WWE:給湯室
WWEの現地リアルタイムの話題を扱うブログ。試合結果の詳報、ニュースを分かりやすくお伝えします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現地10/26 RAW結果
現地10/26のRAWの結果です。
現地の試合結果を知りたくない方は注意してください。


●Bragging Rightsから番組対抗戦のリプレイ。ビッグショーの裏切り。シナとオートンのアイアンマンマッチ。

■アリーナ。実況陣が喋り始める。キングは昨日RAWが負けたため眠れない夜を過ごしたらしい。
クリス・ジェリコとビッグショーが入場。ジェリコはSmackDownのシャツを着て、Bragging Rightsのトロフィーを持っている。
ビッグショー「昨夜、俺はすべきことをしたんだ。だが俺はそれでもRAWのロッカールームのメンバーは誇りに思っている。」
観客からブーイング。
ジェリコ「ショーはファンに対して何故あのようなことをしたのか言い訳をする必要はない。」
ビッグショーが話し始めるが、すぐにジェリコが遮ってしまう。
ジェリコ「ショーはDXを終わらせた。DXの圧制を終わらせるためにHHHの顔を殴ることは正しいことだった。俺は誇りに思う。」
ビッグショーが再び話そうとするが、ジェリコは会話を続ける。ジェリコは自分が天才だから、ショーの助けなしでもSmackDownは勝っていただろうと話す。
ビッグショーがジェリコの話を遮る。「Bragging Rightsでしたことは俺自身のためだ。タッグ王座より重要なものが一つある。俺のキャリアだ。俺はテディ・ロングにアンダーテイカーの持つ世界王座への#1コンテンダーにするように言った。」
ビッグショーのSurvivor Seriesでの挑戦が決まったらしい。ジェリコが怒りだす。二人が口論を始めると、2台のNASCARの車が駐車場を走りまわる。そしてアリーナへと入ってくる。車にはWWEのラッピングがしてある。

■今夜のゲストホスト、NASCARドライバーのカイル・ブッシュ、ジョーイ・ロガーノがベラツインズと一緒に車から出てくる。
カイル「俺は大のWWEファンだ。RAWに出演できることを誇りに思うよ。ファンはビッグショーのしたことが好きではないようだ。だが彼は男の中の男だ。物事には理由がある。」
ロガーノ「ビッグショーがしたことは問題だ。そしてあまり印象的ではなかった。」
ビッグショーはカイルに向かって、「お前の友人にリスペクトするということについて教えてやれ。」と言う。
カイル「ジョーイはチャンピオンシップがどんなに価値のあるものか分かっていないんだ。」
カイルは今夜の会場のバッファローを馬鹿にした発言をする。
ロガーノは今夜の試合を発表。ビッグショーはHHHとシングルマッチ。
カイルがジェリコの対戦相手を発表。「コフィ・ジョンソン…あーキングストンだ。」

1.クリス・ジェリコvs.コフィ・キングストン
(試合中盤から)ジェリコのショルダータックル、ロープに走ったジェリコをコフィがフライングのバックエルボーで迎撃。ジェリコは場外へ。コフィがトペスイシーダ。リングに戻ってコーナーパンチ。ジェリコが持ち上げてパワーボム。両者ダウン。ジェリコが先に立ちあがる。エプロンに立ったコフィに三角飛びドロップキック。ここでCM。
CM明け。ジェリコが変型のスリーパーを決めている。コフィが立ち上がってパンチで脱出。ジェリコのキッチンシンクを丸めこみで返す。ジェリコも立ち上がってすぐにクローズライン。2カウント。コフィが打撃で反撃。ジェリコのブルドッグも突き飛ばして回避。ダブルチョップからゼロ戦キック。フライングフォアアーム。Wレッグドロップ。しかしすぐにジェリコが足をとってウォールオブジェリコを狙う。これはコフィが返す。ジェリコがエンズイギリ。2カウント。ジェリコのコーナー攻撃をかわして、コフィがキック。トップロープに上がるが、ジェリコに捕まってしまう。スーパープレックスはコフィがこらえて、ジェリコを逆に投げ落す。クロスボディ。2カウント。ラシアンレッグスイープ。トラブルインパラダイスを狙うが、ジェリコがキャッチ。ウォールオブジェリコに行くが、コフィが丸めこむ。2カウント。立ち上がったところをジェリコがコードブリーカー。フォールに行くが、コフィがロープに足をかけてエスケープ。ジェリコは勝ったと勘違いしていたため、レフェリーに詰め寄る。ジェリコが振り返ったところでコフィがトラブルインパラダイス。ここで3カウント。
【Winner:コフィ at 13:37】

■コフィがファンと一緒に勝利を喜びながら退場する。突然背後からオートンが襲撃!オートンは倒れたコフィを睨みつけている。会場からはシナチャント。レフェリーがコフィの容態をチェックする。

●Tonight:ビッグショーvs.HHH。

●SmackDownの宣伝。Bragging Rightsからバティスタとミステリオの対立シーンのリプレイ。

■バックステージ:オートンが歩いている。そこへマシューズがやってきて、コフィ襲撃の件についてインタビューをする。オートンは昨夜コフィが試合に乱入したと指摘し、そのせいで負けたと非難する。
コーディとテッドが現れる。二人はオートンのために、オートンの肖像をラッピングしたNASCARカーを用意している。オートンは信じられないと言う。しかし笑顔は見せずにじっくりと車を見つめる。
テッド「ミリオンダラーマンの息子にはなんてことはない。最近俺たちは問題を抱えていたが、これが感謝のしるしだと考えてくれ。あんたに対して別のサプライズがある。WWE王座がレガシーに戻るのは時間の問題に過ぎない。」
しかしオートンは車に夢中で全然聞いていない。

■バックステージ:ロガーノ、カイル、イブが話をしていると、ジャック・スワガーがやってくる。スワガーが自己紹介。
ロガーノ「何が望みだ?」
スワガー「今夜WWE王座をかけてジョン・シナと戦いたい。」
ロガーノとカイルは自分たちがジョン・シナの次の相手をブッキングすると言う。
スワガーは自分ことをアピールするが、今度はミズがやってくる。ミズは昨夜RAWで勝利し唯一の男だとアピール。「タイトルマッチに値するのは俺だけだ。Survivor Seriseでシナを倒してやる。なぜなら俺はミズ…」
ミズはイブの手をとり、手の甲にキス。イブは不快な表情を見せる。

■バックステージ:メリーナとマレラが歩いている。パパラッチに囲まれている。

●シェーマスのプロモ。今夜、RAWデビュー!

2.メリーナ&サンティーノ・マレラvs.ジリアン・ホール&チャボ・ゲレロ
マレラは今日はメリーナの開脚リングインに挑戦せず。開脚の代わりに腕を広げる。チャボとマレラでスタート。チャボは完全にマレラを馬鹿にしている。マレラがパンチで反撃。ショルダースロー。バックエルボー。敬礼式のチョップはよけられる。チャボのアッパーカット。マレラも側転で対抗。開脚してチャボの攻撃をかわす。手で鳥のくちばしをつくってチャボをつつく。チャボはジリアンにタッチ。マレラはジリアンにも同じ攻撃をしようとするが、逆にビンタ。メリーナにタッチ。メリーナとジリアンの攻防。ここでホーンスワグルがマイケルズの帽子をかぶって登場する。チャボがそれに気をとられている。メリーナがカサドーラ。これはジリアンの受けが悪くて、不完全な形。ロープに足がかかったためレフェリーがカウントをとらず。メリーナが開脚式ファイナルカットを決めて勝利。これもジリアンの受けが悪かったが、ここで3カウント。試合後、ホーンスワグルがリングに上がってマレラ、メリーナと一緒に勝利を喜ぶ。ホーンスワグルはDXチョップ。ここでスーツを着た男がやってきて、緑色の封筒を渡す。ホーンスワグルは中身を確認。落ち込んだ顔をして実況席へ行き、キングのヒザの上に座って、封筒の中身を見せる。キングがその文書を読み上げる。どうやらDXからのメッセージで、もうDXのような格好をするなという内容のよう。ホーンスワグルは動揺している。
【Winner:メリーナ&マレラ at 2:37】

■バックステージ:シナが歩いている。

●Bragging Rightsからシナvs.オートンのアイアンマンマッチの静止画。

■ジャスティン・ロバーツが新WWE王者ジョン・シナを紹介する。しかし流れたのはレガシーのテーマ。テッドとコーディがリングにやってくる。
コーディ「The champ is not here!」
テッド「オートンがこれ以上WWE王座をかけて戦うことができないので、俺たちがレガシーにWWE王座を取り戻してやる。俺たちはゲストホストに余暇を求めていない。何故なら俺たちは今すぐにここで王座に挑戦したいからだ。シナにガッツがあるなら、俺たちの一人あるいは二人とのハンディキャップマッチを受けるはずだ。」
ジョン・シナのテーマがヒット!シナは大歓声で迎えられる。シナは昨日のアイアンマンマッチについて話す。そして次期挑戦者について話しだす。シナはテッドとコーディを見て退屈なふりをする。そしてまだ二人はそれに値しないとアピールする。
シナは自分がNASCARのファンであり、カイルとロガーノと話をしたと言う。そして今夜レガシーの対戦相手を決定したと明らかにする。
MVPのテーマが流れ、MVPとヘンリーが登場する。

●WrestleMania 26のプロモ。チケット発売まで12日。

●ECWの宣伝。ヨシ・タツがECW王座に挑戦。

3.マーク・ヘンリー&MVP vs.コーディ・ローデス&テッド・デビアス
CMが明けると既に試合が始まっている。(試合最後)MVPのボールインエルボー。コーディがカットに入って2カウント。ヘンリーに入ってコーディにヘッドバット。MVPがロープに走って、ヘンリーのクローズラインのアシストを受けてテッドにサンセットフリップ。ここで3カウント。
【Winners:ヘンリー&MVP at 4:48】

■ヘンリー、MVPが退場すると、オートンのテーマがヒット。
オートン「ゲストホストはジョン・シナへの挑戦者を探しているそうだ。昨夜の試合について口約束があったのは理解している。だが俺はそれを気にしていない。俺は元王者だ。再試合の権利は与えられるべきだ。俺のベルトを取り戻すためにこの件を理事会に持っていく。」
コフィがトロンに登場する。「誰もお前の話を聞きたがっていない。」
オートンは怒って、「面と向かって言ってみろ。」と言う。
コフィ「すでにそうなってるぜ。」
コフィの足元が映し出される。コフィはオートンのラッピングカーのボンネットに描かれたオートンの顔の上に立っている。
オートンは激怒。コフィはどれくらい強度があるのか見せてやると言って、車を壊し始める。ローラー付きのボックスを車に衝突させ、車のキーでペイントをはがし、さらにバールでボンネットやフロントガラスを叩き割る。そしてとどめに、バケツに入ったオレンジのペンキを車にぶちまける。
オートンはショックを受けている。

●ECWの宣伝。クリスチャンvs.ヨシ・タツ。

■ゲストリングアナとしてイブ・トレスが登場。次の試合をアナウンスする。

4.ミズvs.エヴァン・ボーン
試合の途中、ジャック・スワガーが登場。「誰もミズの試合なんか見ちゃいない。ファンが見ているのはイブだ。」リングサイドに座るイブに話しかける。「イブは俺のことを見ているんだ。全米王者のこの俺の姿が彼女の目に映っているんだ。」
ミズが場外に出て、スワガーに文句を言う。レフェリーが場外カウントをとる。二人は睨みあう。そこへボーンが二人へプランチャ。両者ダウン。ボーンはすぐにリングに戻るが、ミズは戻れない。10カウントが数えられ、ボーンが勝利する。
【Winner:ボーン via count out at 4:16】

■来週のゲストホストはオジー&シャロン・オズボーン。

■リングにはジェイミー・ノーブルがいる。トロンにカイルとロガーノ、ベラツインズが登場する。そしてノーブルの対戦相手はシェーマスであると発表する。

5.シェーマスvs.ジェイミー・ノーブル
一方的な試合。観客は静まり返っている。バックブリーカーからの顔面蹴りで3カウント。
【Winner:シェーマス at 2:15】

●SmackDownの宣伝。

●Bragging Rightsの番組対抗戦のリプレイ。ビッグショーが裏切って、HHHをパンチ。

6.HHHvs.ビッグショー
HHHはDXとしてマイケルズと一緒に入場する。ゴング。HHHがマイクを要求する。ゲストホストと話して、ランバージャック戦に変更になったと言う。そしてランバージャックは昨夜ビッグショーにはめられたRAWのロスターだと言う。ジェリコはRAWのメンバーが来ると、トロフィーを持って観客席へと逃げていく。今度はマイケルズがマイクを持つ。この試合はNo DQ戦だと発表。さらにスペシャルゲストレフェリーを用意したと言う。ジョン・シナのテーマがヒット!シナがレフェリーシャツで登場する。ビッグショーがHHHに向かって殴りかかるが、よけられる。ビッグショーは場外に転落。ここでCM。
(試合終盤)ビッグショーがリバーススプラッシュを決めるが、シナがカウントしない。シナは手首を痛めている素振りを見せる。ビッグショーが詰め寄る。ビッグショーが振り返ったところをチャボとノーブルがWドロップキック。さらにミズ、スワガー、ヘンリーがコーナー攻撃を決める。よろけたビッグショーにMVPがビッグブート。ボーンがシューティングスタープレス。さらにマレラが入って攻撃しようとするが、逆にチョークスラムを喰らってしまう。しかしコフィがトラブルインパラダイス。そしてシナがアティチュードアジャストメント。マイケルズが入って、足を踏み鳴らす。リングサイドでRAWのロスターがリングマットを叩く。スウィートチンミュージック。最後にHHHがペディグリーを決めてピン。観客は大歓声。シナとDXが握手を交わす。
【Winner:HHH at 14:16】

■試合後、カイルとロガーノがステージに登場する。
カイル「俺たちは今夜ずっとSurvivor Seriesでシナ持つ王者に挑戦するのは誰にすべきか考えた。なかなか意見があることはなかった。一人の男に出会うまではなかなか結論が出なかった。」
ホーンスワグルが登場。まだDXの格好をしている。
カイル「トリプルスレットマッチだ。Survivor Seriesでシナvs.マイケルズvs.HHHのWWE王座戦だ。」
3人は驚いて顔を見合わせる。シナは少し警戒した表情を見せる。

-番組終了-
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://hotwatersupply.blog42.fc2.com/tb.php/1087-57429440
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

管理人

Author:管理人
給湯室へようこそ!

WWEの現地リアルタイムの話題を扱うブログです。
現地情報が知りたくない方は注意してください。
皆様からのWWE情報もお待ちしています。

現在は更新停止中です

基本的にリンクフリーです。相互リンクも募集中。
twitterやってます @hotwatersupply



カテゴリー



最近の記事



最新DVDはこちら!!



Amazonの商品を検索



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



月別アーカイブ



カウンター



ブログランキング

ブログランキングに参加しています。 クリックお願いします。



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。