being brought to you by DX, and if you aren't down with that, they have 2 words for ya…too bad. Sorry, suck it!」
試合はDXの圧勝。試合後、ケージの中のビンスにスウィート・チンを決める。
【WINNER:DX at 8:52  DXは脱落者なし】

●サブゥーのプロモ。

■カリとデバリがリングに登場。GBAのテイカー戦について語る。
デバリ「GBAでPunjabi Prison Matchでテイカーを倒し、奴の伝説は終る。カリこそ巨大で、怪人で、the biggest Giant….」
ここでビッグショー&ヘイマン登場。
ショー「お前はデカイ奴だ。俺が誰かを説明させてくれ。ECW王者の7フィート200ポンドのビッグショーだ。俺は唯一のWWE、ECW、WCWすべてを獲得した男だ。お前がでかいことは認める。ある日、俺たちは本当にでかい奴が誰かを見つけることになるだろう。だが今日は別の理由できた。テイカーと戦うお前を後押ししに来た。お前がテイカーを倒した方法、俺は今までに一度見たことがない。足一本で奴をフォールしたんだ。」
ゴーン…鐘の音が響く。
テイカーがリングへと向かう。カリとショーはリングで待っている。テイカーがカリを襲う。ビッグショーは傍観。テイカーがクローズラインでカリをリングサイドへ落とす。ショーがテイカーを攻撃。テイカーとショーは殴り合い。カリが介入。そしてカリとショーがテイカーにWチョークスラム。カリとショーは無言でにらみ合い、リングを去る。

■バックステージ。ショーとヘイマンが歩いているところを、グリシャムがインタビュー。
ショー「カリはテイカーを倒した男だ。だが奴はエクストリームな巨人でないし、ECW王者でもない。火曜夜にチャンネルを合わせるんだ。テイカーに言っておけ!ベルトのためにECWに現れろと!

4.サブゥーvs.スティービー・リチャーズ -EXルール-
スタイルズとタズが実況を務める。
【WINNER:サブゥー at 2:00】

■オートンがブルックについて語る。ブルックのビデオが流れる。
オートンがまだ話していると、ハルク登場。
ハルク「またなブラザー。SummerSlamで会おう。」
オートン「わかった。」
ブルックは顔を赤らめる。
ハルク「決して終らないぞ。」
オートンはホーガンを車の上にRKO!!そして歩き去る。

-Diva Bull Riding Finals-
ミッシェル・マックール 12秒
ビクトリア  7秒

●シナとエッジの抗争のビデオパッケージ。

5.エッジ(withリタ)vs.ジョン・シナ
(試合最後)シナがエッジのFU。1…2…No!!リタがレフェリーの足を引っ張る。エッジはシナにスピアーを狙う。しかしシナがトゥーホールドでSTFU!!エッジが苦しむ。ところが今度もリタがシナの足を引っ張り、ビンタ!DQゴングが鳴る。
【WINNER:シナ at 8:17】

■エッジがシナにスピアー!エッジとリタはリングサイドで笑っている。しかしシナがエッジに反撃。鉄階段に投げ、さらに実況席に叩きつける。そしてTVモニターでエッジを殴る。そしてシナは鉄階段を登り、そこからエッジを実況席貫通のFU!!
シナは笑みを浮かべる。

-番組終了-

スポンサーサイト


プロフィール

管理人

Author:管理人
給湯室へようこそ!

WWEの現地リアルタイムの話題を扱うブログです。
現地情報が知りたくない方は注意してください。
皆様からのWWE情報もお待ちしています。

現在は更新停止中です

基本的にリンクフリーです。相互リンクも募集中。
twitterやってます @hotwatersupply



カテゴリー



最近の記事



最新DVDはこちら!!



Amazonの商品を検索



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

06 | 2006/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



月別アーカイブ



カウンター



ブログランキング

ブログランキングに参加しています。 クリックお願いします。



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。