WWE:給湯室
WWEの現地リアルタイムの話題を扱うブログ。試合結果の詳報、ニュースを分かりやすくお伝えします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現地9/17 WWE特番Unforgiven結果
現地9/17のWWE特番Unforgivenの結果です。
ネタバレのいやな方は注意してください。


■トロントのエア・カナダ・センターからの生放送。
今夜行われるビッグマッチを紹介するビデオパッケージが流れ、番組開始。

1.ジョニー・ナイトロvs.ジェフ・ハーディー -IC王座戦-
観客はジェフに声援を送る。序盤は両者魅せる攻防。ナイトロがコントロールをとる。ジェフが反撃開始。そして早くもスワントーンのためトップロープへ。しかしナイトロは転がって場外へ。ジェフは場外へのベースボールスライド。バリケードの上を歩いて、フライングラリアット。試合はリング内に戻る。ナイトロが反撃して再び主導権を握る。ナイトロのインディアン・デスロック、ニーバスター。ヒザを狙った攻撃。しかしジェフがウィスパー・イン・ザ・ウインドで切り返す。2カウント。ナイトロがトップロープからのハリケーンラナを狙う。しかしジェフがロープを掴んでこらえる。ナイトロはマットに叩きつけられる。ジェフのスワントーン・ボム!フォール。しかしナイトロの足がロープにかかる。ジェフはすぐにツイストオブフェイトを狙うが、ナイトロが返してアンクルロックへ。ジェフは必死にロープへと逃げようとするが、ナイトロがリング中央へと引っ張る。ジェフも堪えてロープへ。しかしナイトロは足を攻め続ける。ジェフはエプロンに立っていたメリーナへ突き飛ばす。ジェフがロールアップ。2カウント。ナイトロも反撃。再びトップロープからのラナを狙う。しかしこれもジェフがこらえて、パワーボムでマットに叩きつける。ここでメリーナが介入、ジェフにブート。そのままナイトロがカバー。
【WINNER:ナイトロ at 17:37 王座防衛】

●シナの映画のトレイラー。

■SD!のGMのロングが豪華ボックスで試合を観戦している。

■試合後、バックステージでジェフは偶然マットに遭遇!!マットはジェフを慰める。「リタを見てみろ。奴らはリタやエッジのようにチャンピオンじゃない。」
リタが割ってはいる。リタ「私がストラタスを倒す所を見てなさい。」

2.ケインvs.ウマガ
試合に先駆けて、エストラーダがケインを馬鹿にする。「ウマガがWWEで唯一の怪物だ!」巨体の両者の攻防が開始。ウマガはケインをクローズラインで場外送り。しかしケインは足で着地する。場外でパンチの応酬。エストラーダは近くにより過ぎて、ケインにジェケットを剥ぎ取られる。ウマガが場外レッグスウィープで主導権をとる。リングに戻り、ウマガの攻撃が続く。エストラーダはサモアン・スパイクを狙うように指示。ケインがパンチを返す。バックトゥバック・クローズライン。フィニッシュを狙うが、ウマガがケインを持ち上げ、サモアンドロップ。ウマガはセカンドロープに登る。そこからケインを狙うが、ケインが起き上がる。今度はケインがトップロープからのクローズライン。さらにチョークスラムを狙う。ウマガがスパイクで返そうとする。しかしケインがブロック。ケインはウマガを掴んで場外へ投げ飛ばす。ケインはウマガをクローズラインで観客席へ吹っ飛ばす。観客席の中で乱闘。両者カウントアウト。
【WINNER:No Contest at 7:03】

■二人の乱闘は続き、ついに観客からはブーイングが起こる。

■バックステージ。ビンスがシェインに対し、「私は今夜のDXとの試合でたくさんのダーティー・ワークをやりたい。彼らを引き離し、一人にするのだ。下馬評を覆し、ピンフォールをするぞ。DX has no chance in hell!!」と言う。

■今回のテーマ曲、Day of Fireの”Run”が演奏される。

3.スピリット応援団vs.ハイランダーズ -世界タッグ王座戦-
観客はこれまでの試合に声援を送り続け、疲れたのか静かである。応援団を代表して、マイキー&ケニーが出場。ローリーとマイキーが試合を開始。ローリーが主導権を握る。マイキーをロビーの頭に叩きつける。2カウント。ロビーにタッチ。そのまま優勢。ローリーが戻って、二人でマイキーにアクセハンドル。しばらくハイランダーズの攻撃が続く。マイキーはケニーに何とかタッチ。マイキーはロビーの髪の毛を掴む。しかし長くは続かない。他の応援団のメンバーがロビーを攻撃。ケニーはレフェリーの妨害。マイキーがロビーから2カウントをとる。応援団が協力して攻め続ける。ロビーはタッチをしようとするが、応援団がローリーをエプロンから引きずり落とす。応援団が主導権を握り続ける。ローリーはマイキーにフラップジャック。そしてケニーを場外のチームメイトに投げ飛ばす。ハイランダーズはスリングショット。しかしケニーがセーブに入る。4人がリング上で同時に戦う。混沌状態。ジョニーがローリーにキック。続いてマイキーがフェイスバスター。ケニーがロビーを攻撃している間に、ローリーをピン。
【WINNER:スピリット応援団 at 10:00 王座防衛】

●これまでのDXとマクマホン家の抗争を振り返るビデオ。

4.DXvs.ビンス&シェイン・マクマホン&ビッグショー -Hell in a Cell戦-
マクマホン家とショーが先に入場。そして金網が下りてくる。続いてDXの入場。試合開始はDXのショーへのローブロー。さらにマクマホン家を狙う。HBKはシェインをリングサイドエリアに投げる。HHHはビンスを場外で殴る。ビッグショーが復活。しかしDXは再びローブロー。DXは場外でビンスとシェインを叩きのめす。シェインは早くも流血。そしてビンスも流血。凶器を使いながら、DXがマクマホン家を攻撃。セルの中に投げ入れる。ビッグショーがついに復活。HHHを殴り、HBKをトップロープから投げ落とす。ショーが一人で数分間DXを圧倒。DXが二人でショーを場外のスティール・ステップに投げつける。DXはショーが回復するまで、再びマクマホン家を攻撃。シェインがついに反撃開始。トップロープからHBKにクローズライン。シェインとショーが共闘し、HHHを攻撃。リング内でシェインがHHHを攻撃。ショーが場外でHBKを攻撃する。ビンスがシェインに声をかける。シェイン、HHHをコーナーに追いやりゴミ箱セット。そして別のコーナーでトップロープに登り、ゴミ箱にドロップキック!HHHもついに流血。ビンスがさらにパンチを送り、HHHの顔が血に染まる。一方、ビッグショーはHBKに攻撃を続けたのち、リング内まで引きずり込む。3対2。DXが攻撃を受け続ける。ビンスがHBKをカバー。1…2…ビンス自らHBKの肩を上げさせる。これを2回繰り返す。HHHがビッグショーを攻撃して、DXも反撃を始める。ショーを場外に送り、クリーンザハウス。シェインは何とかHHHにネックブリーカーを返す。HBKがシェインにキック、場外送り。マクマホン家とショーも負けずに反撃。ショーがビンスによって倒されたHBKにスプラッシュ。しかしHBKは起き上がり、ビンスを集中攻撃。しかし再びショーのスプラッシュ。DXはショーをターンバックルに叩きつけ、場外へ落とす。シェインが攻撃しようとすると、HHHがシェインをイス攻撃。シェイン、口からも血を流す。ショーが起き上がり、DXを攻撃。リングステップをリング内も持ち込む。しかしHHHのイス攻撃。ショーはリングステップの上に倒れこむ。HHHはショーの後頭部をイスで殴打。HBKがショーにスウィート・チン・ミュージック!ビンスがゆっくりと立ち上がり、DXに立ち向かう。しかしDXの集中攻撃。DXはショーをロープにもたれさせ、彼のショーツを脱がす。そしてビンスの顔をショーのケツに押し付ける。ショーは場外へ転げ落ちる。ビンスはいつもの苦い表情。HBKがビンスにスウィート・チン。さらにHHHがビンスの頭にスレッジハンマー!HHHがビンスをフォール。
【WINNER:DX at 25:04】

■試合後、オフィシャルと医療班がやてきて、シェインとビンスの様子を見舞う。二人は担架で運ばれていく。

●WrestleMania 23の宣伝が流れる。11/11チケット発売。

●トリッシュのキャリアを振り返るビデオが流れる。

5.リタvs.トリッシュ・ストラタス -WWE女子王座戦-
トリッシュに大歓声。JR「もしトリッシュが今夜勝利したら、彼女は女子王座を7回戴冠したことになり、現在タイであるファビュラス・ムーラの記録を破ることになります。」トリッシュがすぐに主導権を握る。クローズライン、ヘッドシザーズ。リタは場外へ。しかしトリッシュは場外でルーテーズ・プレス。ハンドスタンド・ラナ。場外で攻撃を続ける。リングに戻ると、リタが反撃を開始する。リタが完全に主導権を握るが、トリッシュはキック、ホイップで切り返す。トリッシュがトップロープ。リタも登る。パンチの攻防。二人とも落下してしまう。そして再びトップロープへ。リタがトリッシュを投げる。リタはムーンサルト、しかしトリッシュが避ける。トリッシュがカバー。カウントは2。リタはトリッシュを場外へと送ろうとするが、トリッシュがそのままストラタスファクション。2カウント。リタはより攻撃的になり、キックを連打。トリッシュはネックブリーカーで反撃を開始。トリッシュとリタがお互いを見合う。トリッシュのチックキック。しかしカウント2。リタがツイストオブフェイトを狙う。しかしトリッシュが体を返してストラタスファクション。サンセットフリップからシャープシューター。大歓声。リタは何とか抜け出そうとするが、ついにタップアウト!
【WINNER:トリッシュ at 11:34 王座奪還!!】

■試合後、感動的なエンディングにリリアンは涙している。JRとキングはスタンディングオベーション。

■再びシナの試合を観戦しにきたロングが映される。

■バックステージ。グリシャムがオートンにインタビュー。
オートン「誰もトリッシュのことを気に掛けていない。お前らがカナダ人である限りな。彼女は過去の人間だ。お前らは人生を無駄にしている。俺には未来がある。俺は2年前、トロントで世界王者を獲った。トリッシュとカリートはbitchesさ。」

6.カリートvs.ランディー・オートン
カリートが早くにコントロールする。オートンは場外へ逃げ、調子を整える。オートンがリングに戻ると、再びカリートが優勢。カリートのセントーン、ムーンサルト。オートンは口から流血。オートンはドロップキックでカリートを場外へ。オートンはカリートをリングに戻し、カバー。2カウント。オートンはストンピングを連発。続いてチンロック。カリートはスリングショット・エルボーで反撃。2カウント。オートンの攻撃。カリートの顔にブート。オートンがRKOを狙う。しかしブロック。カリートがバッククラッカー。カリートがバックブリーカーを狙うが、オートンがブロック。カリートはさらにスプリングボードを狙うが、オートンのRKO!オートンの勝利。
【WINNER:オートン at 8:41】

●シナとエッジの抗争を振り返るビデオ。

7.エッジvs.ジョン・シナ -TLC・WWE王座戦-
エッジが一人で登場、大歓声。シナの登場には”Cena Sucks”と一部から野次が飛ぶ。試合開始のゴングとともにシナがエッジに飛びつく。ヘッドロックから2度のショルダーブロック。エッジも反撃。ネックブリーカー。早くも場外へ行き、イスを手にする。シナも場外で反撃しようとするが、エッジのイス攻撃。鉄柱にぶつかる。二人はリングに戻る。シナのフィッシャーマンズ・スープレックス。エッジはDDTを返す。シナは場外へ行き、2脚のイスを取り出す。エッジはイスをセットし、そこへシナを投げようとする。しかしシナがブロック。そして自分がスープレックスにいこうとするが、エッジがイスの上にリバースDDT。エッジはハシゴをリング中央にセット。エッジがハシゴを登るも、シナがハシゴを倒す。エッジはなんとか着地する。シナにクローズライン。エッジが完全に主導権を握る。バリケードからロープにもたれるシナを攻撃。リング上でシナの反撃が開始する。パンチ、そしてハシゴへのヒップトス。エッジがシナのFUを阻止。エプロンに着地。そこからシナの頭をパンチ。エッジがトップロープに登る。シナはテーブルをセットする。シナもトップロープに登り、エッジを投げようとする。エッジが防いで、サンセットフリップからシナをパワーボム。しかしテーブルには当たらない。その後、テーブル貫通のパワースラムも成功。エッジはハシゴに登り、そこからシナにダイブ。観客は”Holy Shit!(超すげぇ)”チャント。リングに戻る。エッジがシナの背中をイス攻撃。しかしシナがレッグスウィープ。そしてネックスナップでイスに叩きつける。シナはエッジにハシゴに押し付け、STFU。エッジはタップ!しかしこれはTLCマッチのため決着はつかず。ハシゴ上にFU。さらにエッジに5ナックルシャッフル。シナが他のテーブルを組み立てる。エッジがイスでシナを殴る。エッジはシナをテーブルに寝かせる。そして別のテーブルを取り出し、シナの寝ているテーブルの上にセットする。エッジがトップロープへ。しかしシナがテーブルから脱出。そしてエッジを叩き落す。シナは長いハシゴを取り出し、組み立てる。シナをハシゴに登り始める。するとエッジはコーナーに別のハシゴを立てる。エッジはハシゴからジャンプ。そのままシナにスピアー!エッジは長いハシゴを登ろうとするが、復活したシナに倒される。シナは再びFUを狙う。ハシゴにしがみ付く。シナは他のハシゴにエッジを投げつける。エッジは場外に逃げる。シナが後を追い、イス攻撃。リングに戻り、再びハシゴを登ろうとする。突然、リタがやってきて、ハシゴを倒す。シナはハシゴから落ちて場外のテーブルに落下!エッジがリングに戻り、ハシゴを立て、登り始める。シナがゆっくりとリングに戻る。リタがシナをイス攻撃。するとシナがハシゴに倒れこみ、エッジが登るハシゴは倒れ、エッジは場外の別のテーブルに落下!シナはリタにFU!2段重ねのテーブルがぐらつく。シナはテーブルを調整し直して、ハシゴをリング中央に立て、登り始める。エッジがリングに戻り、同様にリングに登る。二人はハシゴ頂上で攻防。二人はベルトに手をかける。そしてシナがついにエッジを持ち上げ、ハシゴの上から2段重ねのテーブルにFU!!!シナがWWE王座のベルトを手にする。
【WINNER:シナat 25:28 王座奪取!!!】

■試合後、シナはリングサイドに座っていた父親とハグ。観客の多くはブーイングをしているように見える。シナが歩き去る。エントランスで再びベルトを高く掲げる。

-番組終了-
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

まさか、シナが勝利するとは思いませんでした。エッジの地元で勝つとは……。これでシナのスマックダウン!への移籍は無しになったて事でしょうか?
【2006/09/18 16:12】 URL | リクライナー #- [ 編集]


最終的に移籍はあり得ると思います。ロングが何らかの動きを見せると予想します。
シナの映画のプロモーションをかねたストーリーラインが展開されるのでしょうか?
今回は非常に続きが気になる特番でしたね。
【2006/09/19 09:44】 URL | 執行人 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://hotwatersupply.blog42.fc2.com/tb.php/307-de1a180a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

管理人

Author:管理人
給湯室へようこそ!

WWEの現地リアルタイムの話題を扱うブログです。
現地情報が知りたくない方は注意してください。
皆様からのWWE情報もお待ちしています。

現在は更新停止中です

基本的にリンクフリーです。相互リンクも募集中。
twitterやってます @hotwatersupply



カテゴリー



最近の記事



最新DVDはこちら!!



Amazonの商品を検索



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



月別アーカイブ



カウンター



ブログランキング

ブログランキングに参加しています。 クリックお願いします。



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。