WWE:給湯室
WWEの現地リアルタイムの話題を扱うブログ。試合結果の詳報、ニュースを分かりやすくお伝えします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現地4/9 RAW結果
現地4/9のRAWの結果です。
ネタバレがいやな方は注意してください。


■シェイン登場。「マクマホン家の名前は世界で最も強力で名声がある。いつも恐怖と敬意を集める。最近この名前を笑う声が聞こえる。WMでビンスの髪に起こったことについて言及されるときだ。ビンス・マクマホンについてではない。マクマホン家の支配に関する問題だ。俺の息子はこのビジネスで5代目にあたる。今夜俺はマクマホン家の名前への敬意を取り戻したい。最初の問題はECWのボビー・ラシュリーだ。」
ラシュリーが登場する。観客はボビーチャント。
シェイン「お前はWMでマクマホン家の威厳を奪った。だから今夜ECW王座をお前から奪う。俺がお前と戦う。」
フェイストゥフェイス。
ここでウマガのエントランスがヒット!エストラーダがウマガを引き連れて登場。
シェインはリングを出て、ウマガを止める。「俺のやり方でやる。」
そしてエストラーダにビンタ。ウマガがシェインを威嚇するが、シェインが怖気づかない。リングに戻る。
シェイン「ウマガではなく、俺が今夜ラシュリーをぶちのめす。」
ラシュリー「代わりに俺に何かくれ。もしアンタが勝ったらECW王座を手にする。だが俺が勝ったらアンタの髪をもらう。」
シェイン「ルールは俺が作る。お前じゃない。だがとにかくやってやる!」

1.ミッキー・ジェームス&キャンディス・ミッシェルvs.メリーナ&ビクトリア
今夜のリングアナはロバーツ。リリアンはいない。(おそらく手術のため)
ミッキーがメリーナを攻めていたところにビクトリアが入り、ネックブリーカー。2カウント。ヒールチームは2人で攻撃するが、キャンディスがスピニングヒールキックでカットに入る。最後にミッキーがビクトリアにDDTを決めて勝利。
【Winners:ミッキー&キャンディス at 4:45】

■ミック・フォーリーがメイク・ア・ウィッシュ・ファウンデーション(世界規模のボランティア団体)のマイケル・ペナといる。彼は今夜の特別GM。ミックは彼をハイランダーズ、マリアに紹介する。

■カリート、フレアー、トリーが登場。
カリートがマイクを持つ。「フレアーは俺に行った。カリートには情熱がないと。俺は非常に腹を立てた。だが16度の王者からモーニングコールがかかったんだ。」
そしてフォーホースメンのDVDの紹介。クリップが流れる。
カリート「今夜俺たちはバックラッシュでのタッグ王座戦の#1コンテンダーになる。これはクールだ。」

2.リック・フレアー&カリート(w/トリー)vs.ランス・ケード&トレバー・マードック
(試合最後)カリートがスプリングボードをミス。そこをハイ&ローでピン。試合後、フレアーがカリートのチェックに入るが、カリートは負けたことにショックを受けたようで、怒鳴りながらリングを一人で出て行く。それをトリーが追いかけていく。フレアーはそれをリングから見ている。
【Winners:ケード&マードック at 3:27】

●”The Condemned”のトレイラー。

■シェインがウォームアップをしている。コーチがやってきて、シェインに何か言おうとする。そしてシェインの髪を触ろうとする。するとシェインはコーチの手を払う。
シェイン「お前をアドバイザーに任命していた親父がいろいろな不運に苦しんでいる。お前の助けは要らない。お前は昼間の勤務に集中すべきだ。」

■グリシャムがマイケルズにインタビュー。
マイケルズ「オートンとの#1コンテンダー戦はどちらがタイトルをより欲しがっているか重要だ。」
オートンがやってきて、マイケルズと対峙。
マイケルズ「今夜俺の勝利への願望は、俺が理解している以上に強いようだ。」
オートン「お前にスポットライトがあたる時代は終わったんだ。」

3.ランディー・オートンvs.ショーン・マイケルズ
今週からマイケルズは”Sexy Boy”で入場。試合途中にエッジが登場。マイケルズはフライングフォアアームをレフェリーに誤爆。しかしその後スラムからエルボーの流れを続け、オートンにスウィートチンを狙う。エッジがエプロンに上がり、邪魔をする。エッジに気をとられたマイケルズにオートンがクローズライン。二人とも場外へ。倒れた二人をエッジが見ている。オートンが起き上がり、マイケルズに場外でのRKO!マイケルズをリングに戻す。エッジとオートンが口論になる。エッジのパンチ、それをかわしてRKOを狙うが、コーナーポストに突き飛ばされる。ぶつかったところにエッジがスピアー!オートンをリングに戻す。代わりのレフェリーが来る。マイケルズがオートンにスウィートチン!そのままオートンのうえに倒れこむ。仰向けに倒れたため、マイケルズの肩もついている。レフェリーは3カウントをとるが、二人のレフェリーがどちらが勝利か口論を始める。エッジは二人がピンをとられたのだから、俺が#1コンテンダーになるべきだと主張。
【Winner: No Decision at 17:27】

■オートンがシェインのオフィスに怒鳴り込みにいく。しかしシェインはオートンが自分に敬意を持っていないと指摘。出て行くように言う。

■マイケル・ペナがヴィーナス、クレイジー、クライムタイムに会う。そこへナイトロがやってきてフォーリーとペナを見下す。コーチがやってきる。ペナに対し「キュートな君は小さな決断しかできないのかな。僕は大きな決断をしなければならないんだ。」
ペナ「僕は大きな決定をあなたに話そうと思うんだ。」
そこへエッジがやってくる。「雑談をする前にオートンとマイケルズの試合のフィニッシュを決定しろ。」

4.ハーディーズvs.WGTT
【Winners:ハーディーズ at 3:35】


●”The Condemned”の別のトレイラー。

■カッティング・エッジ:今夜のゲストはシナ。
エッジ「今夜の#1コンテンダー戦は二人が負けた。だから俺はコーチに俺が#1コンテンダーになるべきだと言ったんだ。コーチは同意しているようだった。今夜のゲストを紹介しよう。ジョン・シナだ。」
しかし出てきたのはオートン。
オートン「お前がこのリングから出て行くべきだ。タイトル挑戦権は俺のものだ。」
今度はマイケルズが登場。
マイケルズ「俺のほうがお前ら二人より相応しい。俺はBacklashでWMのリマッチがしたいんだ。」
ここで王者ジョン・シナ登場。
観客の反応は比較的好意的。しかしマイクを持つと少しブーイング。
シナ「オートンにはアソコがついていないのか?WWE王座について話したい。エッジが最後にタイトルに挑戦したとき、奴の町で試合をし、奴は負けた。俺はエッジの挑戦を受けるぜ。」
シナはオートンの方を向く。
シナ「お前はタイトルマッチが出来ないことに文句を言っているにすぎない。俺に直接言ってくるガッツはないのか?お前の挑戦も受けてやる。」
そしてマイケルズとのWMの試合を振り返る。
シナ「欲しかったら取りにこいや!」
コーチがやってくる。
コーチ「これは私の決定だ。マイケルズは今夜俺に敬意を払っていない。エッジとオートンにタイトル挑戦権を与え、1対2のハンディキャップ戦でシナと戦わせる。どちらがシナを倒しても王座を手に出来る。これが僕の最終決定だ。」
しかしここでミック・フォーリーが登場。
ミック「コーチよ、お前は今夜GMではないぞ。マイケル・ペナがGMだ。」
ペナ少年が登場。
ミック「ペナ、ここコネチカット、ブリッジポートで自分の決断を披露するんだ。」
そこでペナはBacklashでのシナvs.オートンvs.エッジvs.マイケルズの4way戦を発表する。
マイケルズ「よくやった!」

5.ボビー・ラシュリーvs.シェイン・マクマホン -ECW王座戦-
シェインがレフェリーを殴ってDQ。ラシュリーがシェインを攻め続けるが、ウマガ登場。ビンスもついてくる。ウマガがラシュリーを襲う。ビンスがマイクを取り、「Backlashはラシュリーvs.ウマガvs.シェインvs.ビンスでECW王座戦だ。
ウマガはラシュリーにサモアンスパイク。ラシュリーは流血している。
【Winner:ラシュリー via DQ at 1:28】

-番組終了-
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

どうやら本当に特番は全ブランド一緒にやるようですね。これについては自分は賛成です。
果たしてどうなっていくのでしょうか。
【2007/04/11 09:21】 URL | リクライナー #- [ 編集]


賛否両論、一長一短があると思います。
しかし共催にするのであれば、数を減らさないとマンネリ化してしまいそうで恐いです。
【2007/04/12 09:29】 URL | 執行人 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://hotwatersupply.blog42.fc2.com/tb.php/424-3dd59f3a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

管理人

Author:管理人
給湯室へようこそ!

WWEの現地リアルタイムの話題を扱うブログです。
現地情報が知りたくない方は注意してください。
皆様からのWWE情報もお待ちしています。

現在は更新停止中です

基本的にリンクフリーです。相互リンクも募集中。
twitterやってます @hotwatersupply



カテゴリー



最近の記事



最新DVDはこちら!!



Amazonの商品を検索



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



月別アーカイブ



カウンター



ブログランキング

ブログランキングに参加しています。 クリックお願いします。



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。