WWE:給湯室
WWEの現地リアルタイムの話題を扱うブログ。試合結果の詳報、ニュースを分かりやすくお伝えします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現地11/22 Survivor Series
現地11/22のSurvivor Seriesの結果です。
現地の試合結果を知りたくない方は注意してください。


●過去のSSの映像を交えながらオープニング。そして今夜の対戦カードが紹介される。

■ジャスティン・ロバーツが伝統のサバイバー戦のルールを説明する。コール、キング、ストライカーが実況。今夜はグリシャムはいない様子。

1.チームミズ(ミズ&ドルフ・ジグラー&ジャック・スワガー&ドリュー・マッキンタイア&シェーマス)vs.チームモリソン(ジョン・モリソン&マット・ハーディー&エヴァン・ボーン&フィンレー&シェルトン・ベンジャミン) -Survivor Series match-
ボーンとスワガーでスタート。スワガーがタックルをしかけるが、ボーンがかわしていく。ボーンが素早い丸めこみに行くが、2カウント。スワガーはスープレックスで返していく。ジグラーにタッチ。スナップメアから首を絞め上げる。コーナーに振ると、ボーンがキックで反撃。しかしジグラーもすぐに変型スープレックスで返す。ジグラーの一連のエルボー攻撃。エルボーパッドを外して、ハイエルボーを落としていく。2カウント。再びスワガーにタッチ。フロントフェイスロック。その後もう一度ジグラーに戻す。スワガーがフラップジャック。しかしボーンがカウンターのヒザをスワガーにいれる。ジグラーがボーンをテイクダウンと。逆片エビ固め。ボーンはロープにエスケープ。トップロープからのラナとランニングニーを決めて、マットにタッチ。マットはトップロープからのエルボー。サイドエフェクト。もう一度ボーンにタッチして、エアボーン!ここで3カウント。
*ジグラーがエリミネイト@3:58
マッキンタイアが入る。ボーンにダブルアームDDT。すぐにピン。
*ボーンがエリミネイト@4:12
フィンレーがリングイン。リングを一掃するが、マッキンタイアも反撃。シェーマスにタッチ。シェーマスはリングに入って、フィンレーを睨みつける。フィンレーの一瞬の隙を突いて、シェーマスのビッグブート。
*フィンレーがエリミネイト@5:14
マットが入る。早いパンチからコーナーに送って、フォアアーム。シェーマスはコーナーホイップを振り返すも、コーナー攻撃はミス。マットがサイドエフェクトを狙うが、これは防がれる。シェーマスがサイドスラムで返す。2カウント。シェーマスはエルボードロップを連発。2カウント。ミズにタッチ。コーナーでバックエルボーを打ち込んでいく。スクープスラムからレッグドロップ。2カウント。ミズのチンロック。マットが反撃しようとするが、ネックブリーカーを喰らってしまう。フロントフェイスロック。マットが再び反撃。ラシアンレッグスイープ。2カウント。ミズがスワガーにタッチ。タッチしようとするマットを妨害。マットはコーナーで反撃を試みるが、スワガーにロープに体を押し付けられ、背中にエルボー。スワガーのチンロック。マットは再びエスケープ。ネックブリーカーを決める。モリソンにタッチ。ランニングキック。2カウント。コーナーホイップは振り返されて、激しく体を打ち付ける。スワガーのランニングベイダーボム。しかしミス。モリソンはミズをエプロンで攻撃。スワガーはオクラホマスタンピードを狙うが、モリソンがそれを返してチャックキック。フォールに行くが、マッキンタイアがカット。リングに全員が入って乱闘。スワガーがガットレンチを狙うが、モリソンがエスケープ。技の狙いあいからモリソンにスナップメア、ランニングニー。ここでスターシップペインを決めてピン。
*スワガーがエリミネイト@12:12
ミズがモリソンの死角をついて攻撃。コーナークローズライン。トップロープからのダブルアックスハンドルは2カウント。ミズのリアチンロック。モリソンはなんとか脱出してベンジャミンにタッチ。ミズはベンジャミンの攻撃をよけるが、ベンジャミンはトップロープに飛び乗って、そのままフライングフォアアーム。コーナースプラッシュ。Tボーンスープレックス。2カウント。コーナーに振るが振り返される。ベンジャミンはブートで迎撃。そのままジャーマンスープレックス。2カウント。シェーマスがレフェリーの見ていないところでベンジャミンの腹にショルダータックル。ここでミズがスカルクラッシングフィナーレを決めてピン。
*ベンジャミンがエリミネイト@14:58
マットが入ると、ミズもマッキンタイアにタッチ。マッキンタイアはショートレンジのクローズライン。2カウント。ヘッドバット。マットをコーナーに振るが、マットがマッキンタイアのチャージをドロップトーホールドで返す。マッキンタイアはターンバックルに衝突。コーナーレッグドロップ。2カウント。ネックブリーカー。トップロープに上がって、ムーンサルトを狙うが、シェーマスが妨害。ダブルアームDDTを決めてピン。
*マットがエリミネイト@17:15
モリソンが入る。マッキンタイアがモリソンを攻めたて、シェーマスにタッチ。タッチの際にシェーマスのブートにモリソンの顔を当てていく。マウントパンチ。ミズにタッチ。ミズのパンチをモリソンがブロック。モリソンの反撃を返して、シェーマスに戻す。シェーマスはモリソンをコーナーに追い込む。モリソンも反撃。エプロンにいるミズを倒してシェーマスにチャックキック。しかしシェーマスがこれのカウンターでビッグブートを決める。ケルティックボムを決めてピン。
【Winners:チームミズ(ミズ、シェーマス、マッキンタイア) at 20:55】

■バックステージ:チームコフィのメンバーが話をしている。クリスチャンが何か言いたそうにしている。メンバーは何かおかしいのかと尋ねる。
クリスチャン「俺たちの間には違いがある。だがお前らがそれに気づいているかということだ。」
ヘンリーはクリスチャンの話を遮る。「俺たちは一つのチームだ。それは問題ではない。」
クリスチャン「俺はECWからきた唯一の男だ。」
コフィ「それが何か関係あるか?」
クリスチャン「俺がカナダ人だからと言うと思ったか?」
クリスチャンはトゥルースにお前は「すばらしいラッパーだ。」と話しかける。トゥルースは何も準備していないと言うが、「俺らのうち4人は黒人だ、俺らのうち1人は白人だ、ワッツアップ!?」
クリスチャンは一緒に戦おうと言って、歩いて行く。

●バティスタとミステリオの抗争を振り返るビデオ。

2.バティスタvs.レイ・ミステリオ
序盤からミステリオは何度も619を狙うも、すべてバティスタに防がれてしまう。ミステリオの足をキャッチしてバティスタボムの体勢へ。それをエスケープしたミステリオがバティスタを場外に落とす。バースボールスライド。さらにエプロンからのランニングセントーン。リングに戻ってついに619を決める。2カウント。ミステリオはコーナーからフロッグスプラッシュを狙う。これには一部からブーイング。バティスタはヒザでこれを迎撃。そのままスピアー、バティスタボム。観客はバティスタに歓声を送る。バティスタはミステリオを睨みつける。エルボーパッドを外し、2発目のバティスタボム!観客から”One more time”チャントが発生。ミステリオはもう動かない。そしてバティスタは3発目のバティスタボム。ここでレフェリーはミステリオが続行不能だと判断し、ストップをかけ、ゴングを要請する。試合後、医療スタッフ、レフェリーが駆けつけて、ミステリオの容態を確かめる。バティスタはイスを持ち出す。ここで大バティスタチャント。バティスタが殴らずにイスを置くと、ブーイング。バティスタはミステリオを助けるかのように体を起こす。そして肩に担ぐ。そのままリングを出るかと思いきや、イスの上にパワースラム。観客は再び”One more time”チャント。しかしバティスタはそのままリングを出る。ランプの上でリングを振り返る。ミステリオは首を固定されている。
【Winner:バティスタ via referee stoppage at 6:50】

■バックステージ:オートンがロッカールームを歩いている。リーガルに対して「ECW王者になっていると期待していた」と言う。さらにテッド、コーディには「お前たちがWWEの未来であると証明してくれると期待していた」、CMパンクには「ストレートエッジの世界王者であると期待していた」と言う。
パンクは腕を組み、苦笑する。オートン自身がMSGのど真ん中でコフィにしてやられたと指摘する。
テッド、コーディ、リーガルの反感を買うが、オートンがそれを宥める。「今夜お前たちはこれらの罪を帳消しにすることができる。」

3.チームコフィ(コフィ・キングストン&MVP&マーク・ヘンリー&R-トゥルース&クリスチャン)vs.チームオートン(ランディー・オートン&テッド・デビアス&コーディ・ローデス&ウィリアム・リーガル&CMパンク)
オートンとヘンリーでスタート。ヘンリーはコーナーでオートンにスプラッシュ。そしてチームオートンのメンバーを圧倒。オートンにベアハグ。レガシーが入ってきて、ブレイクさせる。ここでオートンが不意打ちのRKO!
*ヘンリーがエリミネイト@0:51
MVPが入る。ロックアップ。オートンが自分のコーナーに押し込んで、コーディにタッチ。コーディはMVPにキックを打ち込む。テッドにタッチ。同じくMVPに打撃で攻めていく。リーガルが入ってMVPを攻めてあと、今度はパンクが出てきてチンロック。MVPがエスケープ。ロープに走ったパンクをオーバーヘッドスローしてトゥルースにタッチ。パンチ連打。ヒップトス。コーナー攻撃をかわすが、コーディが入ってトゥルースを妨害。ここでパンクがG2Sを決める。
*トゥルースがエリミネイト@3:13
クリスチャンが入って、ロックアップ。クリスチャンのクローズライン。2カウント。パンクはスクープスラムで主導権を握り返して、テッドにタッチ。トップロープからのフットスタンプ。パワースラム。2カウント。クリスチャンがキルスイッチを狙うが、テッドのカウンター。それをクリスチャンがサンセットフリップで丸めこんで3カウント。
*テッドがエリミネイト@5:10
リーガルが入るも、クリスチャンのドロップキック。コフィにタッチ。コーナーパンチからキック。2カウント。コーナー攻撃は返される。リーガルはコーディにタッチ。ニードロップをして、再びリーガルに戻す。ヨーロピアンアッパーカットの応酬。リーガルがコフィにフォアアームを決めて倒す。MVPがブラインドタッチ。リーガルがエクスプロイダーを決めるが、MVPがドライブバイキックを決めてピン。
*リーガルがエリミネイト@6:50
コーディがクロスボディで入る。MVPがそれを丸め返す。2カウント。MVPはクリスチャンにタッチ。コーディはクリスチャンのスイングDDTを放り投げる。強烈な腹へのキック。コーディのボディシザーズ。クリスチャンはジャックナイフで返すが、すぐにコーディのクローズライン。2カウント。オートンにタッチ。連携からのオートンのドロップキック。2カウント。オートンのストンピング。コーディにタッチ。ニードロップをかわされる。クリスチャンはMVPにタッチ。クローズラインの連発。ボールインエルボー。プレイメーカーを狙うが、オートンがリングに入ってくる。MVPはオートンを攻撃するが、振りかえったところをコーディに捕まって、クロスローズ。ここでピン。
*MVPがエリミネイト@10:10
コフィがコーディを背後から丸めこむ。2カウント。クリスチャンにタッチ。コーディの腕を決めて、すぐにコフィに戻す。スタンディングスプラッシュ。2カウント。クリスチャンにタッチ。コーディもボディショットで反撃するが、クリスチャンのキルスイッチが決まる。
*コーディがエリミネイト@11:34
オートンとクリスチャン。クリスチャンのアッパーカット。オートンはクリスチャンの攻撃をかわして、ターンバックルに自爆させる。ニードロップ。エプロンのコフィを倒す。スモールパッケージ。2カウント。RKOに行くが、カウンターのキルスイッチ。フォールに行くがパンクがカット。クリスチャンはパンクに反撃。再びオートンを攻撃しようとするが、避けられてリングポストに衝突。そこでオートンがRKO!
*クリスチャンがエリミネイト@13:25
オートンとコフィが睨みあう。しかしオートンはパンクにタッチ。エルボー合戦。コフィんが押し勝つも、パンクはコフィを持ち上げてG2S。しかしコフィがなんとかエスケープ。トラブルインパラダイスを狙うが、パンクに避けられる。コフィのランヒェイ。2カウント。コフィのコーナースプラッシュはミス。パンクのニーストライク。スナップメアからキックコンボ。2カウント。四の字固めを狙うがコフィが逃げる。パンクはスナップパワースラムでコフィを攻めていく。ボディシザーズ。オートンは場外を歩き回っている。コフィもエルボーで反撃。スプラッシュに行くが、ヒザで迎撃される。パンクのファルコンアロー。2カウント。パンクのコーナーでのランニングハイニー。ブルドッグはバックドロップで返される。コフィがトップロープに上がるが、捕まってしまう。パンクはスーパープレックスを狙うが、コフィが突き落とす。ハイクロスボディ。2カウント。飛びつき式のクローズライン。ダブルレッグドロップに行くが、オートンが介入。そこをパンクが丸めこむ。しかしコフィが丸め返して3カウント。
*パンクがエリミネイト@20:43
オートンがコフィを攻めようとするが、カウンターのトラブルインパラダイス!ここでピン。
【Winners:チームコフィ at 20:50】

4.アンダーテイカーvs.クリス・ジェリコvs.ビッグショー -世界ヘビー級王座戦-
テイカーの入場にかかった時間は3分20秒。序盤はジェリコとビッグショーは二人でテイカーを攻める。テイカーはジェリコを場外に引きずり出して倒す。ビッグショーの腹に一撃。ジェリコにブートを狙うが、ジェリコがかわして、テイカーはガードレールに自爆。ビッグショーが復活して強烈な打撃を与える。ジェリコはマイクでテイカーを殴る。二人でリングに戻す。ダブルホイップ。ビッグショーがジェリコをテイカーに投げつける。しかしテイカーがよけて、ジェリコはコーナーポストに誤爆。テイカーはビッグショーにパンチ。飛び込みながらのクローズライン。ビッグショーがダウン。コーナーにいるジェリコに一撃、さらにスネークアイズからのビッグブートを狙うが、ビッグショーがトップロープを引いて場外に落とす。テイカーはビッグショーを鉄階段に投げつける。ジェリコのドロップキックもブロック。オールドスクールは防がれる。ジェリコはテイカーをトップロープにあげ、スーパープレックスを狙う。しかテイカーがジェリコを突き落とす。しかしジェリコは再び立ち上がってテイカーを攻撃。スーパープレックス!2カウント。ジェリコはライオンサルトを狙うが、テイカーがヒザを上げて待ち構える。そこでジェリコは着地してウォールオブジェリコ。テイカーはロープに逃げようとするが、リング中央に戻される。ビッグショーが不満げな表情でやってきて、ジェリコにチョークスラム。さらにテイカーの首を掴む。テイカーはこれをDDTで返す。ジェリコが這いながらテイカーをカバー。2カウント。さらにビッグショーをフォール。2カウント。ジェリコは場外へエスケープ。リング上ではテイカーとビッグショーがボディショットの応酬。テイカーのアッパーハンド。しかしビッグショーに喉を掴まれる。テイカーも逆にやり返す。ここでジェリコがベルトを持ってリングに上がる。テイカーを殴ろうとするが、かわされてビッグショーに誤爆。テイカーはジェリコにビッグブート。2カウント。テイカーはビッグショーを場外に落とす。ジェリコにラストライドを狙うが、ジェリコはベルトをもって、テイカーの頭を殴る。ジェリコはテイカーの上に馬乗りになる。2カウント。もう一度。2カウント。ジェリコはテイカーの喉を掻っ切るポーズの真似をする。ツームストンを狙うが、テイカーが体を返す。ここでビッグショーがテイカーにノックアウトパンチ。フォールに行くが、ジェリコがビッグショーをキック。ジェリコがテイカーをフォール。2カウント。ビッグショーにコードブレーカーを狙うが防がれて、ノックアウトパンチ。ビッグショーは肩のひもを下げ、チョークスラムを狙う。喉を掴まれたテイカーがカウンターでヘルズゲート!ビッグショーがタップアウト。
【Winner:テイカー at 13:37】

■バックステージ:マシューズがシェーマス、ミズ、マッキンタイアにインタビュー。
ミズ「自分がモリソンより優れたリーダーであるということを証明した。」
マッキンタイア「Mr.マクマホンが俺をSDに昇格させて、未来の世界王者と紹介したとき、マクマホンは俺が何をするか分かっていたんだ。」
シェーマス「俺の唯一の後悔は、俺たちの勝利があまりにも簡単過ぎたことだ。新たな対戦相手が欲しい。誰も俺にかかってこないから、俺が所属選手に戦いを持ちかけてやる。」
ミズ「I’m the Miz…and I’m Awesome.」

5.チームミッキー(ミッキー・ジェームス&イブ・トレス&ケリー・ケリー&メリーナ&ゲイル・キム)vs.チームマクール(ミシェル・マクール&ジリアン・ホール&ベス・フェニックス&レイラ&アリシア・フォックス)
ケリーとレイラでスタート。素早い攻防から、ケリーがヒザ攻撃で湯言いに立つ。しかしレイラがコーナーでキックして反撃。1カウント。ケリーが攻撃をかわしてクローズライン。開脚レッグドロップでピン。
*レイラがエリミネイト@1:14
マクールが入る。ケリーはキムにタッチ。キムのドロップキック。ラナを狙うが、マクールがキャッチ。そのままスタイルズクラッシュ。
*キムがエリミネイト@3:05
イブが入るが、すぐにマクールがテイクダウン。ジリアンにタッチ。ジリアンのカートホイールエルボー。2カウント。イブのドロップキックをかわしてジャックナイフ。2カウント。コーナーに振って、ハンドスプリングエルボー。イブがかわしてトップロープからのサンセットフリップを決めて3カウント。
*ジリアンがエリミネイト@3:43
ベスが入ってグラムスラムで瞬殺。
*イブがエリミネイト@3:50
ケリーが入るが、彼女もベスのグラムスラムを喰らってしまう。ここでピン。
*ケリーがエリミネイト@4:10
ミッキーが入り、ベスのヒザにドロップキック。クローズラインをかわして、バックスライド。ここで3カウント。
*ベスがエリミネイト@4:42
ベスはうんざりといた表情。ミッキーにクローズラインを決めて退場。フォックスが入ってフォールに行くが1カウント。ノーザンライトスープレックスホールド。2カウント。フロントフェイスロックはミッキーに返される。ミッキーをコーナーに送る。トップロープにあげようとするが、ミッキーに蹴り落とされる。ミッキーがトップロープからのテーズプレスを決めてピン。
*フォックスがエリミネイト@6:25
マクールが入る。ミッキーにニードロップ。2カウント。スリーパーホールド。ミッキーはなんとかロープに逃げる。ビッグフォアアームで反撃。2カウント。クローズラインを決めて両者ダウン。マクールが立ち上がってエプロンのメリーナを落としてタッチをh据えぐ。ミッキーのキック。メリーナが入ってスピアー。メリーナの攻撃が続く。マクールが反撃しようとするが、メリーナはマトリックスで避ける。マクールもベリートゥベリーで返す。2カウント。ショルダーブリーカーを狙うが、メリーナが返してラストコールを決めてピン。
【Winner:チームミッキー(ミッキー&メリーナ) at 10:42】

■バックステージ:グリシャムがバティスタにインタビュー。バティスタはレザージャケットを着ている。「ミステリオに恥をかかせた。俺もあいつのせいに恥をかかされたからな。」
短く答えて歩いて行く。

6.ジョン・シナvs. HHH vs.ショーン・マイケルズ -WWE王座戦-
シナが入場すると大歓声。一部ブーイングも混じっている。シナは新作グッズを身につけている。観客の中には早くも新Tシャツを着ているファンもいる。試合開始とともに、マイケルズがいきなりHHHにスウィートチンミュージック。HHHは場外へ。シナは驚いている。シナの攻撃をかわしてマイケルズがチョップ。スピニングネックブリーカー。テーズプレスからさにチョップを売っていく。シナはホイップを振り返してブルドッグ。フィッシャーマン。2カウント。マイケルズも反撃してコーナーに押し込む。もう一度対角コーナーにホイップするがまたも振り返されて激しく背中を打ち付ける。シナがロープに振ると、マイケルズはロープを掴んで堪える。シナのブート。マイケルズを持ち上げてアティチュードアジャストメントを狙う。マイケルズがカウンターのDDT。2カウント。シナへのチョップブロック。もう一発。シナがダウン。フィギュアーフォーを狙う。シナが体を返したのでマイケルズが脱出。チョップとパンチの応酬。シナのフライングショルダータックル。2発目はマイケルズがかわして、シナは場外に落ちる。マイケルズが場外のシナにプランちゃ。マイケルズは実況席の方へ。シナも反撃してマイケルズにAAを狙う。ここでHHHが助けに入る。マイケルズがシナにクローズライン。HHHがマイケルズがテーブル貫通のスパインバスター!HHHはシナをリングに入れる。スパインバスター。2カウント。HHHのパンチ連打。ネックブリーカー。2カウント。シナも反撃しようとするが、すぐに返される。HHHがペディグリーへ。これはシナが返す。HHHをターンバックルにヒットさせる。クローズライン。2カウント。殴り合い。ここはシナが押し勝って、ヒザ攻撃。フライングショルダー。プロトボム。5ナックルシャッフル。AAはマイケルズがカット。マイケルズはシナをコーナーポストに投げつける。シナは場外に落下。HHHとマイケルズが睨みあう。シナが介入しようとするが、またも落とされる。マイケルズの変型アトミックドロップ。チョップ連打、もう一度アトミック。ロープに走るが、HHHのハイニー、ジョーブリーカー。マイケルズもフライングフォアアームで返す。跳ね起きをしてみせるが、HHHがスパインバスター。ペディグリーは後ろに投げ飛ばして逃げる。マイケルズはゆっくりとトップロープに上がる。シナがマイケルズを捕まえる。そしてトップロープからHHHにフェイマサー。しかしHHHに避けられる。今度はマイケルズがシナにフライングエルボードロップ。HHHはマイケルズを場外に落とす。シナがHHHをドロップトーホールド。そしてSTF。HHHはロープへ逃げようとする。マイケルズはシナにクロスフェイス。これはシナが立ち上がってエスケープ。ドロップトーホールドから今度はマイケルズにSTF。マイケルズはなんとかロープに逃げる。そしてカウンターのスウィートチン。さらにHHHにも一発。HHHはシナの上に倒れるがレフェリーは見ていない。マイケルズは場外に倒れる。レフェリーがHHHに気づいてカウント。2カウント。全員ダウン。シナとHHHがゆっくりと立ちあがる。シナはHHHにAA。しかしすぐにフォールに行けない。マイケルズが戻ってくる。二人がHHHに手を伸ばす。2カウントでHHHが肩を上げる。3人が立ちあがる。スィートチンはシナがブロック。HHHはシナにペディグリーを狙うが、マイケルズがHHHにスウィートチン。シナがマイケルズをHHHの上にAA。シナはHHHをフォール。ここで3カウント。シナはファンを指さして勝利を喜ぶ。ベルトを掲げて、リングサイドのナショナルガードに敬礼してみせる。
【Winner:シナ at 21:14】

-番組終了-
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

コフィの勝ちじゃないの?
【2009/11/23 17:05】 URL | ロム #- [ 編集]


ご指摘ありがとうございます。
修正致しました。今後もよろしくお願い致します。
【2009/11/24 13:41】 URL | 管理人 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://hotwatersupply.blog42.fc2.com/tb.php/1108-f39d282d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

管理人

Author:管理人
給湯室へようこそ!

WWEの現地リアルタイムの話題を扱うブログです。
現地情報が知りたくない方は注意してください。
皆様からのWWE情報もお待ちしています。

現在は更新停止中です

基本的にリンクフリーです。相互リンクも募集中。
twitterやってます @hotwatersupply



カテゴリー



最近の記事



最新DVDはこちら!!



Amazonの商品を検索



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



月別アーカイブ



カウンター



ブログランキング

ブログランキングに参加しています。 クリックお願いします。



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。