WWE:給湯室
WWEの現地リアルタイムの話題を扱うブログ。試合結果の詳報、ニュースを分かりやすくお伝えします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WWE Star's Quitting Rumors
■レイ・ミステリオは今週の収録に登場しませんでしたが、週末のハウスショーへの出場が予定されています。真偽の程はわかりませんが、RAWのレスラーの間で、ミステリオがWWEに対して辞意を表明したという噂が流れているそうです。
別の記事では、ミステリオが今週欠場したのは、長引いているヒザの負傷が原因であるとのことです。ミステリオの欠場はExtreme Rulesでの欠場前から予定されており、今後もジェリコとの抗争を続けるというプランがあると伝えています。

■7/25、9/6のドラゴンゲートのアメリカ大会に、元WWEのドーン・マリーが公式大使として登場すると発表されました。

■クリス・マスターズのWWEの復帰の話題がありましたが、正式にはまだ契約を結んでいないとのことです。しかし、数週間前のロスでの収録で、ビンスと長時間に及ぶミーティングを行い、すぐにWWE復帰できるように準備を整えたとのことです。またランディー・オートンが、マスターズの復帰をプッシュしているそうです。

■6/1,2の収録で、WWEの職員はMr.ケネディに関するサインボードが上がっていないかチェックして、押収するようの命令を受けていたとのことです。RAWの番組冒頭で、カメラの前にボードがあがっていたそうですが、すぐに取り上げられたとのことです。

■クリエイティブチームがケインに対して良いアイディアが思いつかないことが、彼がしばらく出場していない理由だそうです。ケインもまた、様々な怪我を治すために休養をとることを望んでいるそうです。ケインはヒザに問題を抱えており、手術が必要になるまで試合を続けるより、治癒するための時間をとることを望んでいるとのこと。ケインの復帰予定については明らかになっていません。ケインは会社内で、実生活におけるサクセスストーリーを持つ一人だと考えられているそうです。高給を貰いながら、贅沢な暮しをせず、グッドシェイプを保ち、きちんと貯金をしているとか。またケインは、いつ引退するかを自ら決断することができる数少ない人間の一人だと言われています。

■メキシコにおけるWWE人気が飛躍的に上がっているとのことです。RAWはここ数週間で14%を上回る視聴率を獲得したそうです。AAAも昔はそれ程の数値を得ていましたが、最近では7.5%~8.0%だそうです。CMLLは約3.5%とのことです。

■元WWEレフェリーのミッキー・ヘンソンは、癌を患っている間にコストカットで解雇されましたが、復帰するための健康証明書を受け取ったとのことです。再びWWEのレフェリー職を希望しているそうですが、WWEはレフェリーの数を減らしたため、他の仕事を与えるかもしれないそうです。WWEは、彼が闘病生活を送っている間は解雇しないと約束をしていました。ヘンソンは現在インディー団体のレフェリーのブッキングも受け付けているそうです。

■7/14にペンシルバニアのハーシーで開催されるハウスショーに、リッキー・スティムボートが出場するとのことです。

■ビンス・マクマホンは最近バックステージでかなり不安定になっているそうです。もともとビンスはスタッフに比べてタレントには優しくしてきたそうですが、最近はタレントにあたることも増えてきているようです。

■WWEは、ウマガの解雇理由が「Wellness Policyに二度目の違反をしたこと、そして規定されている施設でのリハビリを拒否したためである」と発表しました。
ウマガはパンクとの抗争が続き、その後はアンダーテイカーとの抗争が予定されていたそうです。

■ステファニー・マクマホンが最近のタレントとのミーティングで、アンダーカードのレスラーには細かいキャラクター設定をしないことを伝えたそうです。しかしほとんどの人間が実現の可能性は低いと考えているそうです。

■週末のハウスショーの予定カードから、エッジとクリスチャンの名前が削除されているとのことです。Extreme Rulesでの王座移動のため、王座戦のカードが変更になったことが理由とみられています。

■今週のECWの視聴率は1.2%でした。

■ヴィッキー・ゲレロのプロフィールがWWE.comのAlumniセクションに追加されました。

解雇されたウマガ、ケネディのプロフィールは現時点では追加されていません。

■6/19のハウスショーでは、HHHvs.オートンのWWE王座戦がアナウンスされているそうです。

■WWE.comはヘンリーとアトラスのビデオスキットをアップしました。これによると、来週のECWでアトラスとボーンの再戦が組まれるようです。

■WWE.comは手術が成功したというバティスタのコメントをアップしました。WWEは4か月でリング復帰できるとアナウンスしています。

■薬物検査の結果を受けて、WWEは数日中に処分を発表すると見られています。
WWEのWellness Policyでは、3ストライクのルールがあります。一度目の違反では、30日間の謹慎処分、二度目の違反では60日間の謹慎処分が下され、三度目は自動的に解雇されます。
これまで処分を受けたことが明らかになっているレスラーは以下の通りです。

*RAW
-チャボ・ゲレロ…2ストライク。2007/8/30に60日間の処分を受けています。それ以前の処分は不明瞭のままです。
-ドリュー・ハンキンソン(フェスタス)…1ストライク。ディベロプメント時代の2006年の10月か11月に30日間の処分を受けています。
-ランディー・オートン…1ストライク。2006年8月に30日間の処分を受けています。
-ダレン・マシューズ(ウィリアム・リーガル)…2ストライク。2007/8/30に30日間、2008/5/20に60日間の処分を受けています。

*SmackDown
-チャーリー・ハース…1ストライク。2007/8/30に30日間の処分を受けています。
-ニック・ネメス(ドルフ・ジグラー)…1ストライク。2008/10/10に30日間の処分を受けています。
-アダム・コープランド(エッジ)…1ストライク。2007/8/30に30日間の処分を受けています。
-ジェフ・ハーディー…2ストライク。2007年7月に30日間、2008/3/11に60日間の処分を受けています。
-ジェームズ・ヤン(ジミー・ワン・ヤン)…1ストライク。2008/6/9に30日間の処分を受けています。
-ジョン・ヘニガン(ジョン・モリソン)…1ストライク。2007/8/30に30日間の処分を受けています。
-船木勝一(カン・フー・ナキ)…1ストライク。2007/8/30に30日間の処分を受けています。

*ECW
-ハリー・スミス(デイビッド・ハート・スミス)…1ストライク。2007/11/2に30日間の処分を受けています。
-グレゴリー・ヘルムズ…1ストライク。2007/8/30に30日間の処分を受けています。

なお、復帰が噂されているクリス・マスターズは過去に2回違反しています。

■The Bashの公式テーマ曲はArandaの”Whyyawannabringmedown”に決定しました。


スポンサーサイト


プロフィール

管理人

Author:管理人
給湯室へようこそ!

WWEの現地リアルタイムの話題を扱うブログです。
現地情報が知りたくない方は注意してください。
皆様からのWWE情報もお待ちしています。

現在は更新停止中です

基本的にリンクフリーです。相互リンクも募集中。
twitterやってます @hotwatersupply



カテゴリー



最近の記事



最新DVDはこちら!!



Amazonの商品を検索



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -



月別アーカイブ



カウンター



ブログランキング

ブログランキングに参加しています。 クリックお願いします。



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。