WWE:給湯室
WWEの現地リアルタイムの話題を扱うブログ。試合結果の詳報、ニュースを分かりやすくお伝えします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現地8/21 RAW結果
現地8/21のRAWの結果です。
ネタバレのいやな方は注意してください。


●昨夜のSummerSlamのハイライト。

■エッジのテーマがヒット!リングイン。何故かベルトは持っていない。
エッジ「俺は一生の中で今日という日を待っていた。チケットを買ったお前らの誰もがこう考えているだろう。俺はWWE王者じゃないと。まったくの誤りだ。You are all wrong. Wrong, wrong, wrong, wrong and wrong! シナのホームタウンということで、俺にはハンデがありながらも、俺は勝利へと邁進した。俺はまだお前らのWWE王者だ。だが俺が王者であるなら、俺のベルトとガールフレンド、リタはどこにいる。お前らは俺を賞賛したりはしないだろう。」
ここでリタがタイタントロンに映し出される。彼女は港にいて、回転ベルトを指し示す。
エッジ「これは本物のジョン・シナのベルトだ。俺は俺の人生からシナを消し去った。だから俺達はベルトもまた同様に取り除かなければならない。海に葬ってな。リタ、頼んだぞ。」
リタは海へベルトを投げ込む。
エッジ「これでジョン・シナの時代は終わりだ。諸君、R指定時代へようこそ!」
天井からスモークが噴き出す。それが止まると、新しい世界ヘビー級ベルトが下りてくる。R指定スピナーベルト!
エッジ「そしてまたシナvs.エッジの時代も終わりだ。俺のハッピーエンドをもってな。今、シナは俺の人生から去った。他のいかなる挑戦者がいようとも、それは俺のステップアップを意味する。だが今は、俺の女のもとへと向かうとしよう。」
ここでジェフ・ハーディーが登場!エッジは衝撃を受ける。
リング中央で二人は向かい合う。
エッジ「何故お前がここにいる!?お前は3年前に死んだんじゃなかったのか?お前が俺を犠牲にして復活を望んでいるのだとしたら、間違いだ。マットを見てみろ、俺はあいつのキャリアを台無しにした。そこから学ぶんだ。」
二人は乱闘。ジェフはトップロープに登る。しかしエッジは転がってリングから逃げ出す。

■IC王座戦としてケインvs.ナイトロ、そしてフレアーvs.オートンがアナウンスされる。

1.スピリット応援団vs.ハイランダーズ&ユージン&ハクソー・ジム・ドゥガン
【WINNER:ハイランダーズ&ユージン&ハクソー at 6:19】


●フィニッシュのリプレイ。

■エッジが歩いていると、ビンスと遭遇。続いてコーチに会う。
エッジ「ビンスのようになりたいもんだ。俺はジェフ・ハーディーと戦いたい。」
コーチ「タイトルマッチがいいのか?」
エッジ「それは嫌だ。」
コーチ「分かった。1対1の一本勝負だ。」

■ビンスはシェインと一緒にいる。
シェイン「DXはまだここにいない。」
ビンスは機嫌が悪い。「コーチ、お前は出て行け。私は聞いたことをすべて信じることはできない。昨夜負けたようにだ。」
シェイン「俺は正当なことをした。ビンスがピンされたとき、カウントを取るべきでなかった。」
ビンス「DXを潰すことを誓ってやる。」

■トッド・グリシャムがオートンと一緒にいる。
グリシャム「SummerSlamではホーガンを倒すことはできませんでした。」
オートン「俺はホーガンを倒した。レフェリーのせいだ。俺は機嫌が悪くて攻撃的になっている。今夜、俺はホーガンよりずっと偉大なレジェンドであるフレアーと戦う。」
カリートがやってきて、トッドを追い出す。
カリート「誰が昨日のことを気にするんだ。ホーガンの勝利はクールだった。」
オートン「少なくとも俺はSummerSlamに出場した。お前はバカだ。俺のことを尊敬しろ。」

■HHHが読書をしている。
HHH「昨夜、マクマホン家そして奴らの軍隊を倒したあと、すなわちSummerSlamでビンスを倒したあと、俺達はブリッジポートへ行った。ビンスの自家用飛行機を見た。」
その飛行機の模型が映される。「俺は3000万ドルの飛行機が停められているプライベート・ターミナルにいった。」
二人が飛行機の上で酒を飲んでいるビデオが流れる。二人は飛行機のペイントを引っかく。「この引っかき傷に気づくか?」
そこで二人は飛行機にスプレーでDXロゴを描く。

■ビンスとシェインが映る。ビンスは青ざめている。暴れだして、プラズマテレビを壊す。

●先週、リタが女子王座を獲得した場面のハイライト。

2.トリッシュ・ストラタスvs.ビクトリア
【WINNER:トリッシュ at 3:00】


■ビンスとシェインがリングに登場。
ビンス「お前らはDXが私の飛行機にしたことを楽しんでいるようだな。あの飛行機は3000万ドルした。お前らはあのような堕落(=degeneracy←D-generationとかけている)を奨励するのか?お前らに言うことがある。数分間のうちに、私たちは笑う。警官隊、行け。私たちはここに立ち、DXの逮捕の瞬間を目撃するのだ。」

■画面はバックステージに。DXが映し出される。タイタンタワーにいる。彼らはビンスを歓迎しようとする。
HHH「ビンスは大きなことを達成した。このビルのようにな。」
HBK「これは偉大なるパイオニアの業績の証だ。俺達がビンスの業績を手伝った。偉大なるパイオニアが関わったからだ。」
タイタンタワーには大きくDXと書かれている。
DX「ビンスよ、Hey, hey, goddbye!」

■JRが今夜のカードを紹介する。

■ビンスとシェインが歩いている。
フォーリーが登場。
ミック「ハイ!悪い夜のようだな。」
ビンス「私はお前が嫌いだ。お前の夜の方がマシだ。DXが地獄へと落とすからな。ミック、お前がKiss My Ass Clubに入会する番だ。」
ミック「俺は25針も縫った。これは異常だ。」
ビンス「お前がキスしないというなら、誰かが解雇されることになる。」
シェイン「顔をしかめることになるな。」

3.エッジ(withリタ)vs.ジェフ・ハーディー
エッジがリングインすると、ジェフはすかさずベースボールスライド。ジェフのプランチャ。彼が試合の主導権を握る。リングに戻りカバー、2カウント。ロープワークからロープ際のエッジを狙うが、エッジはジェフを場外へ投げ飛ばす。エッジは追いかけて、ジェフを鉄階段へ投げ飛ばす。さらに鉄柱へ。エッジのパンチ。アイリッシュホイップ。ジェフのカウンター。トップロープへ。そこからエッジにDDT。2カウント。ツイストオブフェイトを狙うが、エッジがリバースDDTでカウンター。2カウント。エッジはジェフをコーナーへ投げる。ジェフはコーナーを駆け上がって、ウィスパーインザウインド。2カウント。エッジのパンチ。ジェフも打ち返す。クローズライン。カバーに行くが2で返される。ツイストオブフェイト。さらにトップロープへ登り、スワントーン!カバー、1…2…リタが足を引っ張る。DQゴング。ここでシナがリングに駆け込んでくる。シナはエッジを叩きのめす。エージェントが二人の間に割ってはいる。エッジはシナをガレージのドアに投げる。
【WINNER:ジェフ at 5:20 via DQ】

●試合の最後のリプレイ。

■CMが明けると、エッジとシナは桟橋で乱闘を続けている。
シナ「俺はどこに行ったりもしない!」
二人は乱闘を続ける。エージェントがやってくる。シナはエージェントを殴る。エッジがシナを襲うが、投げ飛ばされ水の中へ。

■メリーナがフォーリーと話している。
メリーナ「昨夜はありがとう。あなたがフレアーから助けてくれた。一生忘れないわ。」
ミック「今夜何をするか分からない。自分の顔を鏡を見ることができない。」
メリーナ「あなたはやれる。あなたは助言者であり、友達よ。あなたがいなくなったら、どうしたらいいか分からないわ。でもあなたが何を選択してもそれに従うわ。」

■エッジが水の中から救助されている。

4.ジョニー・ナイトロ(withメリーナ)vs.ケイン
ウマガが乱入してDQ。サモアンスパイク、さらにヘッドバット。そしてセカンドロープからフライング・サモアンスパイク。
【WINNER:ケイン at 2:00 via DQ】

●Diva Search優勝者レイラのビデオ。

■実況陣がミックのKiss My Ass Club入会の可能性について議論している。

●シナの主演映画”Marine”のトレイラー。シナが女性にチョークスラムをしている。
JR「この映画は家庭向けです。」

5.ランディー・オートンvs.リック・フレアー
フレアーはとてもつらそう。オートンがRKOで勝利。
【WINNER:オートン】
試合後もオートンはフレアーを攻撃しつづける。ここで判定は覆り、フレアーの勝利となる。
【WINNER:フレアー at 4:15 via DQ】

■オートンはもう一発RKO。しかしここでカリートがリングイン。スプリングボードエルボー。オートンはリングから逃げ出す。

●ビンスのDVDからKiss My Ass Club関連の映像。

■ビンスとシェインがリングにいる。ミックとメリーナが登場。
ビンス「フォーリーは今夜一番のイベントをもたらしてくれる。」
ミック「黙ってくれ。俺はしないぞ。」
ビンス「お前はYESと言うさ。」
ミック「俺はWWEとこの仕事を愛している。だが俺はそれを必要としない。俺は衣服や散髪の代金を節約し、中古のミニバンに乗ってきた。お前を恐れてなんかいない。」
ビンス「片耳がなくて聞いていなかったか?私は“誰か”を解雇すると言ったのだぞ。私はお前が拒否をしても、お前を解雇する気はない。私はメリーナを解雇するのだ!」
ミック「お前のケツにキスする価値のある人はいない!だが彼女のために受け入れる。」
メリーナは泣き出す。
ビンスはズボンを脱ぎだす。メリーナはミックにしないように乞う。
ミック「俺は自分のキャリアをすべてまっとうした。これはメリーナのキャリアの始まりだ。アンタは俺の末の息子の名づけ親だ。これは俺のキャリアの最低地点。だがアンタとの友情のためなら、安いもんさ。キスをしたら、店へ行って、口内洗浄剤と強い酒を買わなければな。今、俺はやってやる。ズボンを下ろせ、この哀れなSon of a bitchよ!」
ミックはキス!すると突然、メリーナがフォーリーにローブロー!!
ビンス「何か勘違いしてないか?They have 2 word for Mick…
メリーナ「You’re Fired!!!!

■ビンス、シェイン、メリーナはバックステージへ。メリーナはナイトロとハグ。ビンスたちと別れる。
ビンス「まだだ。息ができない。DXが私をおかしくしたのだ。」
シェイン「飛行機は修理できるさ。奴らはもう遠くへ行った。」
リムジンに乗って、飛行機を見にいこうとする。二人ははなしながら、リムジンへと向かう。
運転手がネクタイをしていないことにケチをつける。ビンス達はリムジンの左側から乗り込む。
車は走り出す。しかし途中、鎖に引っかかって、車の後輪がはずれる。
運転手が降りてきて、右側のドアを開ける。シェインとビンスが中から這い出てくる。
ビンスは運転手を「リトルバスタード!」といって罵倒する。
リムジンを振り返ると、ボディの右側に大きくDXとペイントされている。ビンスは怒り狂って雄たけびをあげる。

-番組終了-
http://www.wwe.com/shows/raw/videos/
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://hotwatersupply.blog42.fc2.com/tb.php/275-901a4535
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

管理人

Author:管理人
給湯室へようこそ!

WWEの現地リアルタイムの話題を扱うブログです。
現地情報が知りたくない方は注意してください。
皆様からのWWE情報もお待ちしています。

現在は更新停止中です

基本的にリンクフリーです。相互リンクも募集中。
twitterやってます @hotwatersupply



カテゴリー



最近の記事



最新DVDはこちら!!



Amazonの商品を検索



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



月別アーカイブ



カウンター



ブログランキング

ブログランキングに参加しています。 クリックお願いします。



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。