WWE:給湯室
WWEの現地リアルタイムの話題を扱うブログ。試合結果の詳報、ニュースを分かりやすくお伝えします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現地5/19 Judgment Day簡易結果
現地5/19のJudgment Dayの結果です。
現地の試合結果を知りたくない方は注意してください。
都合により簡易結果とさせていただきます。


●オープニングビデオ。HHHが囚人服を着て、檻を破ろうとする。トップの抗争がハイライトが流れる。

■今回でJDは10回目。最初にJBLがリムジンで登場。続いてシナがブーイングと歓声を浴びながら入場する。JRが「シナはJDでは無敗です。」と指摘する。現在4連勝中。

1.ジョン・シナvs.JBL
ロックアップでスタート。コーナーへ。JBLがバックをとる。シナがとりかえしてヘッドロックへ。再びコーナーへ押し込まれる。レフェリーがJBLに離れるように指示。再びロックアップに行こうとしたところを、JBLがニー攻撃。ヘッドロックへ。ヒザをいれて、シナを倒す。立ち上がって、ロープワーク。JBLのクラビングショット。シナがドロップトーホールド。STFUを狙うが、すぐにJBLがロープに逃げる。JBLはシナをロープに叩きつける。鉄柱に肩から叩きつける。腕を鉄柱へ。リングに戻る。JBLはコーナーで腕攻め。さらにネックブリーカーからトップリストロック。シナは立ち上がって、返そうとする。JBLが腹を蹴る。JBLが転がって、クロスアームバーへ。シナもフォールに持っていこうとするが、うまくいかない。JBLのストンピング。コーナーへ投げ、パンチ。ブート。さらにパンチ。しかしシナも殴り返す。JBLがシナを対角コーナーに振ろうとするが、シナのクローズライン。フロントネックブリーカー。シナはトップロープに上がり、フェイマサーを狙うが、ミス。再びJBLのストンピング。シナはエプロンへ。JBLがスープレックスを狙うが、シナはそれを防ぐ。しかしJBLはシナを持ち上げて、ロープに叩きつける。JBLのショルダーブロックでシナは場外へ。エプロンに投げつけ、リングに戻してフォール。2カウント。シナの頭をキック。エルボードロップ。2カウント。サイドベアハグ。ボディシザーズ、アームロックと組み合わせる。反撃しようとするシナをJBLが制する。シナがJBLを持ち上げてFUを狙う。しかしJBLが逃げる。シナはかなり弱っている。JBLが再び顔面蹴り。ボディシザーズ、チンロック。シナがJBLを持ち上げて、スパインバスターのかたちで叩きつける。両者ダウン。立ち上がって、パンチの応酬。シナのホイップ。コーナー攻撃はミス。JBLのビッグブート。エルボー。JBLはシナを起こして、ショートアームクローズライン。シナの手をストンピング。クローズラインを狙うがこれはミス。すかさずシナがFUを決めて勝利。JBLは悔しそう。
【Winner:シナ at 15:09】

■リーガルが豪華席で試合を観ている。

■フォーリー、コールが登場し、エッジvs.テイカーの勝者予想のファン投票を行う。

■アダムル、タズが登場。タッグ王座戦について話す。抗争クリップが流れる。

2.ミズ&ジョン・モリソンvs.ケインvs.CMパンク
(試合最後)ケインがミズに場外でチョークスラム。リング上ではモリソンがパンクにコークスクリューネックブリーカーを決めて勝利。
【Winners:モリソン&ミズ at 7:30】

●マイケルズvs.ジェリコの抗争を振り返るビデオ。

3.ショーン・マイケルズvs.クリス・ジェリコ
(試合最後)マイケルズのクロスフェイス。ジェリコはなんとかロープへ。再びクロスフェイス。これはジェリコがカウンター。ジェリコはマイケルズの腹をトップロープに叩きつける。マイケルズをリング中央に引きずり、ライオンサルト。マイケルズがヒザを立てる。これを読んだジェリコが足をとって、ウォールオブジェリコ。しかしマイケルズがジェリコを丸めこんて勝利。マイケルズが退場しようとすると、ジェリコが握手を求める。マイケルズはそれに応じる。
【Winner:マイケルズ at 15:56】

■バックステージ:グリシャムがミッキーにインタビュー。女子王座戦とシナのことについて話していると、JBLが登場。グリシャムが恐る恐る、シナへの復讐は考えているのかと尋ねる。「二度と馬鹿な質問はするな。お前の最初で最後の戦いにしてやる。」

●One Night Standの宣伝。

●RAWでのメリーナとベスの喧嘩の映像。

4.ミッキー・ジェームスvs.メリーナvs.ベス・フェニックス
ベスがミッキーとメリーナにダブルカナディアンバックブリーカー。ベスがミッキーを持ち上げる。しかしメリーナがネックブリーカー。ここでミッキーがメリーナ2にDDTを決めて勝利。とても良い試合。
【Winner:ミッキー at 4:55】

■バックステージ:マイケルズがニーパッドを外していると、バティスタが登場。マイケルズが本当に怪我をしていないのか尋ねる。

■ファン投票ではテイカーの勝利を予想して人は85%。

5.エッジvs.アンダーテイカー -世界ヘビー級王者決定戦-
(試合最後)エッジのスピアー。2カウント。パンチの応酬。テイカーがチョークスラムの体勢に。エッジがエスケープするが、結局テイカーにつかまり、チョークスラム。2カウント。テイカーがブートでエッジを場外に落とす。クローズライン。二人とも観客席へ。テイカーがエッジをバリケードに叩きつけて、リングに戻る。そのままエッジのカウントアウトでテイカーが勝利。試合後、ヴィッキーが登場。「王座はカウントアウトで勝ち取ることはできない。ピンかサブミッションだけよ。これは誰もが知っていることだわ。」王座は空位のままということに。テイカーはエッジにツームストン。エッジヘッズが登場し、エッジを連れて帰る。
【Winner:テイカー via count out at 16:30 王座は空位のまま】

●オートンが自分のタイトルヒストリーについて語る映像。

■MVPが登場。自分のカードが組まれていないことに不満をもらす。「俺はSD史上最高賃金をもらっていて、史上最長のUS王者だった。」
彼は誰とでも戦うという。すると登場したのはマット・ハーディー。MVPは笑みを浮かべる。
マット「俺はお前より優れている。他の奴にもそれを証明するチャンスを与えたい。」
マットが呼び出したのはジェフ・ハーディー!

4.MVP vs.ジェフ・ハーディー
(試合最後)ジェフはスワントーンをミス。MVPがジェフを起こしコーナーで攻撃。カワダキックはカウンターのドロップトーホールドで返される。ウィスパーインザウインドでジェフの勝利。
【Winner:ジェフ at 9:50】

●シルベスタ・スタローンがランボーについて語る。

5.HHH vs.ランディー・オートン
(試合最後)HHHのスパインバスター。HHHはイスをおき、その上でペディグリーを狙う。しかしオートンがHHHの足をすくい、HHHの背中がイスに叩きつけられる。オートンは脳震盪キックを狙う。しかしHHHにかわされて、イス攻撃を喰らう。ここでペディグリーが決まり、HHHの勝利。
【Winner:HHH at 21:20】

-番組終了-

スポンサーサイト


プロフィール

管理人

Author:管理人
給湯室へようこそ!

WWEの現地リアルタイムの話題を扱うブログです。
現地情報が知りたくない方は注意してください。
皆様からのWWE情報もお待ちしています。

現在は更新停止中です

基本的にリンクフリーです。相互リンクも募集中。
twitterやってます @hotwatersupply



カテゴリー



最近の記事



最新DVDはこちら!!



Amazonの商品を検索



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

04 | 2008/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



月別アーカイブ



カウンター



ブログランキング

ブログランキングに参加しています。 クリックお願いします。



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。