WWE:給湯室
WWEの現地リアルタイムの話題を扱うブログ。試合結果の詳報、ニュースを分かりやすくお伝えします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現地9/21 RAW結果
現地9/21のRAWの結果です。
現地の試合結果を知りたくない方は注意してください。


■バックステージ:リムジンが到着。運転手がドアを開く。ベラツインズが登場。続いてゲストホストのセドリック・ジ・エンターテイナーが登場。
さらにリムジンの中から色々な人間が次々と出てくる。セドリックの友人に始まり、フットボールの選手、赤ん坊をつれた男性、老女、ヤギを連れた酪農家。セドリックがそれぞれと言葉をかわす。

●オープニング。

■「Are You Ready?!」DXのテーマがヒット。HHHとマイケルズが入場する。今夜はシングルマッチ。HHHが試合コスチューム。
HHH「準備はいいか?準備はできたかって言ってんだ?2週間後にHell in a Cellが迫った。史上初めてHIACで戦ったのは?」
マイケルズ「俺だ。」
HHH「史上初めてHIACで勝利したのは?」
マイケルズ「俺だ。HHH、WWEで最もHIAC戦を経験しているのは?」
HHH「俺だ。」
マイケルズ「回数を教えてくれ。」
HHH「5回だ。」
マイケルズ「今までに一度も、一度も、一度も、一度も…HIACで戦ったこのないやつは誰だ?戦うために人間の体はボロボロに破壊されるに耐えなければならないということを理解していない奴は誰だ?」
HHH「そうだ、俺たちの対戦相手、コーディとテッドだ。」
二人の名前が出るとブーイングが起きる。
HHH「奴らはHIACの中で戦ったことはない。奴らには自分たちが何に直面しようとしているか分からないんだ。前回俺たちがセルで戦った時、相手はぶちのめされた。誰だったかな?」
マイケルズ「ビンス・マクマホンだ。俺たちが本当に好きな男だ。」
HHH「俺たちはあいつが好きだ。だが俺たちはコーディとテッドは嫌いだ。コーディはここに出てきて、俺にぶちのめされることになる。2週間後、HIACが約束してくれる。破壊、大虐殺、そして奴らの人生をぶち壊してやる。」
レガシーのテーマがヒット。コーディとテッドが入場する。

1.HHH(withマイケルズ) vs.コーディ・ローデス(withテッド)
HHHが何度もコーディの肩を鉄柱にぶつける。クロスフェイス。ロープ得るケープ。コーディは場外にエスケープ。テッドがそばにかけよる。マイケルズと睨みあうが、HHHがベースボールスライドでコーディとテッドを蹴り飛ばす。ここでCM。
CM明け。コーディがHHHにキャメルクラッチ。体を起こして、チンロック。HHHが得打撃で反撃。ロープに送るが、コーディがカウンターのネックブリーカー。パンチ。さらにロープを使ってチョーク。レフェリーが注意。この隙を狙ってテッドがHHHを殴る。HHHも打撃で反撃を試みるが、コーディのレッグスイープ。再びチンロック。コーディはトップロープにあがって、立ち上がったHHHにムーンサルト。場外のマイケルズを挑発。ここでHHHがパンチで反撃。コーディを場外に落とす。立ち上がったコーディがマイケルズを殴る。マイケルズが追いかけるが、テッドがマイケルズを実況席に叩きつける。テッドがクローズライン、コーディがヒザへのエルボー。コーディがリングに戻る。クローズラインはかわされ、HHHがペディグリーを狙う。ここでテッドがイスを持って乱入。HHHをイス攻撃。反則裁定が下る。会場は大ブーイング。コーディがHHHにクロスローズ。さらにテッドがドリームストリート。HHHの頭にイスを固定。ここでマイケルズがスレッジハンマーを持って、リングに入る。レガシーは場外に逃げ出す。両チームが睨みあう。
【Winner: HHH via DQ at 9:10】

■Tonight:今夜コフィvs.スワガーのUS王座戦。シナvs.オートンの調印式。

●Hell in a Cellの宣伝。

■リリアンがセドリック・ジ・エンターテイナーを紹介。セドリックがベラツインズと一緒に登場する。
セドリック「マンデーナイトロウだ、ベイビー!俺はWWEが大好きだ。RAWを愛している。これが俺がホストを務める理由だ。」
セドリックはWWEの所属選手の2世レスラーをトロンに映し出して紹介する。ランディー・オートンとボブ・オートン。コーディとテッド。さらにアンドレ・ザ・ジャイアントとキング・コング・バンディがビッグショーを生み出したと言う。クールエイドマン(米の粉ジュースメーカーのキャラクター)がマーク・ヘンリー。ミズはjackassの息子だと言う。
マレラのテーマがヒット。マレラが登場する。「キングオブコメディの“フレドリック”・ジ・エンターテイナーと一緒にいるなんて信じられない。」
セドリックが名前を訂正するが直らず。マレラはセドリックの新作DVDを持ち出して宣伝する。
マレラはピン芸人になりたいと言い出す。セドリックが「紹介してやる」と言うと、マレラは一人でネタを披露しようとする。しかしセドリックにレスリングに専念すべきだと言われてしまう。
ここでチャボのテーマが流れる。
セドリックはチャボが数週間にわたって妖精に負けているとからかう。
チャボは怒りだして、セドリックに試合を挑みたいと言う。
セドリックは映画撮影が控えていると断るが、マレラが勝手に試合を受けてしまう。「フレドリック・ジ・エンターテイナーvs.チャボ・ゲレロ、妖精に負けた男だ。」

■バックステージ:マシューズがミズにインタビュー。先週の試合で勝手に持ち帰ったコフィのUS王座のベルトを持っている。
ミズ「俺の存在こそがファンがRAWを観る理由だ。US王者はアメリカ出身であるべきなんだ。」
突然、コフィがミズに襲いかかる。そしてベルトを取り返して、立ち去る。

2.ミズvs.エヴァン・ボーン
(試合最後)ボーンのシューティングスタープレス。しかしミズがよける。ボーンは着地するが、ミズにスカルクラッシングを決められてピン。
【Winner:ミズ at 5:25】

■バックステージ:コーディとテッドがいる。そこへオートンがやってくる。
オートンはシナとの王座戦調印式の際には介入するなと指示を出す。今夜は休むようにと言う。

■Tonight:セドリックvs.チャボ。

■Hell in a Cellのテーマ曲はSkilletの”Monster”。

■リング上に調印式のセットが用意されている。キングがリングに上がり、Hell in a CellのWWE王座戦について紹介。「挑戦者であり、元WWE王者のランディー・オートンだ。」
オートンが入場する。先週シナとバティスタに挟み打ちにされたシーンがリプレイされる。
オートンがイスにかける。
キング「彼の対戦相手、現WWE王者のジョン・シナだ!」
シナは大歓声で迎えられる。
キング「今夜はお互いに触れてはならない。
オートンが最初にサインをする。そしてマイクを持ち、キングにリングを出ろと言う。
オートン「お前は俺をすべて理解したつもりになっているが、間違っている。俺は今まで以上に危険だ。俺のベルトを取り戻すためなら何をしても構わない。お前はHIACで戦ったことがない。だが俺は何を覚悟したらいいか分かって、勝つために何が必要かを知っている。同じようにはならないぞ。」
シナが立ち上がる。キャップを観客席に投げ込む。
シナ「あぁすまない。何を言っているのか聞き取れなかった。お前がBreaking Pointで何を言ったのか思い出させてやる。」
シナはBreaking Pointからオートンが降参したシーンを流す。”I Quit”の部分が繰り返し再生される。
オートン「冗談じゃない。」
シナ「お前はすでに冗談を言っている。ファンはお前が何をして、何を言うことになるか分かっている。お前はBPで俺を拷問のように痛めつけた。だが俺は生還した。HIACの世界にはそんなチャンスはないに違いない。」
シナが書類にサインする。
シナ「この試合は決定だ。もしお前が勝てないなら、それが最後のチャンスとなる。それ以上リマッチはない、それ以上タイトルマッチは行わない。そしてお前は何も得ない。」
シナはオートンへの挑発を繰り返す。
オートン「俺はWWEに入って以来、お前の傲慢さにはうんざりしている。俺は今お前を地獄に落としたがっている2人の男を見つけた。」
ここでジェリコ&ビッグショーのテーマが流れる。二人がリングに入ると、オートンは場外に出る。ビッグショーがイスとテーブルを場外に投げ落とす。そしてシナを二人がかりで襲う。MVPとヘンリーが助けにやってくる。
トロンにセドリックが登場。「いいアイディアがあるぞ。今夜お前ら全員で戦うんだ。6人タッグマッチだ。」

●先週のディーバ王座#1コンテンダー戦のリプレイ。アリシアがキムに勝利。

■リリアンがアリシアを紹介。既に実況席の横のイスに座っている。

3.ミッキー・ジェームスvs.ベス・フェニックス
ミッキーが場外のベスにダイブ。そして実況席のアリシアを挑発する。アリシアに気をとられたベスがミッキーを攻撃。鉄柱に背中を打ち付ける。そしてリングに戻ってインプラントバスターを決めて3カウント。試合後、アリシアがリングに入り、ミッキーにシザーズキック。ベルトにキスをしてミッキーのもとに置く。
【Winner:ベス at 1:01】

●ECWの宣伝。ライダーがクリスチャンに挑戦。

4.コフィ・キングストンvs.ジャック・スワガー
試合途中、ミズがやってきてベルトを持ち出す。スワガーがそれを追いかけて背後からクローズライン。今度はスワガーがベルトを持って、バックステージへ帰っていく。
【Winner:コフィ via count out(アナウンスはなし)around 1:45】

■Tonight:シナ&MVP&ヘンリーvs.オートン&ジェリコ&ビッグショー

5.チャボ・ゲレロvs.セドリック・ジ・エンターテイナー
最初にチャボが入場。その後リリアンが特別レフェリーとしてサンティーノ・マレラを紹介する。そして対戦相手のセドリックを紹介する。セドリックはマントを羽織って、赤と白のロングタイツを履いている。キングのコスチュームに似ている。セドリックはリング上でルチャドールのマスクをつける。その上に帽子をかぶる。チャボはセドリックの帽子を奪い、下に落として踏みつぶす。セドリックが場外へ。リングの下にもぐる。チャボが反対側から出てくると予想して、静かに待ち伏せる。マスクドセドリックがリング下から出てくる。しかし明らかに身長が高くなり、筋肉もあり、別人。チャボを担ぎあげ、リングにいれる。クローズライン。ショルダースロー。マレラも驚いている。コーナースプラッシュ。ロープワークをして再びリングの下にもぐる。今度は小さくなったマスクドセドリック(ホーンスワグル)が登場!コーナーからオタマジャクシスプラッシュ。リングに戻ってフォール。3カウント。試合後、入れ替わりのメンバーが登場。3人でリング上でダンス。ビッグセドリックの正体は明らかにされず。
【Winner:セドリック at 4:11】

■来週のゲストホストはアル・シャープトン。

■実況陣がHell in a Cellの宣伝。現在決定しているカードを紹介する。さらにコフィvs.ミズvs.スワガーの3way戦が決まったとアナウンスする。

■バックステージ:セドリックがケリーと話をしている。
そこへジェリコがやってきて話かける。しかしセドリックはケリーとの話を続けようとする。さらにビッグショーがやってきて、セドリックを「話す必要がある。」と言う。
セドリックはため息をついて「分かった」と言う。

■キングがマイクを持ってリングサイドに立っている。「今夜は一人のWWEディーバの最後の夜だ。10年以上に渡ってWWEを支えてくれたリリアン・ガルシアに感謝したい。」
リリアンがリングに立っている。既に目に涙を浮かべている。
リリアン「10年前WWEと契約を結んだとき、私はどんな冒険が待ち受けているのかまったく分からなかった。」
リリアンは9.11の後や、海外で米軍兵士に向けて、国歌を歌った経験について話す。そしてWWEクルー、アナウンサー、そしてスーパースターズに感謝の言葉を述べる。
「WWEの歴史ですばらしい試合の数々の試合をコールさせてもらったことを誇りに思う。ファンを楽しませることができたのは最高の誇りよ。そして皆さんの愛、サポートに感謝したい。私はあなたたちがとても恋しいわ。だけど私のハートはいつもリングに残っているわ。愛しているわ、みんな。ありがとう!」
リリアンは涙を流し、時に言葉を詰まらせながら、ファンに別れを告げる。観客から”Thank you, Lillian”チャントが起こる。

■オートン、ジェリコ、ビッグショーがリングにいる。ジェリコがマイクを持つ。ジェリコはオートンに向かって話し始める。「お前がそうであるように俺たちはシナが嫌いだ。俺はセドリックと話をした。もし俺たちが負ければ、来週お前はシナ、MVP、ヘンリーとガントレットマッチで戦うことになる。」
ビッグショー「俺たちが勝てば、シナはオートン、ジェリコ、そして俺と戦うことになる。」

6.ジョン・シナ&MVP&マーク・ヘンリーvs.ランディー・オートン&クリス・ジェリコ&ビッグショー
(試合最後)MVPが捕まる展開。なんとかヘンリーにタッチ。MVPはそのまま場外に倒れる。ヘンリーがヒールタッグを圧倒する。カットに入ったビッグショーをシナが担ぎあげ、場外に落とす。ジェリコがヘンリーの足にチョップブロック。そしてシナを場外へ。オートンがヘンリーにRKO。ここで3カウント。
【Winners:オートン&ジェリコ&ビッグショー at 8:15】

-番組終了-
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

リリアンのスピーチは感動的だなぁ・・・ 寂しくなるなぁ・・・ サンキュー! リリアン!
【2009/09/22 18:05】 URL | sea #SFo5/nok [ 編集]


リリアンのtwitterにRAWのDIVAたちで作ったケーキがUPされてますね。ケリーケリーが真ん中になっちゃてますが(笑)
サンキューリリアン!!
【2009/09/22 21:31】 URL | 1000 #- [ 編集]

Re: タイトルなし
リリアンの挨拶のシーンを映像で見たのですが、とても切ない気持ちになりました。
RAWといえばリリアンのアナウンスが頭に思い浮かぶほど、彼女の存在は偉大でした。
ある意味、レスラー以上に番組の顔だったと思います。
新たな人生のスタートを切ったのは喜ばしいことであり、私たちファンも応援しなければなりませんね。
またいつか特別出演で構わないので、番組に登場してほしいものです。
Thank you Lilian!!
【2009/09/25 23:05】 URL | 管理人 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://hotwatersupply.blog42.fc2.com/tb.php/1057-8ca1e226
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

管理人

Author:管理人
給湯室へようこそ!

WWEの現地リアルタイムの話題を扱うブログです。
現地情報が知りたくない方は注意してください。
皆様からのWWE情報もお待ちしています。

現在は更新停止中です

基本的にリンクフリーです。相互リンクも募集中。
twitterやってます @hotwatersupply



カテゴリー



最近の記事



最新DVDはこちら!!



Amazonの商品を検索



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



月別アーカイブ



カウンター



ブログランキング

ブログランキングに参加しています。 クリックお願いします。



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。