WWE:給湯室
WWEの現地リアルタイムの話題を扱うブログ。試合結果の詳報、ニュースを分かりやすくお伝えします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現地11/2 RAW結果
現地11/2のRAWの結果です。
現地の試合結果を知りたくない方は注意してください。


●オープニング。今週はまだ新曲ではなく今まで通り。

■ジャスティン・ロバーツが“プリンスオブダークネス”ことオジー・オズボーンとシャロン・オズボーンを紹介する。”Crazy Train”が流れ、二人がリングに登場する。リングには大きなイスが置かれ、スポットライトが当てられている。オジーは観客に対して歓迎の言葉を述べる。シャロンはオジーがWWEに登場するのは初めてではないと言う。WrestleMania 2や、2007年のSmackDownに登場したことがあると説明する。オジーはそれらの一つも覚えていなかったと言う。シャロンはファンの今夜のことを覚えてもらいたいと言う。
そこへミズが登場する。自分はオズボーンファミリーよりビッグスターであると言う。先週第三者であるスワガーのせいでエヴァン・ボーンに負けたと不満を言う。そしてこの試合を公式記録から削除するように要求する。
しかし今度はコーディとテッドが現れて、話を遮る。オートンに贈った車を、コフィ・キングストンによって破壊されたと文句を言う。そして今夜コフィとのハンディキャップマッチを行いたいと要求する。
ミズはオジーとシャロンに対して先に自分の話を聞くように言う。レガシーの二人には順番を待てと言う。
続いてビッグショーが登場。ビッグショーは先週のRAWでロスター全員に裏切られて襲われたと言う。そして謝罪を要求する。オジーに対して、RAWのロスターを呼び出し、謝罪させるように言う。「そうでなければ、俺たちが拳で殴ってやる。」オジーが「シャロン!」と叫ぶ。
ここでDXのテーマがヒット。HHHは収拾がつかなくなる前に、止めに来たと言う。DXとオズボーンにはいくつか共通点があると話しだす。背中からオジー・オズボーンの本を取り出して紹介する。次にマイケルズがDXの本を取り出して宣伝する。
ミズがこれは恥ずかしげもない宣伝の場じゃないと怒りだす。HHHは「皆それぞれ欲しいものを得る。」と言って、オジーに耳打ちする。オジー・オズボーンが「今夜ミズがUS王座をかけて、エヴァン・ボーンと戦う。」と発表する。さらにマイケルズがシャロンに耳うち。シャロンはコフィ・キングストンとランディー・オートンの試合を発表する。
HHHがビッグショーのことを「デブ」と挑発すると、ビッグショーは怒ってトリプルスレットマッチを要求しだす。そしてオジーに耳うちする。
オジーは「ジョン・シナvs.クリス・ジェリコvs.ビッグショーを行う。」と発表。ビッグショーは自分が言ったものではないと文句を言うが、シャロンが決定は最終的なものであり、分からないのならこの言葉を贈ってあげると言う。観客が”Suck It”と叫ぶ。

●先週のミズvs.ボーンの試合のリプレイ。スワガーが登場してゲストリングアナのイブに声をかける。ボーンがミズのカウントアウトで勝利。

1.ミズvs.エヴァン・ボーン -US王座戦-
(試合最後)ボーンのヒザ蹴り。コーナー攻撃はかわされるが、すぐにセカンドロープから振り返りながらキック。ミズも反撃するが、コーナー攻撃はブートで迎撃される。そのままボーンがトップロープに上がり、シューティングスタープレスを狙うが、ミズがよける。ボーンは着地するが、ミズに向かって走ったところをホイップされて、ターンバックルにぶつけられる。ここでミズがスカルクラッシングフィナーレを決めてピン。
【Winner:ミズ at 4:14】

●Please Don’t Try This

■バックステージ:マシューズがシェーマスにインタビュー。今夜シェーマスはノーブルとのリマッチが組まれている。
マシューズ「ゲストホストを驚かせるつもりはありますか?」
シェーマス「オジーのキャリアはずいぶん前に終わらせるべきだった。そしてまもなく、ノーブルのキャリアが終わりを遂げる、」

2.シェーマスvs.ジェイミー・ノーブル
一方的な試合。裏投げ式バックブリーカー。頭への蹴り。フォールに行くが、カウントをやめる。コーナーで何度もストンピング。ノーブルが動かなくなったためレフェリーストップ。シェーマスはさらにトップロープに座らせて、蹴り飛ばす。ノーブルは場外に落下。さらにリングサイドでパワーボム!レフェリーが何人もやってきて、シェーマスをバックステージへ戻す。ノーブルは苦痛の声を上げている。”You Suck”チャント。担架が運ばれてくる。ノーブルは担架に乗せられる。
【Winner:シェーマス at 2:25】

●バティスタのDVDの宣伝。

●オートンとコフィの抗争を振り返るビデオ。

■バックステージ:マシューズがコフィにインタビュー。先週したことに後悔があるかと尋ねる。
コフィはオートンのことを弱い者いじめをする男だと言う。自分はやられないという明確な態度を示したのだと主張する。「俺が破壊しなかったものが一つある。ミラーだ。何故もうWWE王者ではないかということを確認するために鏡を使うべきだ。」

■2010/1/25発売のオジー・オズボーンの本が紹介される。

3.ランディー・オートンvs.コフィ・キングストン
試合途中、コーディとテッドが登場して試合に介入する。するとオジーとシャロンがタイタントロンに登場。この試合を6人タッグマッチに変更すると発表する。
【Winner: no contest】

●ECWの宣伝。

4.ランディー・オートン&テッド・デビアス&コーディ・ローデスvs.コフィ・キングストン&マーク・ヘンリー&MVP
(試合最後)ヘンリー、コーディがそれぞれ同時にタッチするも、ヘンリーが圧倒。コーナースプラッシュ。オートンがリングに入ってヘンリーにRKOを狙おうとするが、コフィも入ってドロップキック。コーディがコーナーからクロスボディ。しかしヘンリーがキャッチして、ワールドストロンゲストスラムを決めて勝利。
【Winners:ヘンリー&コフィ&MVP at 11:47】

●WrestleManiaのチケット発売まであと5日。

■Survivor Seriesのテーマ曲”Get Thru This”が紹介される。

■リング上にはキング、そしてオジーとシャロンがいる。”Raw’s Got Talent”のコーナー。3人のスーパースターが登場し、それぞれ自分の芸を披露するというもの。キングは3人目のジャッジとしてグレート・カリを紹介する。カリがランジン・シンと一緒に登場。カリはマイクで話をするが、何を言っているのかわからない。
最初に出てきたのはサンティーノ・マレラ。オジーの名曲”Bark at the Moon”を歌おうとする。オジーのような格好をしている。マレラはバットマンのフィギュアを取り出し、マイクがわりに歌っているかのようにアピール。シャロンが「へたくそね」と言う。ブザーが鳴らされ、マレラは帰される。
次に出てきたのはクリス・マスターズ。オジーの”Crazy Train”にあわせて、ドラムを鳴らしているかのように左右の胸筋を動かす。シャロンは気に入った様子。「彼はゴージャスよ。」オジーは「あの男はブラを買うべきだ」と言う。
最後に出てきたのはジリアン・ホールとチャボ・ゲレロの2人。”If I Close My Eyes Forever”を歌い出す。オジーが耳をふさぐ。「曲名を変えなければならない。”Close my ears forever”だ。」
ジリアンとチャボが怒ってリングに上がる。ジリアンはジャッジの前で一人で歌い出す。ジリアンが顔を近づけると、シャロンがビンタ。チャボが怒ってオジーに「お前の妻を止めろ。」と言う。カリが立ち上がって、チャボに脳天チョップ。
ここでホーンスワグルがジャック・オズボーンの格好をして登場。トップロープに上がり、チャボにおたまじゃくしスプラッシュ。

■ケリー、ベラツインズ、イブ、キムがハイタッチをかわしながら、リングに向かう。

■来週のゲストホストはボクサーのリッキー・ハットン。

5.ディーババトルロイヤル -#1コンテンダー戦-
出場者:ニッキー・ベラ、ブリー・ベラ、イブ、アリシア・フォックス、ゲイル・キム、ケリー・ケリー
バックステージのモニターでメリーナが試合を見守っている。途中、スワガーが登場。イブのことを見つめる。しかし試合はケリーを落としたフォックスが勝利する。
【Winner:アリシア at 2:43】

■実況陣がノーブルの容態について話す。背中と首に深刻な怪我を負ったらしい。来週のRAWで続報があるとのこと。

●バティスタがミステリオに対して怒りをぶつけるシーンのリプレイ。

■バックステージ:オジーとシャロンのもとへジェリコがやってくる。今夜の決定について自分に相談しなかったことに失望したと話す。ジェリコは子どものころオジーが好きだったので、特に傷ついたと言う。「お前らが再び俺を軽蔑するなら、それは究極の罪になるぞ。」
ジェリコは歩いて行く。オジーは「あの気が狂った奴は誰だ?」とつぶやく。

■バックステージ:DXの二人が誰かと話をしている。カメラが引き、相手の姿が映る。それは壁につるされたホーンスワグル。
DXはホーンスワグルが二度とDXの真似をしないようにと忠告する。
そこへシナがやってきて、何事だと尋ねる。ホーンスワグルをおろしてやる。
シナは自分たちが互いにトリプルスレットで戦わなければならないのはホーンスワグルのアイディアだと言う。HHHは別に心配していないと言う。なぜなら先日シナとのシングルマッチで勝利しているからだと言う。マイケルズも「来週はイギリスからだ。以前イギリスでお前に勝利している。」と話す。
シナもSurvivor Seriesでは4つの単語を贈ってやると言う。「The Champ is Here!」と叫ぶ。

6.ジョン・シナvs.クリス・ジェリコvs.ビッグショー
ジェリコとビッグショーがシナを集中攻撃する展開。ビッグショーがシナにスピアー。ジェリコがライオンサルトを決めてフォールに行くと、ビッグショーがカット。ジェリコが怒りだす。ビッグショーにビンタ。ビッグショーはやり返してジェリコを場外に落とす。ビッグショーはシナにチョークスラムを狙うが防がれる。シナのアティチュードアジャストメントをかわして押しつぶす。コーナーでリバーススプラッシュを狙うがよけられる。シナのショルダータックルで場外へ。リングに戻ったジェリコにもタックル。プロトボムから5ナックルシャッフル。AAを狙って担いだところを、エプロンからビッグショーがノックアウトパンチ。そのままジェリコがシナの上に乗って、フォール。ここで3カウント。ビッグショーがリングに戻って握手。ジェリコがウォールオブジェリコ、ビッグショーも同時にキャメルクラッチを決めようとすると、DXの二人が入ってくる。しかしビッグショーとジェリコによって反撃を受ける。ジェリコとビッグショーが手を掲げると、二人のテーマ曲が流れる。
【Winner:ジェリコ at 7:12】

-番組終了-

スポンサーサイト


プロフィール

管理人

Author:管理人
給湯室へようこそ!

WWEの現地リアルタイムの話題を扱うブログです。
現地情報が知りたくない方は注意してください。
皆様からのWWE情報もお待ちしています。

現在は更新停止中です

基本的にリンクフリーです。相互リンクも募集中。
twitterやってます @hotwatersupply



カテゴリー



最近の記事



最新DVDはこちら!!



Amazonの商品を検索



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -



月別アーカイブ



カウンター



ブログランキング

ブログランキングに参加しています。 クリックお願いします。



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。