WWE:給湯室
WWEの現地リアルタイムの話題を扱うブログ。試合結果の詳報、ニュースを分かりやすくお伝えします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現地11/7 RAW結果
現地11/7のRAWの結果です。
現地の試合結果を知りたくない方は注意してください。


●Tonight:マーク・ヘンリーvs.ミズ、クリス・ジェリコvs. DX。

■ジャスティン・ロバーツが今夜のゲストホスト、マーク・キューバンを紹介する。NBAダラス・マーべリックスのオーナー。
キューバンがリングに上がり、ファンに挨拶をする。ゲストホストを務めることに興奮していると話す。彼は今夜TLC前シェーマスとシナの最後のショーダウンを行い、二人が顔をあわせて言葉で戦ってもらうと言う。キューバンが番組の開始を宣言する。

1.ジョン・シナvs.カリート
スタート直後からカリートが打撃のラッシュ。コーナーでストンピング連打。シナがカウンターのアティチュードアジャストメントを狙うが着地して、ドロップキック。コーナー攻撃をショルダータックルで返す。プロトボム。5ナックルシャッフルを狙うが、ここでシェーマスのテーマがヒット!シェーマスがステージに登場。リングサイドで見ていたマーク・キューバンが立ち上がって、ランプへと歩いて行く。セキュリティが走ってきて、キューバンの前に立つ。シェーマスはゆっくり戻っていく。リング上。カリートが反撃をしている。バックスタバーを狙ってシナに飛びつくが、そのまま担ぎあげられる。シナは「見えっこねぇ」のポーズをしてカリートにAA。ここでピン。シナはリングサイドにいるキューバン、ベラツインズとタッチをかわしながら退場する。
【Winner:シナ at 3:03】

●次週のRAWは3時間スペシャル。スラミー賞の発表。ゲストホストはデニス・ミラー。

■ランディー・オートンのテーマがヒット。オートンがテッド、コーディとともに入場する。先週のRAWでコフィをはめて、勝利を奪ったシーンのリプレイ。
オートンは、今夜のチャンピオンシップ・ショーダウンを邪魔してやると言う。オートンはジョン・シナが王者である限りタイトル挑戦できないというルールを解除しろと要求する。しかしリングサイドにいるキューバンはそれを拒否する。「金持ちにはプライドがあるんだ。」
2003年のSurvivor Seriesで、オートンがキューバンにRKOを決めたシーンがリプレイされる。
再び映像を見て、キューバンは不快な顔をする。キューバンはTLCの勝者とオートンが戦うことも否定する。
キューバン「先週はWWEのレフェリーがNBAのレフェリーをひどく、レガシーがコフィを攻撃したときに試合を中止しなかった。オートンはラッキーだった。今夜お前はコフィ・キングストンとリマッチだ…だが俺がレフェリーをやってやる!俺がゲストホストだ!!」
コーディ「オートンはケニオン・マーティンとは違う。この男はお前を攻撃することだってできる。マーべリックスの人間は口先だけだ。プレイオフで負けたこの会場で何か忘れられないようなことをしたくないか?」
コーディはキューバンに戦うように要求する。「俺が勝ったら、お前はオートンの禁止令を撤廃する。」
コーディとテッドはリングを出て、キューバンに近づく。しかしキューバンはマーべリックスがNBAタイトルを獲得したときの話をして、二人には試合があると言う。
エヴァン・ボーンのテーマが流れ、ボーンとプリモが登場する。

2.テッド・デビアス&コーディ・ローデスvs.エヴァン・ボーン&プリモ
(試合最後)コーディがプリモをカット。テッドばボーンにドリームストリートを決めてピン。試合後、キューバンがロバーツに耳うちしている。ロバーツは、キューバンの決定によってテッドとコーディは今夜会場から追放すると発表。キューバンは観客と一緒になって「ナナナーナ、ヘーイヘイ、グッドバイ」と歌って、二人を見送る。
【Winners:レガシー at 3:33】

●シェーマスの暴走を振り返るビデオ。

3.ゲイル・キムvs.マリース
ゲストリングアナはケリー・ケリー。試合はマリースがロープに足をかけた反則フォールで勝利。試合後、マリースは場外のケリーに近づいて、マイクを奪う。ケリーを挑発すると、ケリーはマリースを突き飛ばす。マリースはすぐにやり返すが、ここでメリーナが走ってくると、走って逃げる。再びマリースのテーマが流れ、メリーナと睨みあう。
【Winner:マリース at 1:43】

■バックステージ:DXがクリスマスの飾りつけをしている。ホリデーシーズンに向け、グッズの宣伝をする。マイケルズは友情の感謝のしるしとして、HHHにSD vs. RAWをプレゼントする。HHHもマイケルズにプレゼントがあると言って、大きな包みを持ってくる。二人が開けようとすると、中からホーンスワグルが登場。DXのシャツを着ている。
HHHとマイケルズが議論をする間、ホーンスワグルは周りを歩き回っている。そしてツリーの後ろにのぼっている。DXがどこに行ったと探すと、ホーンスワグルはツリーの上のテンガロンハットに手を伸ばしている。しかしバランスを崩して、ツリーごとDXに倒れてくる。ホーンスワグルが立ち上がって、ツリーの上にあった帽子を頭にかぶって、DXポーズ。

■バックステージ:コフィが歩いている。

4.ランディー・オートンvs.コフィ・キングストン
(試合最後)コフィがダブルレッグドロップ。トラブルインパラダイスはかわされて、オートンが背中に落とすバックブリーカー。RKOを狙うが、コフィがバックスライドで返す。キューバンが高速でカウントをとってゴングを要請。2カウントしか数えていない。しかしコフィのテーマが流れ、コフィが勝利。キューバンがマイクを持ち、「6年間仕返しをするときを待っていた。やってやったぞ。」そしてTLCでのオートンvs.コフィの試合をブッキングする。コフィとキューバンは一緒に退場。ランプで一緒にアピール。
【Winner:コフィ at 5:23】

●TLCのプロモ。

5.ミズvs.マーク・ヘンリー -US王座戦-
(試合最後)ミズがコーナーからダイブ。ヘンリーがそれをキャッチ。ワールドストロンゲストスラムのカウンターでDDTを決めてミズが勝利。
【Winner:ミズ at 2:37】

■バックステージ:ジェリコとビッグショーが試合コスチューム姿で何か話している。

●ジェフ・ハーディーのDVDの宣伝。

■リングサイドでクリス・マスターズがマーク・キューバンと話をしている。

6.ホーンスワグル&イブvs.チャボ・ゲレロ&ジリアン・ホール -男女混合マッチ-
ホーンスワグルは全身DXのグッズで身に包んでいる。チャボの攻撃をかわして、前転。そのままイブにタッチ。チャボはやむを得ずジリアンにタッチ。ジリアンがイブにサイドスラム。コーナーに叩きつける。対角コーナーに振る。髪をつかんで投げ落とす。ジリアンは髪をかきあげてアピール。イブもカウンターのキック、フォアアーム。ドロップキック2連発。モンキーフリップは返される。ジリアンが側転式のボディプレスを狙うが、イブが膝で迎撃。ローリングセントーンを決めて3カウント。イブとホーンスワグルが勝利を喜ぶ。するとチャボがホーンスワグルに襲いかかる。首を掴んで、突き飛ばす。イブがホーンスワグルの間に入って、助けようとする。口論になと、クリス・マスターズが私服で登場。シャツを脱ぎ、チャボに突っ掛かる。チャボはマスターズの胸筋に人差し指を押し付ける。するとマスターズは胸筋を揺らしてみせる。チャボは自分の胸を見る。マスターズがチャボにマスターロック。そのまま投げ落す。マスターズはイブに近づく。マスターズのテーマが流れる。マスターズはイブを場外にエスコート。ホーンスワグルが倒れたチャボのそばに立ち、自分の胸を触って揺らしてみせる。場外に出て、DXポーズ。
【Winners:イブ&ホーンスワグル at 2:20】

■実況陣が特番TLCのカードを紹介する。

■クリス・ジェリコが登場。あごひげを伸ばしている。ジェリコは2009年のスラミー賞は自分が独占すると誓う。そして自分がいかに有能であるかについて話す。そしてTLCではDXを破壊するとアピール。そしてジェリコはファンのことを時代遅れの態度をとる類人猿呼ばわりする。

●SmackDownの宣伝。ミステリオvs.バティスタのストリートファイト。

7.D-generation X vs.クリス・ジェリコ
ジェリコとマイケルズでスタート。マイケルズがチョップでコーナーに追い詰める。HHHにタッチ。コーナーで二人でパンチ。すぐにタッチする。HHHがジェリコを羽交い締めにして、マイケルズがチョップ。HHHがコーナーから足を出し、マイケルズがたたきつける。HHHにタッチ。ナックル。再び連携攻撃をしてマイケルズにタッチ。マイケルズもストンピングをしてすぐにタッチ。ジェリコはロープにしがみついてHHHの攻撃を回避。立ち上がって、レフェリーをHHHに突き飛ばす。マイケルズがジェリコに襲いかかるが、ここでビッグショーが登場。ビッグショーはエプロンからマイケルズの顔を掴み、叩きつける。コーナーでマイケルズを攻撃。HHHがイスを持ってリングイン。ビッグショーの背中を殴る。ビッグショーはHHHを睨みつける。HHHがイスで殴ろうとするが、ビッグショーがイスごと殴る。マイケルズがビッグショーにドロップトーホールド。場外に出てラダーを持ち出す。リングに入れようとするが、ジェリコがラダーごとベースボールスライド。ビッグショーがイスを持ち、マイケルズとHHHを殴る。そしてHHHとマイケルズをハシゴで挟んで、上からイスで叩きつける。DXチャント。ジェリコが二人を罵る。ジェリコは場外に出てタッグベルトを持ち出し、DXに見せつける。ジェリコがラダーの上に登る。ビッグショーはラダーの前に立ち、二人でポーズ。ジェリ・ショーのテーマが流れる。
【Winner: no contest】

■バックステージ:画面が2分割され、シェーマスとシナが歩いているのが映し出される。

■Championship Showdown:マーク・キューバンがリングに立ち、ショーダウンを開始すると言う。まず挑戦者であるシェーマスを紹介する。続いて、ジョン・シナ。
リングにはテーブルが二つ並べている。間にキューバンが立ち、公開討論の形で行われる。
キューバンは3つの質問があり、好きなだけ答える時間が与えられる。
シェーマスは何故日曜日に勝つのかと尋ねられる。シェーマスがは立ち上がり、話し始める。
シェーマス「ジョン・シナは2006年6月にデビューして、最初の王座を獲得するまでに3年かかった。だが俺は数週間のうちに初の王座を獲得するんだ。日曜日にシナの体をテーブルごと破壊する、それが現実だ。」
シナがコメントを求められるが、「ノーコメント。」と返すのみ。
キューバンはシェーマスにテーブルマッチで戦うことに心配はあるかと尋ねる。
キューバンは王座を獲得したあとも余計にテーブルに叩きつけてやると宣言する。「シナは俺のようなやつた戦ったことはない。お前の王座、健康、心、今度の日曜日お前はすべてを失うことになる。」
シナチャントが発生。シナはマイクを握るが、「ノーコメント」というのみ。
キューバン「分かった。では最後の質問だ。どちらかに最後コメントを求めたい。」
シェーマスが話そうとするが、それを遮るようにシナが立ち上がる。
シナ「お前の話はたっぷり聞いた。自分が行ったことを信じているのだろう。俺は7年間ここいいる。俺は一発屋やスター、未来の殿堂者と戦ってきた。ショーン・マイケルズからケビン・フェダーラインまで。何人かの奴は俺が笑みを取り去るために倒したがっていた。俺は打たれ、ぶちのめされ、入院して、イスで殴られ、俺に我慢できな何千ものファンのいる会場に立ち続けてきた。俺は自分が話したことを確かだと思っている。The Champ is Here!!」
そしてシェーマスにテーブルに叩きつけられたときのことを話す。「お前は俺を感心させた。だが1秒たりとも俺を威圧することはできなかった。」
シェーマスが机をひっくり返す。シナはイスを投げ捨て、テーブルを倒す。シェーマスは間に入ったキューバンを突き飛ばし、それに気をとられたシナにビッグブート。シェーマスはコーナーにテーブルをセット。立ち上がったシナにもう一度ブート。キューバンもロープを掴んで立ち上がろうとする。キューバンはシェーマスと顔を突き合わす。そしてシェーマスを突き飛ばす。シェーマスは驚いている。シェーマスが立ち上がり、キューバンを睨みつける。そしてヒザ蹴り。キューバンを抱えあげ、コーナーのテーブルに叩きつける。シェーマスは雄叫びをあげる。ブーイング。「俺がWWE王者だ!」リングサイドにいたマーべリックスの選手が立ち上がって、リングサイドへ。シェーマスは叫びながら退場する。シナが起き上がってシェーマスを睨みつける。

-番組終了-
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://hotwatersupply.blog42.fc2.com/tb.php/1121-bcdcd90d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

管理人

Author:管理人
給湯室へようこそ!

WWEの現地リアルタイムの話題を扱うブログです。
現地情報が知りたくない方は注意してください。
皆様からのWWE情報もお待ちしています。

現在は更新停止中です

基本的にリンクフリーです。相互リンクも募集中。
twitterやってます @hotwatersupply



カテゴリー



最近の記事



最新DVDはこちら!!



Amazonの商品を検索



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



月別アーカイブ



カウンター



ブログランキング

ブログランキングに参加しています。 クリックお願いします。



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。