WWE:給湯室
WWEの現地リアルタイムの話題を扱うブログ。試合結果の詳報、ニュースを分かりやすくお伝えします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現地11/16 RAW結果
現地11/16のRAWの結果です。
現地の試合結果を知りたくない方は注意してください。


■今夜の会場はMSG。そのため番組セットがいつもと異なり、リング奥にエントランスがある。バックステージにロディー・パイパーがいる。パイパーは笑顔でパイパーズピットに歓迎する。彼の隣には俳優のルイス・グスマンが座っている。パイパーは鉄の料理人を飛行機で呼び寄せたと言う。実際に登場したのはアイアン・シーク。シークはホーガンのことをネタにする。さらにベラツインズが登場し、全員で番組のスタートを宣言する。

●新オープニング。

■ミズが入場する。ミズはニューヨークヤンキースを馬鹿にする。「俺はUS王座を買ったんじゃない。勝ち取ったんだ。」そして今夜パイパーによって防衛戦を組まれたことを話す。そしてその相手を倒して自分の実力を証明すると言う。

1.ミズvs. MVP
リングサイドには、シェリー・シェパードがいる。MVPを熱狂的に応援する。(試合最後)ボールインエルボーからプレイメーカーを狙うがこれはミズがかえす。ミズがコーナー攻撃を狙うと、MVPはそれをかわそうとする。しかしこれをキャッチされて、MVPの腹を蹴りあげる。ここでスカルクラッシングフィナーレを決めてピン。
【Winner:ミズ at 3:46】

●先週のチャボ・ゲレロとリッキー・ハットンの試合のリプレイ。

2.サンティーノ・マレラvs.チャボ・ゲレロ
マレラはニューヨークに関係するチームのジャージを重ね着しており、順番に脱いでいく。観客は大歓声。チャボがマレラに握手をするが、すぐにガットショット。スリーアミーゴス。フロッグスプラッシュを狙うが、マレラはコーナーから遠くへ転がって行ってしまう。チャボは反対側のコーナーに登るが、またもマレラは転がっていく。サンティーノチャント。チャボはマレラに近づくが、ここでホーンスワグルが登場。DXの格好をしてDXチョップ。これに気をとられたチャボをマレラが回転エビ固め。ここで3カウント。試合後、チャボはリングを降りて、リング下を覗こうとするがレフェリーが止める。
【Winner:マレラ at 2:50】

■ここでDXのテーマがヒットする。HHHとマイケルズがリングに上がって、観客に蛍光スティックを投げ込む。
HHHとマイケルズは自分たちの商品の宣伝をする。
マイケルズはリングサイドにいるシェリー・シェパードにDXの本を投げる。シェパードはそれを手にして喜ぶ。
HHH「今度の日曜日、トリプルスレットマッチが行われる。マイケルズと俺と、ジョン・シナの間でな。」
HHHとマイケルズは自分たちが仲間割れすることはないとアピールする。
そして次にホーンスワグルの話へと移る。HHH「奴はグッズの料金を払ってさえいない。だが小さい人間でさえDXのメンバーになれるという彼らに夢を持たせてあげるのがアメリカだ。」
HHHとマイケルズはホーンスワグルに出てくるように言う。ホーンスワグルはリングに上がって、二人にDXチョップしてアピール。
そして3人で、DXのルーチンマイクを始める。しかし途中で突然HHHがホーンスワグルにガットショット。ペディグリーの体勢へ。HHHは笑みを浮かべながら、客席を見渡す。ここでペディグリー!そして倒れたマイケルズに向かって、マイケルズが「分からない奴にはこの言葉を贈ってやるぜ。」「Suck It!!」と叫ぶ。
マイケルズはリング下からDXとペイントされたミニ担架を取り出す。そしてホーンスワグルを担架に乗せて運んで行く。

●過去MSGで行われた大会の名シーンのリプレイ。

■バックステージ:パイパーのもとをジェリコが訪ねる。ジェリコはこれまでのゲストホストは自分に対してリスペクトが無さ過ぎたと言う。そして壁に自分のポートレイト写真を貼るように要求する。パイパーは鼻をかんであまり話を聞いていない。そしてクリス・マスターズを呼び出す。パイパーは音楽を流すように言う。ブラックアイドピーズの曲が流れ、マスターズはそれにあわせて胸筋を動かす。ベラツインズが現れ、マスターズに驚いている。そして3人で歩いて行ってしまう。パイパーも鼻をかんだ後の手をふくため、ジェリコの胸を触る。

■ブラックアイドピーズのメンバーが観客席にいる。

■メリーナとフォックスがバックステージを歩いている。

3.メリーナvs.アリシア・フォックス -ディーバ王座戦:ランバージルマッチ-
スペシャルリングアナとして俳優のジュダ・フリードランダーが登場。メリーナが場外に落ちるとヒールのディーバが一斉に襲い掛かる。しかし試合はメリーナがカサドーラを決めて勝利。試合後は、ベビーとヒールで乱闘に。最後はベビーのディーバがリングでアピール。
【Winner:メリーナ at 1:38】

■ロディー・パイパーが登場する。「MSGに出てきて、スタンディングオベーションを貰えることを嬉しく思うよ。俺はニューヨークで育った親のいない子どもだった。そして俺はこのリングでいくつか恥ずかしい瞬間を過ごした。」
過去のスーパースターの名前をあげ、過去を振り返る。
パイパー「ちょっと待て。言い忘れたことがあった。俺は皆を愛している。待て、待て。俺はもう一試合戦いたい。ビンス・マクマホンとな。」
パイパーはビンスを呼び出そうとする。「お前が来ているのを知っているんだ。」
ビンスのテーマが流れる。スーツ姿で観客の声援に応えながら、歩いてくる。
ビンスが話し始めると、観客から”What!?”の合唱が聞こえる。「お前にはそのもろくて弱いからだとそのキャッチャーミットのような顔しか残っていない。唯一まともなのはそのキルトぐらいだ。もし私がお前に手をかければ、私の祖先が恥ずかしく思うだろう。」
パイパー「俺はお前のせいでたくさん恥をかいてきた。」
ビンス「ロッカールームにいるスターの歴史は私が作ってきた。ロック、HHH、マイケルズ、テイカー、オースチン。私は彼らの誰よりも優れている。私は公式にリングアクションから引退したんだ。」
観客はブーイング。
パイパーはビンスのことを戦いから逃げる臆病者だと言う。「俺は癌に勝った。お前を倒すこともできる。お前を億万長者にしてファンに応える必要がある。俺はPPVやWrestleManiaまで待つつもりはない。お前にガッツがあるなら、俺はファンに「ビンスは臆病者じゃない」と伝えてやる。今夜お前を“完全に”引退させてやる。」
パイパーはビンスを残してリングを後にする。

●来週のRAWは3時間スペシャル。ゲストホストはジェシー・ベンチュラ。

●ECWの宣伝。

■シェーマスが登場。俺は4週間ここにいるが、一人は業界から引退した。シェーマスは誰も出てこないと言って、実況席横のタイムキーパーに襲いかかる。実況テーブルに叩きつける。さらに横に立っていたキングにビッグブート。シェーマスはそのまま退場。レフェリー達が倒れた二人の容態を確かめる。ジェリーチャントが起きる中、レフェリーに支えられながら退場する。

4.ジャック・スワガーvs.エヴァン・ボーン
(試合最後)ガットレンチパワーボムでスワガーの勝利。
【Winner:スワガー at 2:02】

■バックステージ:ロディー・パイパーがビンスと戦うために歩いている。

■パイパーがリングで待っている。ビンセントと叫ぶ。
しかし会場に流れたのはランディー・オートンのテーマ。
オートン「ビンスはここに出てくるつもりはない。彼にはやるべき大きな仕事がある。」
オートンがパイパーを攻撃。パントキックを狙うが、ヒットする直前にコフィのテーマがヒット。コフィが入り、オートンに襲いかかる。二人は大乱闘。観客席までなだれ込む。リングサイドに戻る。オートンが反撃。鉄階段にヒット。そしてリングに戻す。シーソーホイップで、コフィの喉をロープに叩きつける。パントキックを狙うが、コフィが立ち上がって反撃。再び場外へ。コフィがオートンをバリケードに叩きつける。オートンも反撃。ここでレフェリーが一斉にかけより、二人を引き離す。制止を振り切って、オートンがコフィのエルボー。すぐにレフェリーが引き離す。今度はコフィもやり返す。馬乗りになってパンチ連打。観客席の中でストンピング。放送機材の上にオートンを落とす。そしてボックスでオートンの頭を殴る。オートンを放送スタッフのいるテーブルに寝かせる。コフィは観客席の手すりの登る。しかしレフェリーがコフィを止める。コフィはその制止を聞かずにテーブル貫通のダブルレッグドロップ!コフィのテーマが流れ、コフィは倒れたオートンを見下ろす。

●ホーガンのDVDの宣伝。

■バックステージ:シナがインタビューエリアでメインのタッグのトリプルスレット戦について話す。
Survivor Seriesについては、「対DXのハンディキャップマッチではない。トリプルスレット戦だ。もしHHHとマイケルズが俺の準備ができているのか知りたいなら…俺の答えはイエスだ。」

5.ジョン・シナ&アンダーテイカーvs. D-generation X vs.クリス・ジェリコ&ビッグショー
最後にテイカーが入場。ドルイドが松明を持って先に登場。アンダーテイカーチャント。テイカーのテーマが流れ、ベルトを腰に巻いて入場する。ゴング。ジェリコ、マイケルズ、シナが見合う。しかしジェリコがビッグショーにタッチ。マイケルズもHHHに。するとシナもテイカーにタッチ。テイカーとHHHが顔をつきあわせて睨みあう。しかしビッグショーの方を振り向く。二人でビッグショーを攻撃。HHHのフェイスクラッシャー。テイカーのクローズラインで場外に落とす。HHHにビッグブート。コーナーでパンチ連打。HHHもスパインバスターで反撃。マイケルズにタッチ。マイケルズとテイカーが睨みあう。テイカーのパンチをかわして、マイケルズがチョップ。テイカーが返して場外に落とそうとする。しかしマイケルズがこらえる。テイカーがそれをキャッチしようとするが、ビッグショーが戻ってスピアー。ジェリコにタッチ。マイケルズにクローズラインからライオンサルトを狙うが、ヒザで迎撃される。さらにジェリコはこれをウォールオブジェリコで返す。テイカーはシナにタッチ。マイケルズはシナの攻撃をかえして、HHHにタッチ。シナがジェリコにサイドスラム。シナとHHHが睨みあってパンチの応酬。しかしビッグショーが入って二人にチョークスラム。テイカーが入ってビッグショーを攻撃。フライングクローズライン。場外に出てビッグショーを攻撃しようとするが、逆にバリケードに振られる。リング上ではジェリコ、HHH、シナの3人が倒れている。マイケルズがタッチを求めている。マイケルズにタッチ。ジェリコにフライングフォアアーム、アトミックドロップ。ボディスラム。ダイビングエルボー。スウィートチンミュージックを狙うが、シナのフライングショルダー。プロトボム。5ナックルシャッフル。アティチュードアジャストメントを狙うが、担ぎあげられたマイケルズにHHHがタッチ。HHHが入り、シナを攻撃。スパインバスターからペディグリーを狙うが、ビッグショーが戻ってきてヘッドバット。マイケルズがビッグショーにスウィートチン。ジェリコがマイケルズにコードブレーカー。テイカーがジェリコにチョークスラム。HHHがテイカーをクローズラインで落とす。HHHが振りむいたところをシナが担ぎあげ、AA!ここでピン。試合後、テイカーがシナを担ぎあげツームストン!!ベルトを持ち、シナの横でポーズをきめる。テイカーのテーマが流れる。
【Winner:シナ&テイカー】

-番組終了-

スポンサーサイト


プロフィール

管理人

Author:管理人
給湯室へようこそ!

WWEの現地リアルタイムの話題を扱うブログです。
現地情報が知りたくない方は注意してください。
皆様からのWWE情報もお待ちしています。

現在は更新停止中です

基本的にリンクフリーです。相互リンクも募集中。
twitterやってます @hotwatersupply



カテゴリー



最近の記事



最新DVDはこちら!!



Amazonの商品を検索



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -



月別アーカイブ



カウンター



ブログランキング

ブログランキングに参加しています。 クリックお願いします。



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。