WWE:給湯室
WWEの現地リアルタイムの話題を扱うブログ。試合結果の詳報、ニュースを分かりやすくお伝えします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現地3/12 RAW結果
現地3/12のRAWの結果です。
ネタバレがいやな方は注意してください。


●アーニー・ラッドの追悼(1938-2007)

■ジョン・シナが登場。今週はブーイングもある。
シナ「この会場の空気は張り詰めている。誰もが俺のように感じるだろう。6週間前、俺は自分に問いかけた。ショーン・マイケルズを信じられるかと。いつ俺の背中を狙ってくるのかと。HBKが俺を裏切りたいのならば、話は簡単だ。WMでは仲間はいない。だが背中を攻撃された状態でWMの舞台に俺が立つことはないだろう。」
シナはマイケルズを呼び出す。
DXのテーマがヒット!笑顔を見せながらマイケルズが登場。
シナ「お前が俺の背中を狙う唯一の理由は、WWE王座のためだろ?」
マイケルズ「分かっているじゃないか。俺の唯一の目標はWWE王者として会場を去ることだ。逆に聞くが、何故誰もシナが俺を攻撃するか聞こうとしない?シナはベルトを守るためならどんなことでもするという目をしている。1日でも長くベルトを持っていたいようだ。シナが王座を守りたいと思う気持ち以上に、俺は注目の的になりたいんだ。」
コーチが登場する。
コーチ「お互いを殴りあうのは恥ずべきだ。なぜならたくさんのタッグチームがある中で、お前らがベルトを奪っているからだ。マクマホンさんは今夜の契約調印式で忙しい。俺が指揮をとる。今日はガントレットマッチをやってもらう。3試合、3つのタッグチームと、すべてタイトルをかけて戦ってもらう。そして3つ目の試合はスティールケージ戦だ。」

■アリーナの外にリムジンが登場。ドナルド・トランプが出てくる。

●有名人が億万長者対決についてコメント。全員トランプの坊主頭を見たいと発言。


1.リック・フレアーvs.カリートvs.ランディー・オートン -Money in the Bank qualifying match – Elimination style-
今夜はトリーも試合があるため、カリートと一緒ではない。オートンがフレアーを攻撃。フレアーはチョップで反撃。オートンのバックドロップ。ドロップキック。2カウント。カリートがオートンを丸め込み、2カウント。フレアーもオートンを丸め込むがこれも返される。カリートはどちらがオートンに激しいチョップができるかフレアーと勝負。オートンにスープレックス。2カウント。フレアーは目潰し、ヒザにチョップブロック。カリートはスプリングボードバックエルボー。カリートとフレアーはどちらがオートンを攻撃するかで口論になる。フレアーが四の字固めを狙うと、カリートがバッククラッカー。オートンが起き上がり、カリートを場外へ。そしてフレアーにRKOを決める。@3:58
カリートがスプリングボード式のドロップキックでリングに戻る。ここでCM。CM明け、オートンがボストンクラブの体勢。そしてカリートの顔をマットに叩きつける。カリートはロープに逃げる。オートンはストンピングを連発。オートンの優勢状態が続く。ニードロップ。2カウント。チンロック。カリートが反撃のドロップキックを出すも、ミス。オートンはRKOを狙う。しかしカリートはオートンをロープに押し込み、ハリケーンラナ。パンチ連打。ミリオンダラー・ニーリフト。2カウント。スプリングフラップジャック。2カウント。さらにエンズイギリ。これも返される。スプリングボードセントーン。2カウント。カリートはトップロープへ。飛び降りたところをカウンターのRKO!
【WINNER:オートン at 13:42】


●先週までのビンスとラシュリーのビデオ。

■マスターロックチャレンジ:しかし挑戦者が誰も登場しない。
マスターズ「バックステージの誰もが俺に挑戦したくないようだ。だからここにいる誰かに出てもらう必要がある。リリアン、ここに来い!」
ここでスペル・クレイジー登場。マスターズを攻撃するが、マスターロックで捕まってしまう。クレイジーはダウン。マスターズがポーズを決め、テーマ曲が流れる。

■別のリムジンが到着。ビンスが降りてくる。トランプの運転手に対し、「私のリムジンの方が大きいぞ!」と言う。

●ミック・フォーリーの本の宣伝。

●アーニー・ラッドのビデオ。JRやジェラルド・ブリスコのコメントがある。

■オートンとエッジがロッカールームで話している。
オートン「もう俺たちはパートナーではない。MITBでの対戦者だ。」
エッジ「俺は他の出場者の誰よりも多くラダー戦で勝利している。WMでの記録を比べてみろ。俺は何度ラダー戦で勝利している?俺はWMでは無敗だ。」
オートン「お前がWMで無敗である唯一の理由は俺と戦ったことがないからだ。俺はお前より若い。そしてハンサムだ。」

■リリアンがPublic Service Announcementがあると発表。トロンにビデオが流れる。
誰かが億万長者対決の新聞を読み上げている。新聞で顔が隠れて見えない。新聞を下げると、登場したのはザ・ロック!!!
「ついにロック様がMonday Night RAWに戻ってきたぞ!!」
ロックはWWE王座のトロフィーケースの前に立っている。
ロック「ビンスはWMでハゲになる。ウマガはトランプとラシュリーには勝てないからだ。マクマホン君はウマガがサモア語で何を意味するか知っているかな?縮こまった猿のペニスだ!!どうやって縮こまった猿のペニスでトランプに勝つつもりだ?マクマホンがハゲになることを保証してやるぜ!If you smell what The Rock...」
観客があとに続く。しばらく間をとって「...is cookin'.」
ビデオはこちら


■シナが試合に向けバックステージを歩いている。

●アシュリーのPlayboyのサイン会の映像。


2.ショーン・マイケルズvs.ジョン・シナvs.世界最強タッグ
(試合最後)マイケルズがハースにDDT。場外へ。シナがベンジャミンにSTFU。タップアウト。
【WINNER:シナ&HBK at 2:52】 

3.シナ&マイケルズvs.ランス・ケード&トレバー・マードック
(試合最後)シナがマードックにFUの体勢。そこをマイケルズがマードックにスウィート・チン・ミュージック。しかしあと少しでシナの顔に当たる近さ。シナはショックを受けつつもフォール。
【WINNER:シナ&HBK at 6:13】

4.シナ&マイケルズvs.MNM
ケージ戦。(試合最後)シナがマーキュリーにFUの体勢。しかし前の試合のことがあるのでマイケルズを警戒して、マーキュリーを下ろす。マーキュリーにスウィート・チン。そこでシナがマーキュリーを担ぎ上げFU!
【WINNER:シナ&HBK at 15:02】

■試合後ケージが上がると、敗者チームがシナ&マイケルズを襲う。しかし王者組がクリーンハウス。シナはイスを持ち出し、マイケルズの後ろに立つ。マイケルズは止めるように言う。シナはその後ろのハースをイスで殴る。そして歩き去る。

■ジェフ・ハーディーがこのあとのエッジとの試合にために入場。
続いてエッジが普段着で登場する。そしてマイクを要求。
エッジ「俺はただコイツを倒したいんだが、ここはワシントン・レッドスキンズのホームだ。俺はインド人に対する人種差別主義者の前では試合をしたくない。代わりにインド系の人間に出てもらう。」
カリのエントランスがヒット!ジェフは唖然とする。

5.ジェフ・ハーディーvs.グレート・カリ
ジェフのクローズライン。効かない。カリのビッグブート、チョークボム。エッジは笑っている。ここでケインのエントランスがヒット!ケインは巨大なホックが付いた鎖を手にしている。See No Evilのよう。エッジは観客席から逃げる。カリもホックを目にして歩きさる。ケインはホックで実況席を破壊。リングに上がりファイアーパイロ。
【WINNER: no contest】

■バックステージ:トランプがヘアドレッサーに「ビンスの髪は本物か?
」と尋ねる。すると「私が言うことはできません」と答える。

■Hall of Fame:今週発表されたのはMr.フジ。彼のビデオクリップ。ボビー・ヒーナンやテッド・デビアスのインタビュー。

■バックステージ:グリシャムがミック・フォーリーにインタビュー。
ミック「俺の本が本屋で発売中だ。俺はこの本の中では本当に正直だ。特にビンスが創造的な天才であることや彼の髪の毛について書いてある。」
アシュリーがやってくる。
アシュリー「私のPlayboyとあなたの本を交換しない?」
ミック「俺は写真を見ることはできない。俺は裸でポーズをとるディーバを関わるのはうんざりだからな。」
アシュリーは雑誌を開き、写真を見せつける。
さすがにミックを惹きつけられる。ミック「俺に言えるのはただ一つだ…」
ロン・シモンズがやってきて「Damn!!」

●億万長者対決のビデオ。

■ビンスが髪のセットをしている。ヘアドレッサーのジルに「どちらが良い髪をしている?」と聞く?
ジルが答える前にコーチがやってくる。
ビンス「お前の坊主頭を見ているとトランプを思い出す。どこか行ってろ!」

6.メリーナvs.トリー・ウィルソン
トリーのクローズラインをメリーナがかわして丸め込み、勝利。
試合後もメリーナがトリーを攻撃。するとミッキーが助けに入る。しかしビクトリアがやってきてミッキーを攻撃。乱闘。メリーナがミッキーを場外に落としリングを出ると、アシュリーがやってきてスピアー。メリーナは逃げようとするが、ミッキーとトリーがメリーナをリングに戻す。
【WINNER:メリーナ at 2:16】

■バックステージ:エッジがビンスに話しかける。
エッジ「俺とオートンはラシュリーのことであんたの手を煩わせたりしたくない。明日のECWに乗り込む。そこで提案なんだが、明日ラシュリーvs.オートンを行って欲しい。俺はオートンのコーナーにつく。」
ビンスはそのアイディアを気に入る。
エッジ「もしオートンが負けるようなことがあれば、MITBの出場者からはずして欲しい。」
ビンスはそれを受け入れる。

■JRとキングが、次週マイケルズvs.JBL、シナvs.ベノワを行うとアナウンス!!(←???)

■ビンス登場。観客を罵倒する。観客は”WHAT?”チャント。
ビンス「トランプは私の世界に足を踏み入れた。私がWMを創造したのだ。」
ウマガを呼び出す。エストラーダとともに登場。
ビンス「トランプは契約調印から逃げ出したに違いない。」
トランプが登場。キャンディスとマリアの腕をとっている。観客はドナルドチャント。
ビンス「黙れ!!」
トランプ「お前のグレープフルーツは、私のトランプタワーの大きさには敵わない。」
トランプはラシュリーを呼び出す。
億万長者は契約調印のためにイスに座る。
ビンス「これはお前に髪が残っている間の最後の署名になるぞ。」
二人はサイン。
ビンス「著名人の95%が私の勝利を予想している。」
トランプ「観客はお前の頭が剃られるのを望んでいるぞ。」
ビンス「ここの観客は馬鹿ばかりだ。」
トランプ「観客達はとても賢い集団だぞ。」
ここでストーンコールドが登場!!
オースチン「お互い納得していないようだ。ここで決着をつけようじゃねぇか。」
オースチンは観客に尋ねる。「ビンスが勝つと思う奴!」一部の観客が答える。「トランプが勝つと思う奴!」「Hell Yeah!!」
オースチンはドナルドに自己紹介。「ここは俺のリングだ。俺はアンタのために働くわけじゃない。誰も俺をクビにすることはできない。俺を怒らせないでくれよ。アンタが10億持っていようと、20億だろうと30億だろう40億だろうと50億だろうと60億だろうと70億だろうと80億だろうと関係ない。WMで俺を怒らせた奴はケツをヒーヒー言わせてやる。」
ビンスは笑っている。オースチンがビンスのほうを振り向くと表情が強張る。
オースチン「ハゲの人間には問題があるんだ。知りたいか?」
カメラはラシュリーの頭をズームアップ。オースチンはビンスのネクタイを握り、ひっぱる。
オースチン「覚えておけ、ハゲ頭には平らなてっぺんがねぇんだ!」
オースチンのテーマが流れれ、リングを出る。
ビンスもウマガ、エストラーダとともに帰ろうとする。トランプはラシュリーをリングから出す。そしてビンスの頭をハゲにしたフォトショップの画像を見せる。
ビンスは怒り出す。トランプはもう一度ビンスを呼び出す。ビンスはゆっくりリングイン。
フェイストゥーフェイス。ビンスはトランプにビンタ。
トランプはいったん止まる。そして突然ビンスを突き飛ばす。調印テーブルの上に倒れる。
トランプはリングを去る。ビンスが起き上がりトランプを睨む。

-番組終了-

スポンサーサイト


プロフィール

管理人

Author:管理人
給湯室へようこそ!

WWEの現地リアルタイムの話題を扱うブログです。
現地情報が知りたくない方は注意してください。
皆様からのWWE情報もお待ちしています。

現在は更新停止中です

基本的にリンクフリーです。相互リンクも募集中。
twitterやってます @hotwatersupply



カテゴリー



最近の記事



最新DVDはこちら!!



Amazonの商品を検索



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

02 | 2007/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



月別アーカイブ



カウンター



ブログランキング

ブログランキングに参加しています。 クリックお願いします。



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。