WWE:給湯室
WWEの現地リアルタイムの話題を扱うブログ。試合結果の詳報、ニュースを分かりやすくお伝えします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現地9/4 RAW結果
現地9/4のRAWの結果です。
ネタバレのいやな方は注意してください。


●先週のリプレイ。エッジがシナにTNCマッチを要求したシーン。

■エッジが登場。リング上にはラダー、2つのテーブル、イスが用意されている。
エッジはラダーの上に座る。
エッジ「俺はシナを新しいCWネットワークに追い払ってやる。(SD!へ追い払うという意味)。CWはCan’t Winを表している。シナに勝つ見込みはない。あいつのレパートリーはリングに駆けつけ、発育の遅いゴリラのようにこぶしを振り回すだけだ。」
これまでエッジが体験してきたTLCマッチのハイライトが流れる。
ジョン・シナが乱入する。エッジはラダー頂上からのスプラッシュを狙うが、シナがキャッチ。テーブル貫通のFU!観客は大歓声。
シナはリングを去り、エントランスに戻る。

■ジェフ・ハーディーがバックステージで壁にペイントしている。そこへマリアがやってくる。
マリア「何をしているの?」
ジェフ「メリーナとナイトロのプレス・カンファレンスを見ていた。」
マリア「私には何も見えないわ。私にはペンキが乾いているのか見ているように見えたわ。」
ジェフ「その通りだ。」

1.ジョニー・ナイトロ(withメリーナ)vs.ジェフ・ハーディー -IC王座戦-
ジェフがツイストオブフェイトを決めてカバーにいくが、メリーナがレフェリーを妨害。反則判定。ジェフはメリーナを追いかけ、そしてナイトロにスワントーンボム。
【WINNER:ジェフ 約13分】

■JR「トリッシュがこのショーでファンに別れを告げるでしょう。先週、WWE.comでトリッシュ引退の話が洩れてしまいました。」

●”This week in wrestling history”:今週は1995年9月4日、WCWのスタート。テッド・ターナー、エリック・ビショフがWWEと月曜夜を争うことを宣言する。スティング、フレアー、ホーガンを始めとしたレスラーが登場する。

■トリッシュとリタが遭遇。
トリッシュ「HO-metown girl(HO=whore)のリタじゃない。」
リタ「すべては私への冗談なのね。」
トリッシュ「私はもう一度、Unforgivenであなたと女子王座をかけて戦いたいわ。」
リタ「いいわよ。私がホームタウンであなたを叩きのめして、盛大に引退するあなたを送ってあげる。」
トリッシュ「Just bring it, bitch.」
リタはトリッシュをビンタ。二人は乱闘に。オフィシャルとカリートがやってきて二人を引き離す。
ここでオートンがやってきて、カリートを攻撃。だがカリートはオートンをガレージのドに叩きつける。レフェリーがやってきてオートンを制止する。

●シナの映画のトレイラー。

■リタがコーチに話しかける。「マクマホン親子と話したいことがある。」
ちょうどシェインがやってくる。
リタ「トリッシュが私を襲ったのよ。カリートがやってきて、オートンも介入して、色々あったのよ。」
シェイン「問題は解決可能だ。ミクスドタッグマッチをブッキングすることでな。」
リタ「私の彼はオープニングセグメントで怪我をしているわ。だがらタッグマッチはできない。」
シェイン「ではこう解決しよう。6人タッグマッチをするのだ。リタ&エッジ&オートンvs.トリッシュ&カリート&シナだ。」
リタはもう引き下がるしかない。
コーチ「シェインの知恵と決定力はすばらしい。ビンスはシェインに知恵を受け継がせたのかな。」
シェインは顔をしかめて、オフィスに戻る。

■クリス・マスターズが登場。
キング「痩せて、みすぼらしくなったな。」
マスターズ「オープンチャレンジをするために戻ってきたぞ。バックステージにいるやつは誰であろうと俺を倒すことはできないだろう。」
メキシクールズのテーマがヒット!クレイジーが登場する。
JR「彼を最後に見たのはSD!です。」
キング「クレイジーのSD!との契約は切れた。奴はフリー・エージェントとなったんだ。」

2.クリス・マスターズvs.スペル・クレイジー
クレイジーがムーンサルトを決めて勝利。
【WINNER:クレイジー 約4分】

■マリアがまだペイントを見ている。

●先週、マクマホン家がDXにHell In A Cellを迫ったシーン。

■ビンスのテーマがヒット!ビンスとシェインが登場する。セキュリティがリングの周りに立つ。ビンスとシェインはリングインし、ステージを指差す。ビッグショーの入場曲が流れる。スーツを着たショーが登場。肩にはECW王座のベルトをかけている。
シェイン「先週、HBKとハンターを流血させ、ブチのめしたのは面白かったな。DXよ、明日のECWでビッグショーと戦うという約束は覚えているよな?」
ショー「DXのやる戯れは面白くねぇ。明日のハンディキャップマッチで代価を払ってもらおう。」
ビンス「私たちはDXの権利を剥奪し、解散させ、Hell In A Cellで倒すのだ。私たちはビッグショーと組むのだからな。」
ここでDXのテーマがヒットする。
HHHはハンマーを持っている。右目には眼帯。HBKはイスを持って、おでこには包帯がある。ビンスはリングに来いとアピール。
HHH「誰かさんに俺自身の血を味わせてからしばらく経つな。それに関して、俺達はあの言葉を贈ってやるぜ。Suck It! ありがとよ、俺たちが誰かを思い出させてくれてよ。」
二人はついにリングに向かう。しかしセキュリティが立ちはだかる。DXは一旦遠くを見るが、突然イスでセキュリティを殴る。リングイン。セキュリティが二人を追い出そうとする。その間、ショーとビンス、シェインはリングを去る。マイケルズはセキュリティにスーパーキック、HHHはぺディグリー。

3.ハイランダーズvs.ヴィセラ&チャーリー・ハースvs.ランス・ケイド&トレバー・マンドック -タッグ王座#1コンテンダー戦-
【WINNER:ハイランダーズ 約5分】

■カリートが手にりんごを持ってバックステージにいる。トリッシュと会う。そして二人はオートンについて話す。
カリート「オートンのせいで疲れたな。オートンはレジェンド・キラーじゃない、ただの詐欺師だ。」

■フレアーの入場曲がヒット!マリアがリングでフレアーを迎える。
フレアー「アトランタに戻ってこれて光栄だ。この瞬間をよりよくするものがある。マリアとのキスだ。」
二人はキス。
フレアー「私はSSでミックにI QUITと言わせた。あれ以来、連絡はとっていない。」
ここでアルマンドが登場。「誰もあんたの言うことなんて聞きたいと思っていない。ウマガはすでにあんたを倒した。そこであんたに、ウマガは男だと宣言してもらいたいんだ。」
フレアー「断る。」
アルマンド「あんたは気が狂った老人だ。死の願望があるようだな。フレアーがウマガの次の犠牲者だ。」
フレアーはジャケットを脱ぐ。ウマガが入場。ウマガがリングに上がると、ケインのテーマがヒット!ファンは大歓声。
ケインはウマガとアルマンドにアッパーカット。ウマガは恐怖心を露にして、リングを去る。

●新タッグチーム、クライムタイムのプロモ。

■SD!のGM、ロングがスカイボックスに入り、席に座る。マリアがまだペイントを見ている。

■マクマホン家とビッグショーがオフィスにいる。ビンスは自分のDVDを持っている。「明日の夜、ECWでDXを倒すぞ。そして来週のRAWは私とHHHが戦う。」

4.ランディー・オートン&エッジ&リタvs.カリート&ジョン・シナ&トリッシュ・ストラタス
オートンがトリッシュにRKO。さらにリタが攻撃してピン。
【WINNER:エッジ&リタ&オートン 約16分】

●次週、ビンスvs.HHHが行われると正式にアナウンスされる。会場はMSG。

-番組終了-
http://www.wwe.com/shows/raw/videos/

スポンサーサイト


プロフィール

管理人

Author:管理人
給湯室へようこそ!

WWEの現地リアルタイムの話題を扱うブログです。
現地情報が知りたくない方は注意してください。
皆様からのWWE情報もお待ちしています。

現在は更新停止中です

基本的にリンクフリーです。相互リンクも募集中。
twitterやってます @hotwatersupply



カテゴリー



最近の記事



最新DVDはこちら!!



Amazonの商品を検索



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

08 | 2006/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



月別アーカイブ



カウンター



ブログランキング

ブログランキングに参加しています。 クリックお願いします。



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。