WWE:給湯室
WWEの現地リアルタイムの話題を扱うブログ。試合結果の詳報、ニュースを分かりやすくお伝えします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロレスとプロレスごっこの違い① ~左のルール~
 夏の暑さも次第におさまり、いよいよ秋がやってきました。文化祭シーズンですね。自分の出身高校の文化祭も迫り、後輩に会いに行くのが楽しみでしかたありません。
 
 さて、文化祭といえば……ありますよね、学生プロレスやプロレスごっこ。普段はプロレスとは縁のない来場者さえも巻き込んで、会場を盛り上げてくれます。もちろん基礎を固めた“プロレス”を披露する学生サークルもあれば、あくまでも“ごっこ”の高校生もいます。しかし、プロレスとプロレスごっこの境界って何でしょうか?今日からはそれについて書いていこうと思います。考えながら書いているので、話の終着点が自分でも見えていませんが…。ちなみに自分も高校時代、毎日昼休みは柔道場でプロレスごっこをやって過ごしました。足の骨も折りました(笑)
 まず文化祭などにおけるプロレス“ごっこ”について考えてみます。(この場合、“プロレス”を披露する団体を除きます。)このようなイベントは、観客が何かを共に応援し、笑い、ブーイングを浴びせるというように観客同士の協調性が生まれます。これはプロレスを生で観たことがある人は誰でもわかることでしょう。またプロレスに限らず、アーティストのコンサートやスポーツ観戦のようにLiveで体験することは、観客をとても興奮させてくれるのです。この“ごっこ”もプロレスを知らない人を含め、会場を沸かせている時点で立派なプロレスと定義しても良いのかもしれません。しかし逆にプロレスを知っている人からすれば、「しょっぱいことしやがって」と思うこともあるでしょう。
 プロレスは非常に完成度の高い芸術です。それはそう簡単にマネできるものではありません。試合の構成、むしろ大会全体の構成が重要なポイントを占めています。たとえば、前座の試合で大技をボンボン繰り出せば、いくらメインの試合で凄い技を出しても、観客は沸きません。つまり前座の試合も大会では立派な意味を為しているでしょう。逆エビ固めで決まることが多いですね。“ごっこ”の段階では、なかなかそれを意識せず、知っている技を連発してしまう傾向があります。文化祭のプロレス系イベントは、これができる団体とできない団体がはっきり分かれていますね。
 プロレスの基礎が何たるか。プロレスには3カウントフォールといった表面上のルールの他にも、暗黙のルールが存在します。そのルールをどこまで守れているかが、境界を知る一つの手段とも言えそうです。自分が知る範囲で一つ挙げるとすれば、「プロレスの基本は左」というのがあります。プロレスが好きな人でも意外と知らない方も多いのではないでしょうか?プロレスを注意してみると、腕や足を取るのは必ず左なのです。どこか集中攻撃するのでない限り、基本的には左側を攻めています。またタックルするにも、ロープに押し込むにしても、必ず相手の体を左側に持っていきます。これで一目瞭然です。

 “ごっこ”をずっとやってきた自分は、別に楽しければ(特に本人が)いいだろという気持ちです。自分の好きなことを文化祭で披露するのもいい思い出になるでしょう。ただ受身の練習はきちっとやって、怪我の無いようにしてもらいたいですね。そして基礎ができている“プロレス”をする学生プロレスのサークルもたくさん存在します。文化祭のイベントを否定しているわけではないので、そこはご理解ください。

 では今日はこのへんで。次回に続く…かな?

スポンサーサイト


プロフィール

管理人

Author:管理人
給湯室へようこそ!

WWEの現地リアルタイムの話題を扱うブログです。
現地情報が知りたくない方は注意してください。
皆様からのWWE情報もお待ちしています。

現在は更新停止中です

基本的にリンクフリーです。相互リンクも募集中。
twitterやってます @hotwatersupply



カテゴリー



最近の記事



最新DVDはこちら!!



Amazonの商品を検索



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

08 | 2006/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



月別アーカイブ



カウンター



ブログランキング

ブログランキングに参加しています。 クリックお願いします。



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。