WWE:給湯室
WWEの現地リアルタイムの話題を扱うブログ。試合結果の詳報、ニュースを分かりやすくお伝えします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

追悼特番は差し替えへ
■WWEはこの2週間で、株価がかなり低下しているとのことです。ビンスの死亡アングルとベノワの事件が影響しているようです。2週間で11%ほど低下したとのこと。

■RVDはしばらく休息が必要だと考えており、すぐに他のレスリング団体に出場することはないようです。TNAが接触を図っているようですが、すぐに何かが起こるということはないようです。

■現地では”SmackDown! vs. RAW 2008”は11/13発売予定だそうです。PS2、PS3、PSP、Wii、DS、XBOX360での発売が予定されているとのこと。

■Sky SportsはRAW追悼特番を2時間のGreatest Championshipsという番組に差し替えることにするそうです。これはヨーロッパ、オーストラリア、日本を含むそうです。

■クリス・ベノワの死と同じ日に、Stampede WrestlingやWCWでのベノワの元タッグパートナーであるシェイン・バウアー(ビフ・ウェリントン)が、心臓麻痺で亡くなったとのことです。42歳でした。数年前から様々な病気を抱えていたそうです。

■11月にジョン・シナの3枚組DVDが発売予定だそうです。また9/18にWorld Class Championship Wrestlingが2枚組で発売予定です。

■シェリー・マーテルは彼女の母親の前でコーヒーを飲んでいる最中に、突然亡くなったとのことです。彼女の姉のヴィッキーが語りました。姉によると、彼女は心臓に病を抱えていたそうです。それがステロイドではないかという質問にはノーコメントでした。

■WWE.comはイギリスのDVD販売会社に、クリス・ベノワの”Hard Knocks”の販売を中止するように要請したとのことです。またWWEはウェブサイトからのベノワの事件に関するすべての記事を削除しました。法人のサイトにはまだ残されていますが、彼のキャリア、写真、商品、ニュース記事などすべてが削除されました。タイトルヒストリーにはまだ名前が残されています。

■CNNの報道によると、ベノワが自殺したウエイトマシンは、約110キロの重りがセットされ、それで首を吊ったとのことです。部屋にはほとんど空のワインボトルと空のビール缶が10個発見したそうです。ダニエル君の体のそばには、ベノワが彫像が置かれていたそうです。

■先週金曜日、ファンによって撮影されたベノワの最後の写真です。
benoit-hotwater.jpg

皮肉にもこのシャツにはViolenceと書かれているそうです。

■アメリカのAmazon.comはサイトのトップでベノワの事件のニュースを掲載しており、記事の写真からベノワのDVD“ハードノックス”の商品ページにリングがはってあるそうです。
この記事を掲載したサイトは、これを卑劣な行為であるとしています。

■プロレスニュースサイトのGerweck.netが「WWEはベノワ追悼番組を行ったことを詫びるべきか?」というアンケートを行いました。
その結果、Yes-27%、No-73%となりました。2,114の投票がありました。

■ビンス・マクマホンがNBCの”Today”という番組に出演しました。その内容です。
ビンスが着席すると、レポーターが今回の事件、そして現時点での捜査内容について説明する。そしてナンシー・ベノワがクリスの振る舞いに怯え、ある種の危険を感じていたというレポートに焦点が置かれる。
まずベノワが土曜日のハウスショーを欠場したことは、彼のプロとしての振る舞いに強く反していたのではないかというインタビューから始まる。
ビンス「私たちが最後にクリスからの連絡を受けたのは、土曜の夜遅くだった。その時、私たちは日曜日のPPVの会場であるヒューストンまでの彼のフライトを変更した。」
奇妙なテキストメッセージを受け取り、地元警察と接触を図ったことについて、「私の役割はクリスの振る舞いについて何らかの答えを得るための努力を監督するということだった。」と答える。
司会者はステロイドについて話し出す。そしてステロイドがベノワの行為に原因だとは結びつかないというWWEの公式見解を読み上げる。
司会者「毒物検査の結果が出ていないときに、WWEはどうしてこのような声明を発表したのですか?」
ビンス「私達の反応は、メディアのレポートに対して向けられたものであり、ステロイドが関係しているかどうかという事実ではない。まったく率直に言えば、毒物検査の結果が出るまですべては推測だ。」
次に司会者はこの件がレスリングの認知にどのように影響するかという質問をする。
ビンス「この事件は、私たちがどういうものであるかを示すものではない。WWEはクリスの攻撃的な行為によって、中傷され、怪我されることはないだろう。この男が怪物に変わり、何をしようと、それを指し示すものではない。」
ビンスはWellness Policyについて説明する。「クリスは4月の検査ですとロイドについて陰性が出ている。しかしこれは事件の際、彼が処方薬かステロイドを使用していなかったという意味ではない。」
司会者は、WWEがレスラーに大量の給料をもたらす一方で、“職業上の危険”をもたらしているのではないかと尋ねる。
ビンス「我々がビジネスをしてきた中で、WWEとの契約下で亡くなった人間は5人だけだ。ベノワ、オーエン・ハートの事故死、そして心臓病による3人の死だ。」
司会者「プロレスで死んだのは5人だけだと言うのですね?」
ビンス「誰も正確な数は知らない。だからWWEがそれらの死に関わっているかどうかは分からない。」
司会者「もし毒物検査でステロイドが発見された場合、それがWWEのビジネスにどのような影響を与えると思いますか?」
ビンス「Wellness Policyは有効なものだと思っている。WWEのレスラーが同じことを聞かれてもそう答えるだろう。健康規定はパフォーマーの健康と心身の快適状態を確実なものとする。」
司会者「今回の事件がWWEのステロイドの扱いを変えますか?」
ビンス「それはヒステリーだ。ステロイドが根拠となるかどうかは、毒物検査の結果が出るまで分からない。」
司会者が「WWEの元レスラーが殺人者と考えられていることについてWWEはどのように対処しますか?」と尋ねる。
ビンス「残念ながら彼は組織の一員だった。だが私たちは彼がこのようなモンスターに変わってしまっていたことを知るすべがなかった。」
司会者「WWEがモンスターの創造に関わってしまったということは?」
ビンス「絶対にない。」

この5人とは以下の通りです。
1. Chris Benoit, suicide, June 24, 2007
2. Eddy Guerrero, acute heart failure, November 13, 2005
3. Russ Haas, heart attack, December 15, 2001
4. Owen Hart, accident, May 23, 1999
5. Brian Pillman, atherosclerotic heart disease, October 5, 1997

■ビクトリアがMySpaceにベノワについてコメントしました。
-私はフットボールの試合を観戦しに旅行することを計画していたわ。でも私がクリス・ベノワの状況について書かないのも、怠慢というものでしょう。レスリングについて知る誰もが、彼のリングでの貢献について知っている。私は本当に何と言っていいかわからない。定期的に私のブログを読んでくれる人なら、私がいかにレスリングをすること、WWEの一員であることを愛しているかを知っていると思う。だけど私はもっと重要なことを言わなければならない。彼の息子ダニエルは多くのショーに来ていたわ。私たちは親しかった。とても可愛い小さな少年だった。クリスがしたことを利己的で、感情を傷つけるものだった。私は何らかの方法で、スーパースターである彼がこの状況について美化されてしまうことを恐れている。これは自殺がどうということではないわ。自殺は利己的で、有害なものよ。あなたが生き続ける限り、あなたの人生を改善することができるのよ。あなたは家族に話すことができる、友達にも、聖職者にも。話しにくいなら、ここに自殺と危機に関するホットラインの番号があるわ。(番号省略)24時間いつでも繋がるわ。あなたにはいつでも選択肢がある。いつかクリスを許せる日が来るかもしれない。でも今は無理だわ。」

スポンサーサイト


プロフィール

管理人

Author:管理人
給湯室へようこそ!

WWEの現地リアルタイムの話題を扱うブログです。
現地情報が知りたくない方は注意してください。
皆様からのWWE情報もお待ちしています。

現在は更新停止中です

基本的にリンクフリーです。相互リンクも募集中。
twitterやってます @hotwatersupply



カテゴリー



最近の記事



最新DVDはこちら!!



Amazonの商品を検索



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

05 | 2007/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



月別アーカイブ



カウンター



ブログランキング

ブログランキングに参加しています。 クリックお願いします。



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。