WWE:給湯室
WWEの現地リアルタイムの話題を扱うブログ。試合結果の詳報、ニュースを分かりやすくお伝えします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現地10/20 SmackDown結果
現地10/20のSmackDownの収録結果です。
現地の試合結果を知りたくない方は注意してください。


*Dark Match
-ジミー・ワン・ヤンdef.ヒース・スレーター

スレーターに対して”Who are you?”チャント。ヤンがムーンサルトを決めて勝利。

*Superstars
1.トミー・ドリーマー&ゴールダストdef.エゼキエル・ジャクソン&ウラジミール・コズロフ

ゴールダストがコズロフからピン。試合後、エゼキエルとコズロフがドリーマーとゴールダストを攻撃する。

2.ドリュー・マッキンタイア&エリック・エスコバルdef.マット・ハーディー&R-トゥルース

*SmackDown
■クリス・ジェリコが登場。ヒールとして大ブーイングを引き起こす。Bragging Rightsについて話す。レイ・ミステリオ&バティスタvs.クリス・ジェリコ&ケインが今夜行われると発表する。
クライムタイムのテーマがヒット。JTGが登場。観客が歓声を送る。JTGはジェリコがミステリオとバティスタを倒すと発言したことをからかう。
ジェリコ「お前のパートナーはどこにいるんだ、JTG?捕まったのか?」
そこへ「Excuse me!! Excuse me!!」という声が会場に響く。ヴィッキーが登場して、エリック・エスコバルを紹介する。
ジェリコ、JTG、エリックの3人が口論を始めると、今度はドルフ・ジグラーが登場する。観客からは「Mr.イジクル」チャント。ジグラーはJTGをからかって、さらに自分がチームを勝利へ導くを言う。JTGはジグラーがタイトルマッチで負け続けていることを指摘して、「お前は勝利というものが何かしっているのか?お前のことはMr.負け犬と呼ぶべきかもしれないな。」
ここでドリュー・マッキンタイアが登場してアピールする。
さらにケインが登場する。「誰も俺のチームで戦うのにふさわしくない」と言う。
ジェリコ「価値あるチームなのか見るために5対5の試合を行う。シャドが“病欠”なので、試合は4対5で行う。もし俺のチームのメンバーが相手チームに負けたら、5人全員チームから追放し、対戦相手の5人が代わりにチームに加入する。」

1.エリック・エスコバル&JTG&ドリュー・マッキンタイア&ドルフ・ジグラーvs.ハート・ダイナスティ&フィンレー&マット・ハーディー&R-トゥルース
8分程度の試合。フィンレーが棍棒攻撃を決めたあと、マットがJTGにツイストオブフェイトを決めて勝利。マットの勝利に大歓声が送られる。これによってチームSDのメンバーは、ジェリコ、ケイン、マット、フィンレー、ハート・ダイナスティ、R-トゥルースに。

■バックステージ:CMパンク、テディ・ロング、レフェリーのスコット・アームストロングが話をしている。アームストロングは今回は関わりたくないと言って歩いていこうとするが、そこへビンスがやってくる。アームストロングはとてもナーバスになっている。

2.ジョン・モリソンdef.マイク・ノックス
3分程度の試合。モリソンがスターシップペインを決めて勝利。試合後にモリソンがマイク。「ミズはマイケルズやマーティ・ジャネッティにことを気にかけているが、お前が心配すべきなのはただ一つ。金曜夜の喜び、セクシーの導師、ジョン・モリソンだ。」

■バックステージ:ジェリコとケインが新たなチームメンバーと会う。
トゥルースは「俺はジェリコが嫌いだが、尊敬をしている。」と言う。トゥルースは新たなキャッチフレーズを言う。

■バックステージ:ミッキー・ジェームスとミシェル・マクールが口論をしている。ミッキーは王座を狙っていることをアピール。さらにメイ・ヤング、ベス・フェニックスが登場。ベスとマクールも口論になる。ヤングがマクールに何か言って、ビンタ!

■バティスタとミステリオがバックステージで話をしている。

3.バティスタ&レイ・ミステリオdef.クリス・ジェリコ&ケイン
7分程度の試合。ミステリオがケインのチョークスラムの体勢に捕まるが、バティスタがケインにスピアーを決めて勝利。

■バックステージ:パンクとテディがアームストロングとビンスの様子を見守っている。ビンスはソファにかけている。ビンスはWrestleManiaについて話し、今夜正しいことをすればアームストロングの父親を来年殿堂入りさせてやるかもしれないと言う。

4.ミッキー・ジェームスvs.レイラ
ミッキーがチックキックで勝利。ミッキーに大歓声が送られるが、試合の間は観客が静まり返っている。試合が終わると再びミッキーに歓声。

●キャプテン・ルーの追悼ビデオ。

■実況陣がBragging Rightsのカードを紹介する。

■パンクの入場曲で、パンク、テディ、アームストロングが一緒に登場する。

5.アンダーテイカーdef.CMパンク -世界ヘビー級王座戦:サブミッションマッチ-
パンクがイスを使おうとするまでは、試合はクリーンに進む。アームストロングはイス攻撃を止めない。しかしテイカーがブロック。テイカーがアームストロングにチョークスラム。そしてテディを睨みつける。パンクがりカバー。テイカーの背中にイス攻撃。さらに頭へ一撃。パンクがフォールに行くが、レフェリー不在。テディが別のレフェリーを呼んでカウントをとらせる。しかしテイカーが回復。ヘルズゲートを決める。パンクがもがいて、なんとかロープへ。しかしすぐにもう一度ヘルズゲートに捕まってしまう。パンクはすぐにタップアウト。9分ほどの試合。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

いつもお世話になっております
サブミッション戦ってチェアショット普通にOKですよね?
【2009/10/22 15:40】 URL | ネットで稼ぐWWEファン #- [ 編集]

Re: タイトルなし
凶器攻撃は反則であったと思います。
Breaking Pointでは「サブミッション+何か」という形式が多かったので凶器もありましたが、基本は禁止なのではないでしょうか?
【2009/10/24 11:07】 URL | 管理人 #- [ 編集]


返事が遅くなってすいません
凶器攻撃はいけなかったのは初めてです。
エクストリームルールズで行われた試合形式だから何でもありだと思ってました
【2009/10/31 16:32】 URL | ネットで稼ぐWWEファン #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://hotwatersupply.blog42.fc2.com/tb.php/1083-efacf871
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

管理人

Author:管理人
給湯室へようこそ!

WWEの現地リアルタイムの話題を扱うブログです。
現地情報が知りたくない方は注意してください。
皆様からのWWE情報もお待ちしています。

現在は更新停止中です

基本的にリンクフリーです。相互リンクも募集中。
twitterやってます @hotwatersupply



カテゴリー



最近の記事



最新DVDはこちら!!



Amazonの商品を検索



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



月別アーカイブ



カウンター



ブログランキング

ブログランキングに参加しています。 クリックお願いします。



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。