WWE:給湯室
WWEの現地リアルタイムの話題を扱うブログ。試合結果の詳報、ニュースを分かりやすくお伝えします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現地9/24 RAW結果
現地9/24のRAWの結果です。
現地の試合結果を知りたくない方は注意してください。


■ジョナサン・コーチマンがセキュリティを引き連れてリングに登場。
コーチ「ランディー・オートンのキャリアに大きく影響を与える発表がある。」
先週のラストでオートンがシナの父親にRKOを決めたシーンが流れる。
コーチ「先週オートンが手錠を利用するとは思わなかった。オートンの行為から、彼に無期限の謹慎処分を課した。このような振る舞いは良心に欠けている。周りにいるセキュリティは、オートンに謹慎処分を課したことによってフラストレーションが溜まったシナが僕のことを襲わないようにするためだ。」
ここでコーチはビンスを紹介する。ビンスもまたセキュリティを連れている。
ビンス「権威ある人間は尊敬されてしかるべきであり、その力もまた尊敬されるべきだ。1人の主要犯罪者がHHHだ。HHHからの嫌がらせには飽き飽きした。だから私はそれについて対策を講じなければならない。HHHは今夜試合に敗れてリングを去ることになるだろう。リングの上に吊られたケージの中で、カリートとの試合を行う。そしてそれはハンディキャップマッチだ。」
観客ブーイング。
ビンスは観客を罵倒し、自らがカリートのパートナーであると告げる。
コーチは驚きの表情。
ビンス「今夜、HHHを倒して勝利を飾ることを保証してやる。ところで、私にはもう一つ邪魔なものがある。今夜私は謝罪しなければならないことがある。」
ビンスがホーンスワグルを呼び出す。大歓声。
スワグルが踊りながら登場すると、ビンスは満面の笑み。スワグルはビンスの足に抱きつく。
ビンス「お前に謝罪をしたい。息子としてホーンスワグルを抱ることに迷惑していると述べたことに意味はない。先週私は動揺していたのだ。お前もまた金を欲する子どもなのではないかという疑いがあった。」
二人は笑いながら抱き合う。
ビンス「ホーンスワグルはマクマホンとして新たな力を手にするのだ。決定権がある。今夜はホーンスワグルのために特別な人がいる。」
メリーナが登場。ミニスカートにローカットのトップ。
メリーナはスワグルに「あなたのことを少し知りたい」と言う。「あなたは私のことを知りたい?興奮した?」
スワグルはメリーナに飛びつく。ビンスがなだめるが、二人はリングをあとにする。
ビンス「ちゃんと避妊具はつけるのだぞ!」
スワグルとメリーナが去ると、コーチが話し始める。
コーチ「来週リーガルがGMとして復帰します。しかし僕が力を持ち続けるべきだ。」
突然、シナのテーマがヒット!
セキュリティがコーチとビンスの前に立ちはだかる。
シナはイスを持ち出す。
コーチ「僕を傷つけたら、WWE王座は剥奪するぞ。」
シナはリングに入り、コーチに飛びかかる。セキュリティが助けに入り、コーチとビンスは逃げていく。
ビンス「今すぐにWWE王座を剥奪だ!!どうするかはコーチに責任がある。」
今夜、シナのベルト引渡しのセレモニーを行うとアナウンス。

1.コーディ・ローデスvs.ハードコア・ホーリー
ホーリーが復帰。「お前にはレスリングのリングよりバンドにいる方がお似合いだ。」
試合はホーリーがアラバマスラムを決めて勝利。観客はホーリーに歓声。
【Winner:ホーリー at 3:10】

●”The Condemned”のDVDサイン会の様子が流れる。オースチンが映っている。

■事前に録画されたオートンのプロモ。
オートン「シナはWWE史上最大のペテン師だ。Unforgivenでは俺があいつを倒せないように、自ら反則行為をした。それはギブアップするのと同じことだ。事実あいつは自分の親父に俺の顔を蹴らせた。シナの父親がシナを怠け者にしてしまう。俺の人生はレスリングそのものだ。シナは俺から逃げようとしている。俺は本当にMr.シナを倒すことを楽しんでいた。俺が親父を殴る姿を見たシナの表情を見て楽しんだ。No Mercyでは俺がお前を気絶に追い込み、WWE王座を獲得する。来週のRAWにお前の親父をつれて来い。最後に立っているのは俺だ。」

2.サンティーノ・マレラ(w/マリア)vs.ロン・シモンズ
(試合最後)シモンズのクローズライン。もう一発。アイリッシュホイップ。しかしマレラはそのままロープをくぐりぬけ、マリアを連れてバックステージに戻って行く。
【Winner:シモンズ via count out at 3:16】

●Diva Searchの様子が流れる。

■バックステージ:メリーナが誰かと電話していると、ジリアンがやってくる。「あなたのボーイフレンド、ホーンスワグルはどこ?最高クラスのセレブであるあなたに何が起きたの?」
メリーナ「ホーンスワグルと一緒に出掛ければ女子王座の挑戦権を与えてくれるとコーチと取引したのよ。」
ジリアンはほっとする。
メリーナ「ホーンスワグルは臭いからデートのあとに15回もシャワーを浴びたわ。」

■バックステージ:ケイドとマードックが話していると、ハイランダーズがやってくる。ハイランダーズはタイトル挑戦権を要求する。
ケイド「俺達はタッグ王座挑戦権を与えることに異論はいないが、コーチが決めることだ。」
ロビーとローリーは試合の可能性について話し始める。

3.HHHvs. Mr.マクマホン&カリート -ハンディキャップ・ケージ戦-
(試合最後)ビンスがケージを脱出しようとすると、HHHがそれを追いかける。カリートも後ろから引きずり落とそうとする。HHHがカリートを突き落とすが、その間にビンスが脱出してしまう。
【Winners:カリート&ビンス at 7:26】

4.ランス・ケイド&トレバー・マードックvs.ポール・ロンドン&ブライアン・ケンドリック
もしロンドリックが勝利すれば、来週挑戦権を手にする。
スライスブレッドを決めたところで、ハイランダーズが乱入してロンドリックを攻撃してDQ。
【Winners:ロンドン&ケンドリック via DQ at 2:02】

■バックステージ:メリーナがシャワーを浴びている。陰にホーンスワグルがいる。彼はシャワーの音が止まるとタオルを被って隠れようとする。しかしメリーナがタオルを求めて、それを取ってしまう。メリーナはスワグルに気付いて悲鳴をあげる。スワグルは喜びだす。メリーナはバックステージを走って、逃げて行く。スワグルは追いかける。最後にスワグルがメリーナが体に巻いたタオルを剥ぎ取る。メリーナはそのまま逃げて行く。スワグル大興奮。

■バックステージ:コーチがビンスのオフィスに入る。
コーチ「お帰りですか?」
ビンス「シャワーを浴びるのだ。ハンターを倒し、奴を負け犬にしてやっらぞ。」
コーチ「HHHがあなたのことを探しています。別の試合であなたのことを負かすかもしれません。」
ビンス「お前は戻っていろ。仕事を続けろ。」
ビンスは慌ててシャワーへ向かう代わりに、帰りの身支度を始める。

■”The Condemned”のプロモが流れると、マレラが映画にケチをつけ始める。「平均以下の映画だ。暴力的すぎるな。」

■バックステージ:ビンスが荷物を詰め終え、オフィスから出ようとする。ドアを開けると、HHHが立っている。
HHH「勝ったことに誇りを持っているのか?来週あんたに挑戦したい。お前がビビらなければな。」
ビンス「やってやる!」
HHH「お前をはめてやる。」

5.ジェフ・ハーディー&キャンディス・ミッシェルvs.シェルトン・ベンジャミン&ベス・フェニックス
(試合最後)ジェフがベスにポエトリーインモーションを決めるが、ベンジャミンがジェフを場外に引きずりおろし、蹴り飛ばす。その間にベスがキャンディスにスープレックスを決めて勝利。
【Winners:ベス&ベンジャミン at 9:36】

■バックステージ:コーチが記者会見を開く。
コーチ「僕はシナからWWE王座を剥奪するかもしれない。オートンの謹慎は24時間だけだ。Mr.シナが息子からタイトルが剥奪されるのを見ていることを願うよ。」

■実況陣が来週のメインはHHHvs.ビンスであるとアナウンス。

■コーチとセキュリティがリングに登場。
コーチ「今夜ここ20年で最も長いタイトル戴冠が終わる。その決定はシナ次第だ。」
シナのテーマが流れない。そこでコーチはシナを呼び出す。ついにシナが登場する。厳しい表情で、ベルトを腰に巻いている。
コーチ「落ち着け。このような終わり方はお前の王座戴冠の恥となるだろう。先週お前の親父はベルトを守るために戦った。お前の傲慢さで、父親が殴られたことが無駄になるんだぞ。僕に敬意を表すんだ。シナが謝罪し、自分の行為を悔いるのであれば、タイトルは剥奪しないかもしれない。」
シナは自分の選択を考える。コーチがジェケットを脱ぐと、シナはシャツを脱ぐ。
コーチ「シナには選択肢はないはずだ。簡単な道と難しい道がある。簡単なのはベルトを手渡して、帰ることだ。難しい道は、セキュリティがベルトを奪い、お前のケツを蹴り飛ばしてこの会場から追い出すというものだ。」
シナは答えない。
コーチ「では難しい方でいいのか。」
突然、ゴングが鳴らされる。
リリアンが立ち上がりアナウンスを始める。「Mr.マクマホンからの重大な指示を受けました。シナが今夜ベルトを剥奪されることはありません。今夜シナとコーチでテーブル戦を行います。」
レフェリーがリングに入り、ゴングがなる。シナはコーチの首を掴み、「お前はリスペクトについて何も知らない。」と言う。

6.ジョン・シナvs.コーチ -テーブル戦-
シナがSTFU!すぐにコーチはタップ。しかしこれはテーブル戦。シナがテーブルを指差す。そしてテーブル貫通のFU!!
【Winner: in 1:00】

■シナがベルトを掲げる。突然ホーンスワグルがステージに登場。スワグルとシナは笑っている。
シナ「Thank you…Mr.McMahon.”」
ローラーは笑い出す。JRは別のマクマホンが罠を仕掛けましたと状況を説明する。

-番組終了-

スポンサーサイト


プロフィール

管理人

Author:管理人
給湯室へようこそ!

WWEの現地リアルタイムの話題を扱うブログです。
現地情報が知りたくない方は注意してください。
皆様からのWWE情報もお待ちしています。

現在は更新停止中です

基本的にリンクフリーです。相互リンクも募集中。
twitterやってます @hotwatersupply



カテゴリー



最近の記事



最新DVDはこちら!!



Amazonの商品を検索



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

08 | 2007/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



月別アーカイブ



カウンター



ブログランキング

ブログランキングに参加しています。 クリックお願いします。



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。