WWE:給湯室
WWEの現地リアルタイムの話題を扱うブログ。試合結果の詳報、ニュースを分かりやすくお伝えします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現地1/27 Royal Rumble結果
現地1/27のRoyal Rumbleの結果です。
現地の試合結果を知りたくない方は注意してください。
随時、更新中です。


●番組開始に先駆けて、オートンvs.ジェフの抗争を振り返るビデオ。オートン、ジェフそれぞれのこれまでの経歴を振り返るクリップが流される。

■コールとコーチが登場。史上初のハイビジョン放送によるRoyal Rumbleであると紹介する。

■リック・フレアーが登場。
フレアー「もう一度言いたい。マジソンスクエアガーデンで試合をしてきたことを誇りに思うと。私がここで戦った最初の試合は1976年のこよだ。多くの人が生まれるより前のことだろう。君達の私に対するリスペクトは、信じられないものがある。私が望むのは君達全員が…」
ここでMVPのテーマがヒット!

1.リック・フレアーvs.MVP -Flair’s Career on the Line-
ロックアップ。ロープワークからMVPのショルダーブロック。MVPがポーズ。再びロックアップ。コーナーへ押し込む。クリーンブレイク。またもMVPはポーズ。フレアーのリストロック。二人はロープへ。MVPがフレアーをビンタ。フレアーが怒って、パンチとチョップで反撃。フレアーがロープへ走り、タックルを狙うが、MVPがかわしてヤクザキック。2カウント。馬乗りになってパンチを打ち込む。再びカバー。2カウント。フレアーもチョップで反撃。しかしMVPがテイクダウンを取り、チンロックへ。フレアーが立ち上がって、コーナーへ押し込む。MVPのパンチ。アイリッシュホイップ。しかしフレアーがバックエルボーで返す。フレアーのチョップブロック。フィギュアーフォーを狙うが、MVPがエスケープ。フレアーのアトミックドロップ、再びフィギュアーフォーを狙う。MVPが丸め込む。2カウント。MVPがコーナーでパンチ。ブート。フレアーがダウン。アイリッシュホイップ。バックドロップ。MVPが攻撃を続け、コーナーで川田式のキック。MVPがフォールに行くが、フレアーがなんとか足をロープにかけてブレイク。MVPがレフェリーに抗議していると、フレアーが丸め込んで2カウント。これがMVPをいらいらさせ、フレアーにパンチ連打。バタフライスープレックス。2カウント。MVPはフレアーをトップロープにセット。パンチ。スーパープレックス。2カウント。MVPはフレアーをビンタ。ファイヤーマンズキャリー。フレアーがチョップで反撃。お互いロープに走って、クローズラインの相打ち。両者ダウン。レフェリーがカウントをとる。二人はゆっくりと立ち上がる。フレアーのチョップ、スモールパッケージ。2カウント。バックスライド。2カウント。再びチョップ。パンチ、さらにチョップ。MVPはフレアーの喉を攻撃。フェイスバスター。プレイメーカーを狙うが、フレアーが切り返してフィギュアーフォー!MVPがタップアウト。
【Winner:フレアー at 7:59 via submission】

■バックステージ:ビンスがホーンスワグルと話している。
ビンス「フレアーの幸運は続いているようだ。」
ビンスはマクマホン家とMSGの関係について語り、またホーンスワグルは自分の唯一の私生児だと話す。「誰もがランブル戦では自分のために戦う。お前が勝つことを期待している。」
フィンレーが登場する。ビンスが自分を信用しないということに文句を言う。
ビンス「私は誰も信用しない。」
フィンレー「どういうことだ?」
ビンス「お前はこの小さな男も信用できないのか。」
しかしスワグルはフィンレーの腕に飛びつく。

■JRとキングが元XFLで、アメリカングラディエイターのアナウンサーであるマイク・アダムルを紹介。彼はJBLvs.ジェリコの抗争を取り上げ、そのビデオを流す。

2.JBL vs.クリス・ジェリコ
睨み合い。ロックアップ。コーナーへ。ブレイク。再びロックアップ。JBLがロープに逃げる。レフェリーがブレイクさせる。JBLのパンチ。ロープに走ってから、フォアアーム。ジェリコのパンチ。タックル、パンチ。JBLがジェリコを場外に落とす。しかしすぐにリングに戻って、タックル。ジェリコがキック連打。足をすくって、ウォールオブジェリコを狙うが、JBLがすぐにロープに逃げる。ジェリコのベースボールスライド。バリケードに投げつける。スープレックスを狙うが、エプロンに投げつけられる。さらに鉄階段へ。リングに戻ってJBLが攻め始める。ジェリコは喉を痛めている、JBLのショートクローズライン。もう一発。さらにロープでチョーク攻撃。ロープに喉をこすりつける。コーナーパンチ。ジェリコはダウン。ジェリコはチョップで反撃。ロープに走るが、JBLのスリーパー攻撃。ジェリコはエルボーで脱出。ビッグブートからクローズライン。両者ダウン。立ち上がって、JBLがブート。JBLがジェリコを鉄階段に投げる。ジェリコ流血。JBLが場外でジェリコを攻める。リングに戻り、JBLが頭へのキック。パンチ、ブートをコーナーで連打する。レフェリーが警告するが、JBLはやめない。ジェリコはフォアアームで反撃。ブルドッグ。ライオンサルト。カクタスクローズラインで両者場外へ。JBLはジェリコをECWの実況席に投げる。ここでジェリコがイス攻撃をして、DQ!試合後も乱闘は続く。リングに戻り、再びイス攻撃。ジェリコが馬乗りになってパンチ連打。ケーブルを持ち出し、リングでJBLをチョーク。さらにケーブルで引きずって、ECWの実況席へ行き、そこでチョーク。観客はY2Jチャント。
【Winner:JBL in 10:00 via DQ】

■バックステージ:アシュリーがマリアの控え室をノックする。代わりにマレラが登場。
マレラ「マリアはハイビジョン放送で初のKiss Camのために準備中だ。俺のマリアは誰にも何にでもNOと言うことができないからな。」
アシュリー「何故彼女はあなたと付き合っているのかしら。」
マレラ「マリアは最低の雑誌に興味はない。お前はSuvivorで追放されたように、WWEからも追い出されるだろう。」
マレラはドアを思い切り閉める。

■実況がコールとコーチに戻って、エッジとミステリオの試合について話す。

●エッジvs.ミステリオの抗争を振り返るビデオ。ヴィッキーとエッジの関係についても触れられる。

■エッジが最初に登場。一部の客はベビーとしての反応。ロングがヴィッキーの車椅子を押して登場。ライダーとホーキンスもヴィッキーを見張るためにリングサイドに登場。最後にミステリオが入場する。剣闘士のマスクをかぶっている。ジャスティン・ロバーツが試合のアナウンス。ミステリオにはブーイング、エッジには歓声が起こる。今夜の会場はニューヨークで、中西部、南部、西海岸ではないのが原因か。

3.エッジvs.レイ・ミステリオ -世界ヘビー級王座戦-
エッジがミステリオを突き飛ばす。ロックアップ。エッジが腕を取る。ミステリオのキック。ラナ攻撃。観客はエッジを応援している。レッグスクープ。1カウント。えっじのパンチ、キック。ロープでチョーク。ロープワークからエッジはミステリオを場外に落とす。ベースボールスライド。ライダーとホーキンスがミステリオを攻撃。ミステリオのヘッドシザーズ、619へ。しかしエッジが場外に逃げる。ミステリオのプランチャ。リングに戻り、シーテッド・セントーン。2カウント。ミステリオのキック、チョップ。コーナーへホイップ。エッジがミステリオをトス。ミステリオはトップロープに飛び乗るが、エッジがミステリオの足をキック。ミステリオはマットに激しく叩きつけられる。ミステリオは場外へ。エッジはそれをおいかけ、リングに戻す。ヒザ攻め。シングルレッグクラブ。ミステリオはキックで反撃。エンズイギリ。エッジはロープに倒れこむ。すぐさま619を狙うが、エッジのスクープスラムで返される。2カウント。エッジが足攻めを再開。レッグロック。ミステリオは再びキックで脱出。エッジのキック。ミステリオは立ち上がるが、マットに倒れてしまう。エッジはミステリオのヒザのサポーターを外そうとする。しかしミステリオがキックでそれを阻止。ロープワークからブルドッグ。なんとか立ち上がり、チョップとキックを連打。エッジのサンセットフリップ。しかしミステリオはそのまま後転し、エッジをキック。2カウント。ブート、ロールアップ、2カウント。ミステリがエプロンへ、トップロープにあがる。エッジがミステリオを攻撃。しかしミステリオも反撃。ダブルフットスタンプ。2カウント。ラナ。エッジは場外に落下。ミステリオがすべちこんで、そのままDDT。リングに戻して、フォール。2カウント。エッジのヤクザ。ミステリオがダウン。エッジはスピアーを狙うがミス。ミステリオのヘッドシザーズ。619!トップロープへ。ヴィッキーが立ち上がる。ミステリオがスプラッシュ。1…2…ヴィッキーがレフェリーを引っ張る。ミステリオがうんざりとした表情。ヴィッキーを怒鳴りつける。エッジが再びスピアー。これもミス。しかしエッジを守るためにヴィッキーが619を喰らう。ミステリオがスプリングボード。これをエッジがスピアー。ここでピン。
【Winner:エッジ at 12:45】

■バックステージ:フレアーがシャワーから出てくる。ケネディがやってきて、フレアーの勝利を祝う。”Wooooooo!!!!”
ケネディ「今夜俺がランブル戦に勝利する。俺にはこれ以上ないほど好きなことがある…」
ここでマイケルズがやってくる。ケネディは怒って歩いていってしまう。
マイケルズはケネディのギミックを馬鹿にして、フレアーと話し始める。そこへバティスタが登場。さらにHHHも加わる。
マイケルズ「Best manとは…新ショーン・マイケルズTシャツを着ている奴のことさ。WWE Shopzoneで手に入れられるぞ。」
HHH「サクラは嫌いだ。」
HHHとバティスタは歩いていく。
フレアー「良い仕事をした。」
マイケルズはフレアーにシャツを渡して、歩いていく。

■マリアのKiss Camのコーナー。
そこへアシュリーが登場する。「ハフ・ヘフナーから電話があった。マリアがPlayboyに出演することに興味があるか知りたいとね。」
マレラが登場する。「答えはノーだ。誰もマリアが何を着ていない姿なんて見たくないんだ。ニューヨークの連中は何にでも歓声を送る。何故なら彼らは歓声を送るものが何もないからだ。ニュージャージーのフットボールチームがあるくらいだ。そしてスーパーボウルで胸いっぱいになるんだ。」
アシュリー「これを決めるのはマリア次第よ。」
マリアはファンの反応を見る。歓声があがる。
マレラ「個人的に話し合う必要がある。俺はランブル戦に勝利するんだ。アシュリーにはサプライズを用意した。」
マレラは親友をリングに呼び寄せる。「お前たちは馬鹿な奴を見るのが好きだからだな。」
出てきたのはビッグディックジョンソン。アシュリーが彼の股間を蹴り上げる。

●ケリー・ケリーとメイ・ヤングが登場するWM24のCM。

■マイク・アダムルがジェフvs.オートンを紹介。抗争を振り返るビデオが流れる。

4.ランディー・オートンvs.ジェフ・ハーディー -WWE王座戦-
リリアンがリングアナ。ジェフが最初に登場。大歓声。続いてオートンが登場。ブーイング。
ロックアップ。ロープへ押し込んで、コーナーへ。再びロックアップ。ロープブレイク。ジェフがオートンを突き飛ばす。タックル。ヘッドロックから腰投げ。オートンはジェフを丸め込もうとする。髪を掴む。ヘッドシザーズ。ジェフが跳ね起きをして、エスケープ。ジェフのアトミックドロップ、股間へのレッグドロップ。低空ドロップキック。2カウント。オートンのヒザ。コーナーへ行き、ジェフをターンバックルに投げつける。オートンは観客を怒鳴りつける。ロープワーク、ジェフのブート、クローズライン。オートンは場外に落下。ジェフのベースボールスライド。オートンはジェフをバリケードに投げる。オートンが立ち上がると、ジェフはプランチャ。リングに戻る。オートンがベルトを持って、帰ろうとする。ジェフが場外まで追いかける。殴り合い。リングに戻る。ジェフはスリングショットを狙うが、オートンのドロップキックを喰らう。場外に落下。オートンは場外に行き、スープレックス。リングに戻ってフォール。2カウント。オートンはジェフの足にしつこくストンピング。チョーク攻撃。ブレイクすると、ジェフに何か罵声を浴びせる。ニードロップ。2カウント。ジェフの反撃のパンチ。ブート、ロープに走って、オートンを場外に落とす。エプロンへ。フライングクローズライン。リングに戻ってフォール。2カウント。アイリッシュホイッからジェフの攻撃。しかしオートンがかわして、ジェフはコーナーポストに衝突。オートンはボディシザーズ。リアチンロック。ジェフが脱出を図る。エルボー。ロープに走るが、オートンのスナップスラム。2カウント。オートンのヘッドロック。ジェフを倒そうとするが、ジェフはなかなか倒れない。再びエスケープ。ロープに走って、ジェフの飛びつき式のクローズライン。両者ダウン、レフェリーはカウントを始める。リング中央でパンチの応酬。ジェフがロープに走ってから、フォアアーム。クローズライン。パンチ。コーナーへ振るが、振り返される。ウィスパーインザウインド。2カウント。ブート、キャッチされるがミュールキック。低空ドロップキック。トップロープにあがるが、オートンがエプロンに転がって、逃げる。ジェフのミサイルドロップキック。オートンは床に落下。ジェフが再びトップロープへ。場外へのムーンサルト!!レフェリーが場外カウントをとる。ジェフはオートンをリングに戻す。ジェフがオートンの立ち上がるのを待ち、ブート、ツイストオブフェイト。しかしカウンターでオートンのRKO!!ここで3カウントは入る。
【Winner:オートン at 14:10】

5.Royal Rumble Match(以下()の中の数字は入場順、#は退場順を示します)
6人全員が実況を担当する。
(1)アンダーテイカー
(2)ショーン・マイケルズ

マイケルズのチョップ。しかしテイカーがマイケルズをコーナーに追い詰める。アイリッシュホイップ。マイケルズがトップロープを超える。テイカーのキック。マイケルズは何とかしがみつく。テイカーがブートに行くが、ミス。エプロンに乗り出してしまう。マイケルズが攻撃しようとするが、テイカーがマイケルズの喉を掴む。テイカーがリングに戻る。マイケルズはエスケープ。

(3)サンティーノ・マレラ

マレラがリングイン。スウィートチンミュージック。テイカーがマレラを投げ落として、エリミネイト。

#1:マレラ

テイカーとマイケルズが再び戦い始める。テイカーが腕をとる。オールドスクールへ。マイケルズが彼を引き落として、アトミックドロップ。もう一発。マイケルズのチョップ、フライングフォアアーム。

(4)グレート・カリ

テイカーがマイケルズにチョークスラム。カリがリングイン。テイカーがすぐにカリを攻撃する。しかしカリの脳天チョップ。カリはテイカーをコーナーに投げる。”You can’t wrestle”チャントが起こる。テイカーが反撃。カリがテイカーの喉を掴む。テイカーも掴み返す。カリがチョップをミス、ここでテイカーが投げ落とす。

#2:カリ

マイケルズがテイカーを攻撃する。

(5)ハードコア・ホーリー

ホーリーが二人にブート、しかしテイカーのコーナークローズライン。パンチ。ビッグブート。マイケルズはテイカーを投げようとするが、テイカーが逆にマイケルズを持ち上げる。マイケルズもなんとか脱出。

(6)ジョン・モリソン

ワイルドに走ってくるが、テイカーが睨みつけると止まってしまう。テイカーとマイケルズがモリソンを攻撃。マイケルズがモリソンを投げるが、ロープにしがみつく。マイケルズがモリソンにスラム。トップロープからのエルボードロップ。マイケルズが足を踏み鳴らし、スーパーキックの構え。しかしモリソンがスピンキックで反撃。

(7)トミー・ドリーマー

テイカーとマイケルズを攻撃する。観客は大歓声。テイカーが反撃開始。マイケルズは再びモリソンを投げようとする。しかしスタンガン。モリソンはホーリーを投げようとする。

(8)バティスタ

バティスタがリングイン。ドリーマーにスパインバスター。モリソンにバックドロップ。テイカーと向き合う。ここにドリーマーが割って入るが、バティスタに投げ落とされる。

#3:ドリーマー

ロープ際で、テイカーとモリソンの攻防が始まる。バティスタがモリソンにスピアー。

(9)ホーンスワグル

スワグルは登場するが、リング下に隠れてしまう。バティスタがテイカーにスピアー。ホーリーがモリソンにスープレックス、マイケルズにバックドロップ。

(10)チャック・パルンボ

パルンボはバティスタ、マイケルズを倒し、ホーリーを攻撃。モリソンが再び落とされそうになるが、なんとかこらえる。テイカーとパルンボが向き合う。モリソンはマイケルズを攻撃し始める。

(11)ジェイミー・ノーブル

彼は身体に包帯を巻いている。パルンボを攻撃。ノーブルは投げられ、一度は踏みとどまるが、ブートを喰らってエリミネイト。

#4:ノーブル

ホーリーとバティスタの殴り合い。医療班がやってきて、ノーブルの容態を確かめる。スワグルはまだリングの下。

(12)CMパンク

モリソンはまた自分の身を守っている。パンクがテイカーへのランニングニー。マイケルズにも。ブルドッグを狙うが、テイカーのクローズラインがヒット。マイケルズは鼻から流血している。パンクがランニングニーをパルンボに決め、場外に落とす。

#5:パルンボ

マイケルズがパンクを攻撃。

(13)コーディ・ローデス

コーディはパンクを攻撃しようとするが、失敗。モリソンとコーディが戦い始める。

(14)ウマガ

赤いコスチュームで登場。ウマガがクローズラインでリング上を支配する。ホーリーがウマガに飛びかかるが、サモアンスパイクを喰らってエリミネイト。

#5:ホーリー

パンクがマイケルズにスラム。20分経過。

(15)スニツキー

リング上を圧倒する。モリソンへのブート。コーディが果敢にもスニツキーに挑むが失敗。モリソンとマイケルズが再び戦い始める。

(16)ミズ

ミズはすぐにパンクを攻撃。投げようとすると、モリソンがそれに加わる。テイカーがウマガを投げようとするが、ウマガがロープにしがみつく。

(17)シェルトン・ベンジャミン

ベンジャミンはリングに入り、ミズとモリソンを倒す。アクロバティックな動きを見せるが、マイケルズのスーパーキックがヒット!そのままベンジャミンは場外に落下。

#7:ベンジャミン

(18)ジミー・スヌーカ

観客は大歓声。ヘッドバットとチョップ。テイカーにヘッドバット、スニツキーにも。ミズとバティスタにチョップ。

(19)ロディー・パイパー

観客はさらに大興奮。パイパーとスヌーカが向き合う。二人が殴りあう。観客は立ち上がって、この戦いを見守る。パンクとモリソンが言い合っている。

(20)ケイン

ケインがスヌーカとパイパーを場外に投げる。観客は残念がっている。

#8:パイパー
#9:スヌーカ

テイカーがケインに攻撃しようと狙っている。しかしマイケルズを攻撃。

(21)カリート

コーディの顔にアップルミスト。カリートがスプリングボードを狙うが、落とされそうになる。しかし何とかかわして、パンクにバックスタバー。コーディがカリートにブルドッグ。

(22)ミック・フォーリー

観客はフォーリーチャント。ホーンスワグルはまだリング下にいる。テイカーがバティスタにスラム。フォーリーがケインにDDT。ウマガがテイカーを攻めていく。モリソンがフォーリーにスプリングボードキック。

(23)Mr.ケネディ

コーディにフェイスウォッシュ。ミズにマイクチェック。パンクにも。テイカーにブート。しかしテイカーに喉を掴まれる。チョークスラム!テイカーがまわりの5人にコーナークローズライン。

(24)ビッグダディV

テイカーがスニツキーをエリミネイト。

#10:スニツキー

マイケルズがテイカーにスーパーキックを決めてエリミネイト。ケネディがマイケルズをエリミネイト。

#11:テイカー
#12:マイケルズ

32分が経過。テイカーが場外でスニツキーを攻撃。コーディはケネディを投げようとするが、失敗。

(25)マーク・ヘンリー

バティスタと戦い始める。スワグルがリング下から登場。ミズを下から引っ張って、脱落させる。そしてまたリングの下に戻る。

#13:ミズ

(26)チャボ・ゲレロ

パンクがチャボを攻撃する。ケインはエプロンにいるモリソンを蹴って落とす。

#14:モリソン

ホーンスワグルが顔を出すと、マーク・ヘンリーがリングの中に引きずり込む。ビッグダディVとともにスワグルを攻撃し始める。するとフィンレーが登場して、スワグルを助ける。スワグルとともにリングをあとにする。JRが、フィンレーは登場順は27番目だったものの、フライングをしたため、スワグルとともに失格になったと告げる。

(28)イライジャ・バーク

バティスタが場外で足を抱えている。しかし彼はエリミネイトされていない。チャボがパンクを落とす。

#15:パンク

バティスタがサモアンスパイクを喰らい、場外に降りた様子。

(29)HHH

コーディをエリミネイト。

#16:コーディ

Vにフェイスバスター。エリミネイト。

#17:BDV

ウマガにもフェイスバスター。フォーリーと殴りあう。HHHがフォーリーをバークに投げつけ、二人は落下。

#18:フォーリー
#19:バーク

HHHとウマガの殴り合い。ウマガがコーナー攻撃をミス。ぺディグリー。

(30)ジョン・シナ

シナがクリーンハウス。カリート、チャボ、ヘンリーを落とす。

#20:カリート
#21:チャボ
#22:ヘンリー

HHHとシナが向き合う。殴り合い。HHHへのブート。HHHがスパインバスター。ウマガがHHHを倒す。バティスタのスピアー。彼はケネディを投げる。

#23:ケネディ

バティスタがウマガを投げる。

#24:ウマガ

バティスタとHHHがケインを落とす。

#25:ケイン

残るはHHH、バティスタ、シナ。
バティスタがサムダウン。乱闘。バティスタがHHHとシナにダブルクローズライン。シナのブート、しかしバティスタのスパインバスター。HHHがぺディグリーを狙う。バティスタがHHHにスパインバスター。シナにバティスタボムを狙う。バックドロップで返す。HHHがバティスタを落とす。

#26:バティスタ

HHHがWMのロゴを指差す。シナはHHHが去年タップアウトしたことを思い出させる。観客がシナにブーイング。HHHに声援。シナのプロトボム、ファイブナックルシャッフル。FUを狙うが、HHHがエスケープ、ぺディグリーを狙う。クローズラインの相打ち。シナのブート、FUを狙う。HHHがカウンターのDDT。投げ落とそうとするが、シナがこらえる。FUを狙うが、これも返される。しかし再びHHHを持ち上げ、場外に落とす。
【Winner:シナ at 51:45】

-番組終了-

スポンサーサイト


プロフィール

管理人

Author:管理人
給湯室へようこそ!

WWEの現地リアルタイムの話題を扱うブログです。
現地情報が知りたくない方は注意してください。
皆様からのWWE情報もお待ちしています。

現在は更新停止中です

基本的にリンクフリーです。相互リンクも募集中。
twitterやってます @hotwatersupply



カテゴリー



最近の記事



最新DVDはこちら!!



Amazonの商品を検索



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

12 | 2008/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



月別アーカイブ



カウンター



ブログランキング

ブログランキングに参加しています。 クリックお願いします。



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。