WWE:給湯室
WWEの現地リアルタイムの話題を扱うブログ。試合結果の詳報、ニュースを分かりやすくお伝えします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現地8/10 RAW結果
現地8/10のRAWの結果です。
現地の試合結果を知りたくない方は注意してください。


■リリアンがWWE王者ランディー・オートンの名前をコールする。会場が明るくなり、リングにはオートンの姿が。ブーイング。今夜はカナダ・カルガリーから。オートンがクリス・ベノワから初めて世界王者を奪取したSummerSlam 04と同じ会場。
オートン「俺がここに出てきたのは色々な噂を聞いたからだ。お前らは、俺がジョン・シナとSummerSlamで戦うことに背を向けていると話している。お前らは俺がビビっていると思っている。俺が汚い手を使うために、先週ジェレミー・ピヴェンを買収したのだと。だがそれは噂にすぎない。事実は、俺がSSでジョン・シナを倒すということだ。」
シナのテーマがヒット!シナが険しい表情でリングに向かう。
シナ「ファンは真実について、噂について、暗黙の部分について話す。お前は自分がどのような問題を抱えているのかわかっているんだ。お前を苦しめ、苦しめ、苦しめ、苦しめ続ける問題だ。もう俺はお前が、このビジネスがお前に何かを負わせ、人々をいじめることができると考えているように振舞っているのを見るのにはうんざりしているんだ!」
シナとオートンが顔を突き合わせる。
シナ「2週間後には俺たちは試合をする。お前は問題に直面しているんだ!だからお前はこれについて話をするんだろう?あるいはお前は何かしようとするんだろう?」
ここでビッグショー&ジェリコのテーマがヒット。統一タッグ王者の二人がスーツ姿でやってくる。
ビッグショーが二人の会話をからかう。続いてジェリコがマイクを持つと、Y2Jチャントが発生する。
ジェリコが自分はカナダで育ち、道場に通ったと話すと、歓声が起きる。ジェリコは今夜のゲストホストであるスローターと話をして、自分が欲しかったものを得たと話す。「シナとのシングルマッチだ。俺は自分の国でお前をシングルマッチで倒す。」
歓声が起きる。
一方でオートンはシナの頭蓋骨をパントキックで破壊してやると言う。
ビッグショーはオートンに対して、「焦るな」と言う。そして自分もサージから望むものを得たと話す。今夜ビッグショーvs.オートンを行うと発表する。

■バックステージ:サージェント・スローターの横顔が映し出される。

1.ベス・フェニックスvs.ゲイル・キムvs.アリシア・フォックスvs.ケリー・ケリー -ディーバ王座No.1コンテンダーマッチ-
(試合最後)キムがフォックスに腕を取って倒れこみながらのビッグブートを決めて勝利。
【Winner:キム at 4:10】

■サージェント・スローターが登場。観客に敬礼のポーズ。
トロンにカナダ国旗が映し出される。歓声が起きる。しかし国旗に赤「×」マークが表示される。スローターはアメリカの存在が無ければ、カナダにいる奴は皆、今ごろフランス語かロシア語を話していただろうと言う。“asshole”チャントが起きる。観客がスローターのサインボードを破っている。トロンには米国旗が映し出される。そして世界で最も偉大な国に敬意を払えと言う。

●SummerSlamのプロモ。

●先週、HHHがレガシーに対して、電話一本で仲間を呼び出すと告げたシーン。

2.エヴァン・ボーンvs.ジャック・スワガー
(試合最後)ボーンがハリケーンラナを狙うが、スワガーがこらえてパワーボム。しかしボーンがこれを丸めこみで防ぐ。ボーンはコーナー攻撃を狙うが、スワガーが反撃。コーナーにボーンを投げつけ、ガットレンチ・パワーボムを決めて勝利。
【Winner:スワガー at 2:47】

■試合後、スワガーがマイクを持つが、すぐにMVPが登場。
MVPはスワガーはいつも二度の全米王者であることをアピールするが、カナダのファンはそんなことを気にしていないと言う。「俺がアメリカ人だからと言って、ファンはブーイングをしない。お前をブーイングするのは、お前がやかましく、自分に夢中で、横柄な馬鹿野郎だからだ。」
MVPは今夜スワガーに挑戦すると言うが、スワガーは来週やるかもしれないと答える。

●Up Next:The Search for Shawn Michaels

■Earlier Today:HHHがオフィスビルのカフェテリアにいる。HHHはマイケルズに電話をかけ、留守電を吹き込む。金髪のポニーテールの姿を見つけ、声をかけるが、もちろんマイケルズとは別人。HHHは歩いて行く。
食堂のカウンターで少女がハンバーガーを求めて激しくベルを鳴らしている。ここでショーン・マイケルズがシェフの格好で登場。マイケルズは少女にバーガーを作るから座っていろと言う。少女が立ち去るとHHHがやってくる。
マイケルズがゆっくりと振り返る。HHHは驚愕の表情を見せる。

■スローターが登場。「さっきはただからかっただけだ。私は特別にカナダ国歌を歌う人物を見つけた。カナダ出身のセリーヌ・ディオンを呼びたかったのだが、私は彼女を見つけることができなかった。しかし私は彼女より素晴らしい女性を見つけた。」
ジリアン・ホールが米国旗をあしらったアンクル・サムの格好で登場。”God Bless America”を歌う。

3.カルガリー・キッドvs.ユージン -Contract on a Pole Match-
コーナーのポールに契約書がセットされており、それを手にした方が、RAWの所属選手となる。ユージンはロックボトムからピープルズエルボー。コーナーを登るが、キッドがエプロンから上がってユージンを落とす。そのまま契約書を手にしてしまう。キッドはユージンを起こして、リアリティチェック!そしてキッドがマスクを取ると、その正体はミズ!ミズは実況テーブルの上に立ちマイクを持って、自分の名前をコールする。
【Winner:キッド(ミズ) at 1:22】

●ECWの宣伝。SSでECW王者に挑戦するのは誰か?

●先週のRAWからコフィvs.ビッグショーのリプレイ。

4.ランディー・オートンvs.ビッグショー
(試合最後)ビッグショーのチョークスラム。フォールに行くが、オートンがロープに足をかける。ビッグショーがKOパンチを狙う。オートンがかわして、そのまま場外へ。場外カウントが数えられる。オートンは一度はリングに戻ろうとするが、結局戻らずそのあままカウントアウト負け。
【Winner:ビッグショー via count out at 6:02】

■Earlier Today:カフェテリアでHHHがマイケルズを説得しようとしている。
マイケルズ「俺はコックじゃない、シェフだ。俺には理解できない。これ以上レスリングビジネスは必要ないんだ。ここにいる人は俺を気に入ってくれて、尊敬してくれる。」
その時、少女の「このテイタートッツは猿のクソみたいな味がするわ!」と叫ぶ声がする。
HHH「レガシーと戦うためにお前の助けが必要なんだ。」
マイケルズ「俺は今自分がやっていることに本当に満足しているんだ。」
後ろで少女が叫ぶ声が聞こえる。
HHH「本当にそうなのか?」
後ろでキッチングリルから火が出ている。マイケルズが慌てて消化器で火を消す。マイケルズは顔を真っ黒にして、冷静に「よし、話を聞こう。」と言う。

5.クリス・マスターズvs. MVP
(試合最後)マスターズがマスターロックを狙うが、MVPがカウンターでプレイメーカーを決めて勝利。試合後、スワガーが登場。マスターズにマスターロックを決めされる。MVPがヒザをつき、マスターズがロックを外す。スワガーがガットレンチ・パワーボムを決める。
【Winner: MVP at 2:31】

●先週のRAWのリプレイ。Mainstream TVに出演した、ピヴェンとドクター・ケンが品を攻撃したことについて語っている映像も流れる。

●SummerSlamのプロモ

■Earlier Today:HHHがカウンターの中に入り、マイケルズと一緒になってバーガーを作っている。
HHH「お前にはWWEに戻る価値がある。」
マイケルズは不衛生だと言って、HHHに帽子をかぶるように言う。
HHHはバーガーを落としてしまっても、それをグリルに戻してしまう。「SummerSlamでお前が必要なんだ。」
そこへカフェテリアのマネージャーがやってきて、マイケルズを怒鳴りつける。
突然マイケルズはマネージャーにスウィートチンミュージック!
マイケルズはHHHの方を向き、「やってやる」と言う。そしてHHHと声を合わせて、「Two Words for ya!」と言う。
カウンターの前を歩く老女が「Suck it!」と呼ぶ。
ここで再び少女が文句を言っている声が聞こえる。
するとマイケルズはまだ終わっていない仕事があると言って、外へ出る。少女がマイケルズを睨みつける。マイケルズはカメラに映らないところで、少女にスウィートチン!サラダバーが飛び散る。マイケルズは「I Quit!!」と叫び、HHHと一緒に出ていく。

■スローターが登場する。スローターは「過去、現在、そして未来において最高の男を呼んだ」と言う。ブレット・ハートのテーマが流れる。しかしハクソー・ジム・ドゥガンのテーマが切り替わる。ドゥガンが登場して、米国旗を振り回す。

●ECWの宣伝。ワシントンショーのゲストはクリスチャン。

●先週のRAWからチャボ・ゲレロvs.マーク・ヘンリーの試合。ホーンスワグルが登場して、チャボにオタマジャクシスプラッシュ。

■ホーンスワグルのテーマがヒット!ホーンスワグルが登場すると、大歓声が起きる。続いてマーク・ヘンリーのテーマが流れ、おそろいの帽子をかぶったヘンリーが登場する。
コーナーでアピールしていると、チャボがマイクを持って登場する。
レガシーのテーマが流れる。

6.テッド・デビアス&コーディ・ローデスvs.マーク・ヘンリー&ホーンスワグル
(試合最後)ヘンリーがレガシーをまとめてスープレックス。クローズライン。テッドを捕まえて、ワールドストロンゲストスラムでコーナー近くにセット。ここでホーンスワグルにタッチ。オタマジャクシスプラッシュに行くが、かわされる。コーディがヘンリーをカット。テッドがホーンスワグルにドリームストリートを決めて勝利。
【Winners:レガシー at 2:41】

■レガシーがステージでマイクを持つ。
コーディ「DXの再結成を恐れることはない。先週のHHHの質問に対する答えだ。俺たちは準備ができている!DXの復活はWWE史上最も短命に終わるだろう。」
テッド「俺たちにもTwo Wordsがある。Too Badだ!」

■バックステージ:マシューズがジェリコにインタビュー。
ジェリコはシナから初の勝利を奪ってやると誓う。「俺は今夜の勝利をカルガリーに捧げる。俺はカルガリーで育ち、スチュ・ハート・ダンジョンで訓練したんだ。」
そこへビッグショーがやってきて、オートンの文句を言う。二人はカメラの映らないところで話を始める。ジェリコは観客を操るのは簡単だと言って、カナダの悪口を言い始める。マシューズがまだカメラは回っていると言うと、ジェリコは驚く。

■来週のゲストホストはフレディー・プリンズJr.であると発表される。そしてSummerSlamでのDX vs.レガシーが発表され、その他のカードも紹介される。

7.クリス・ジェリコvs.ジョン・シナ
(試合最後)シナのショルダータックル、プロトボム。”You can ‘t see me”をやろうとしたところを、ジェリコが丸めこむ。シナがアティチュードアジャストメントを狙うが、これも丸めこみ。ジェリコも反撃してライオンサルトを狙うが、よけられる。シナが再びジェリコを担ぎあげるが、ジェリコが丸めこんでそのままウォールオブジェリコ。シナが体を丸めて、ジェリコの足をとり、STFへ。ここでオートンが登場、レフェリーを場外に落とす。STFを決めるシナにパントキックを狙う。ここでジェリコがタップ。シナは立ち上がって、オートンを睨みつける。ジェリコが背後からシナにコードブレーカー。オートンとジェリコが睨みあう。オートンがジェリコを場外へ落とす。さらにビッグショーが登場し、オートンを倒す。
ここでスローターが出てくる。来週のRAWでシナ&オートンvs.ジェリコ&ビッグショーを行うと発表する。オートンとシナが立ち上がって、ロープ際のビッグショーを場外に落とす。さらにベルトを持って入ってきたジェリコをシナが担ぎあげる。オートンがその状態のジェリコにRKO!シナとオートンが睨みあって、番組終了。
【Winner: No contest at 6:46】

-番組終了-

スポンサーサイト


プロフィール

管理人

Author:管理人
給湯室へようこそ!

WWEの現地リアルタイムの話題を扱うブログです。
現地情報が知りたくない方は注意してください。
皆様からのWWE情報もお待ちしています。

現在は更新停止中です

基本的にリンクフリーです。相互リンクも募集中。
twitterやってます @hotwatersupply



カテゴリー



最近の記事



最新DVDはこちら!!



Amazonの商品を検索



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

07 | 2009/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



月別アーカイブ



カウンター



ブログランキング

ブログランキングに参加しています。 クリックお願いします。



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。