WWE:給湯室
WWEの現地リアルタイムの話題を扱うブログ。試合結果の詳報、ニュースを分かりやすくお伝えします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現地6/11 RAW結果
現地6/11のRAWの結果です。
現地の試合結果が知りたくない方は注意してください。


■バックステージ:ビンスが準備しておいた声明文を読み上げている。とても厳粛であり、慎重な様子。今夜はWWEドラフト&ビンス感謝祭。
ビンス「ECW王座を失ったことは、私の精神に悪い感情をもたらしたのだろう。だが今夜は違う。今夜、私の家族は登場しない。今夜は他の人間が私を思う夜であるからだ。今夜、私の人生を定義する夜になる。」

■リングサイドには、キング&JR、コール&JBL、スタイルズ&タズがスタンバイ。
コールが今夜のドラフトの仕組みについて説明する。各試合の勝者は他のブランドからランダムで選手を引き抜くことができるというもの。

1.ジョン・シナ(RAW) vs.エッジ(SD!) -non-title champion vs. champion match-
JRとキングが実況を担当。
(試合最後)場外での攻防。シナがECWの実況席貫通のFUを狙う。しかしエッジは目潰しで回避する。すぐにリングに戻る。シナもリングに戻ろうとするが、カウントアウトを取られる。
【Winner:エッジ via count out at 12:53】

■敗者であるシナのRAWのロスターからランダムで一人選ばれる。選ばれたのはグレート・カリ。
グレート・カリRAWSmackDown!
エッジは勝利を喜んでいたが、それも束の間。カリの移籍を嫌がっている。それを見てシナは笑っている。
キング「お前には今、未来が見えているんだろうな、エッジ。」
カリが通訳とともに登場し、ステージからエッジを睨みつける。

●”McMahon”のDVDからの映像。ビンスが、自分の父親の業界に加わったころの映像やビンスが実況をしていたころの映像。

■ジェシー・ベンチュラからビンスへのビデオメッセージ。
ベンチュラ「私が“ミスター”と呼ぶのは、所属していた海軍将校だけだ。ビンスを呼ぶときには、“マクマホン”でしかない。WWEは民主主義とは違う。だからビンスは慈善的な独裁者ではない。すべての独裁者はいつか転ぶぞ。」

■バックステージ:コーチがカメラに向かって話す。「VengeanceはNight od Championsと称して、すべての試合でベルトがかけられる。」

●SummerSlamのプロモ。そこにJackassのロゴが映し出される。

2.CMパンク(ECW) vs.カリート(RAW)
スタイルズとタズが実況を担当。
(試合最後)カリートがバックスタバーを決める。パンクは場外へ転がり落ちる。カリートがすぐに追いかけ、リングに戻す。フォール。しかしカウントは2。もう一度、バックスタバーを狙うが、パンクが切り返してゴートゥスリープ。ここでピン。
【Winner:パンク at 4:52】

■スクリーンで次のスパスタが選ばれる。
ブギーマンSmackDown!ECW
ブギーマンがステージに登場する。

■ラッパーのスヌープ・ドッグがビンスにメッセージ。レスリング業界にステージを組んでくれたビンスに感謝する。そしてビンスの顔がビッグショーのケツに押し付けられている映像を流して笑っている。「アンタは世界で最高のassholeだよ!」

■ミック・フォーリーが登場。
ミック「コーチの発言には興味がある。俺がその話について聞いたとき、WWE王座戦は元王者に対してもオープンであるということだった。元WWE王者として、俺は興味がある。その試合のために、俺は正式にリング復帰するぞ。」
ビンスに話にかわる。
ミック「ビンスは時折、気前良く慈善事業をしている。アイツは超愛国者だ。それと同時に、自身の利得のために人々を辱めて操るのを楽しむ、横柄で、女嫌いの人間だ。安らぎを得るために、男にケツをキスさせるところまでに行っちまった。ビンスには権力も金もあるが、真の友達といえる人間はいるのだろうか?」
観客は”NO!”と叫ぶ。
ミック「ビンス感謝祭のオファーを拒否したレスラーはこんなにもいるぞ。ハルク・ホーガン、HHH、エリック・ビショフ、ザ・ロック、NBCスポーツ会長のディック・エバーソル、ショーン・マイケルズ、トリッシュ・ストラタス、テッド・ターナー。全員が拒否したんだ。彼らはビンスに感謝をしていないんだ。誰もそうすべきでないんだ。Hey Vince, have a nice day!」

3.ボールズ・マホーニー(ECW) vs.ウマガ(RAW)
スタイルズとタズが実況を担当。
タズ「何故、ボールズがECWの代表に選ばれたのか知りたい。」
スタイルズ「すべてランダムですよ。」
サモアン・スパイクでウマガが瞬殺。
【Winner:ウマガ 0:29】

■3番目に選ばれたのは、キング・ブッカー!
キング・ブッカーSmackDown!RAW
ブッカーが久々の登場。シャメールも一緒。観客にポーズをとる。

■リングサイドにはJackassから特攻隊長のスティーヴォ。ビンスに感謝の言葉を述べる。

4.ボビー・ラシュリー(ECW) vs.クリス・ベノワ(SD!)
(試合最後)ベノワがジャーマン3連発。シャープシューターを狙う。しかしラシュリーが力で返す。ラシュリーが反撃。ドミネーターを決めて勝利。
【Winner:ラシュリー at 7:25】

■4番目に移籍が決まったのはなんとクリス・ベノワ。
クリス・ベノワSmackDown!ECW
ラシュリーとベノワは見つめ合う。そして握手。
コール「SD!は3人を失いました。得たのはグレート・カリだけです。」

■ドナルド・トランプからビンスにメッセージ。
トランプ「自分で感謝祭を開催するとは、とても哀れだな。WMではラシュリーがウマガを倒し、私はビンスの頭を丸刈りにした。ファンはビンスがすることに満足していない。すばらしい感謝祭を過ごすといいな。」

●先週、ビンスがアシュリーが謹慎を言い渡したシーンのリプレイ。

■アシュリーが中継で登場。彼女は会場に入れない。
アシュリー「ディーバサーチでWWEに入れたことに感謝してるわ。先週のSD!でビンスにコーヒーをかけてしまったことに後悔している。ビンスとディーバはユニークな関係にあるわね。2001年にはトリッシュに犬のまねをさせて、ステージで下着を脱がせたわね。今夜はあなたの夜。望むものを得るべきよ。だからステージに二人のディーバを送ったわ。」
登場したのはファビュラス・ムーラとメイ・ヤング。犬小屋のセットの横で、服を脱がせあう。

■アイアン・シークとジミー・スヌーカがビンスにメッセージ。
スヌーカ「俺が試合をしたビンスとビンスの父の時代に感謝する。何故ビンスはあんなに弱ってしまったんだ?」
シーク「ドナルド・トランプが弱らせたのだろう。」

5.MVP(SD!) vs.サンティーノ・マレラ(RAW)
MVPがプレイメーカーを決めて勝利。
【Winner:MVP at 4:59】

■次のドラフトは、トリー!
トリー・ウィルソンRAWSmackDown!
JBLとコールは喜んでいる。MVPも笑みを浮かべている。

■トレーニングジムからの映像。ブレット・ハートがビンスにメッセージ。
ブレット「ビンスに対する深い感謝を言うための言葉が見つからない。ビンスに感謝の念を示す最もよい方法はこぶしでビンスのアゴを突き上げることだ。これがassholeについて言わなければならないことのすべてだ。」

6.スニツキー(ECW) vs.ミズ(SD!)
スニツキーがビッグブートで圧勝。しかし試合後にスニツキーはもう一発ビッグブート!これをレフェリーが反則行為とみなし、判定を覆す。
【Winner:ミズ via referee decision at 1:26】

■6番目のドラフトが決定する。
クリス・マスターズRAWSmackDown!
マスターズが登場する。移籍を喜んでいる。

■ボビー・ヒーナンがビンスにメッセージ。
ヒーナン「マクマホン感謝祭に何の意味があるというのか。レスリング史上、ビンスは仕事やそれ以外でも多くの人に影響を与えた。」

●ECWの宣伝。

■ロディー・パイパーが登場。
パイパー「俺よりビンスに感謝するほうが良いと誰が思っている?」
ビンスのこれまでを振り返るビデオを流す。
DXとの抗争、オースチンとの抗争、シェインがWCW買収を宣言したとき、WMで丸刈りになったシーン。
パイパー「世界中のWWEファンを代表して、私たちは本当にあなたがしてきたことに感謝しているよ。おめでとう、ビンス。」

■NBAのダラス・マーベリックスのオーナーであるマーク・キューバンがビンスにメッセージ。
キューバン「ビンスは勝者であり、本当の企業家だ。ビンスはWWEを巨大企業と変えたのだ。」

■JRが水曜日にWWE.comにて追加ドラフトが発表されるとアナウンスする。

7.キャンディス・ミッシェル(RAW) vs.クリスタル(SD!)
(試合最後)キャンディスが変形タランチュラ。リングに戻り、スピンキックを決めて勝利。
【Winner:キャンディス at 1:41】

■7番目のドラフト。
ボビー・ラシュリーECWRAW
ラシュリーがECWベルトを腰に巻いて登場する。観客を指差す。
そこにコーチが登場する。「RAWに選ばれておめでとう。マクマホンさんのオフィスから通達を受けた。ラシュリーはRAWに移籍したため、もうECW王者ではない。」
ベルトを没収する。ラシュリーはマイクを奪い、コーチの首を掴む。
ラシュリー「お前は俺からベルトを奪うことはできる。だが俺はまだ王者だ。それを俺がRAWで証明してやる。」

■スポーツキャスターのボブ・コスタスがビンスにメッセージ。

●ジョン・シナが著名人が参加する自動車レースに参加したときの映像。

8.ジェフ・ハーディー(RAW) vs.イライジャ・バーク(ECW) vs.バティスタ(SD!)
(試合最後)バティスタがバークにバティスタボムを決めて勝利。
【Winner:バティスタ at 3:33】

■次にSD!に移籍するのは、フレアー!
リック・フレアーRAWSmackDown!
フレアーが登場すると、バティスタは喜ぶ。

■キャンプテン・ルー・アルバーノがビンスにメッセージ。
アルバーノ「ビンスは弾丸のような脳を持っている。小さい子どもだったころから成長していない。自分はしばしば模倣の対象となるが、コピーされることはない。」

●SummerSlamのプロモ。Jackassが関わることを宣伝する。

■ダスティ・ローデスが登場する。
ローデス「ビンスのお気に入りの文句に、“知覚することは、現実だ”というものがある。ビンスのビジョンはレスリング業界の最大の販売促進を築くことにある。大勢の人間や家族を踏み台にしようとだ。ビンスに遺産はビルの中にある。誰も彼を愛していないし、好んでいない。たとえ彼の産業の心理に同意していてもだ。私は違う。誰もがビンスに感謝しなければならない。」

■次のバトルロイヤルの勝者は、2人のドラフトを選抜することができるとアナウンスされる。

■ジーン・オーカランドがビンスにメッセージ。
オーカランド「私達の関係は25年にもなる。チューズデイナイトタイタンでビンスは私をホストに選んだ。10年前に彼は私を解雇した。だが彼は良い仕事をした。」
WCWのマンデーナイトロの映像が流れる。そしてオーカランドはビンスに感謝の言葉を述べる。

9.SmackDown! vs. ECW vs. RAW -15-man Battle Royal to determine final two Draft Picks-
出場者:マット・ハーディー、マーク・ヘンリー、チャボ・ゲレロ、クリス・マスターズ、ウィリアム・リーガル、ケビン・ソーン、マーカス・コー・ヴァン、トミー・ドリーマー、サンドマン、マット・ストライカー、ヴィセラ、ユージン、ケニー・ダイクストラ、ジョニー・ナイトロ、ランディー・オートン
オートンがマット・ハーディーを落として勝利。
【Winner:オートン at 13:38】

■移籍する2人が選ばれる。
スニツキーECWRAW
Mr.ケネディSmackDown!RAW
ケネディの登場に大歓声。

■ストーンコールドがビンスにメッセージ。
オースチン「俺にビールトラックを運転する機会を与えてくれてありがとよ。セメントで俺のオープンカーをいっぱいにしたことを感謝している。病院であんたを痛めつけられたことに感謝している。それを除いて、俺がお前に感謝することはない!」
昔のビデオクリップが流れる。

■JRがVengeanceでシナvs.ラシュリーvs.フォーリーvs.オートンvs.ブッカーのWWE王座戦が行われるとアナウンス。またエッジvs.バティスタの世界王座戦のリマッチがあるとアナウンスされる。

■ビンスが登場。元気がない。ジャスティン・ロバーツがビンスにマイクを渡す。
ビンス「Thank You.」
そう言うと、ビンスはマイクを落としてしまう。観客はブーイングを続ける。
ビンスはそのままリングをさる。ステージで一度観客を振り返るが、そのままバックステージへ戻っていく。ビンスがカーテンをくぐると観客からは拍手がおこる。

■バックステージ:ビンスがゆっくりと歩いている。大勢のスパスタがいる。彼らの前を通り過ぎると、コーチがビンスを止める。「リムジンが用意してあります。」
ビンスはそのまま会場の外へと歩いていく。何度か振り返るが、ビンスはリムジンへと向かう。白いリムジンに乗り込む。ドアが閉まる。
突然、リムジンが爆発!!ビンスの姿が映ることなく、番組はここで終了。

-番組終了-


★リムジン爆発の映像はこちら
現在WWE.comにアクセスすると"MR. MCMAHON PRESUMED DEAD"という巨大ポップアップが表示されます。
★ドラフトのダイジェストはこちら
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

RAWは贅沢ですね~。SD!のフレアーは驚きました、17度目の王座の伏線ですかね
ベノワはRAWじゃなかったのか、抗争相手がいないような?
ビンス、ドラフトがどう響くか今度に期待します。
【2007/06/12 20:25】 URL | NAS #- [ 編集]


ブッカーは復帰のようですね。
フォーリーのスポット参戦はどういう伏線でしょうか。
ケネディはいよいよベビーターンするんでしょうか。
ベノワは誰と抗争するんでしょうか。
フレアーはWHタイトルを獲って引退=有終の美となってしまうのでしょうか。
ラシュリーはどこへ向かうんでしょうか。
そしてビンスは完全にフェードアウトでしょうか。

楽しみなことばかりですね~。
ドラフトはやっぱりいいですね。
【2007/06/12 21:06】 URL | K・J #- [ 編集]


今回、事前に噂で流れていたものと異なる結果になったので自分としては楽しめました。
しかしビッグネームの移籍があまりありませんでしたね。

フレアーにはぜひともベルトに絡んでいただきたい。

最後のリムジン爆破も含め、続きが気になる展開ですね。
ビンスがリムジンに乗り込む直前に映っている2人の男が犯人なんでしょうか?
WWE vs. Jackassアングルのスタートとする意見もあるようですが、実際はわかりません。
ECW、SD!ではあまり展開が無かったようですね。
【2007/06/13 23:36】 URL | 執行人 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://hotwatersupply.blog42.fc2.com/tb.php/504-36cdf8b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

管理人

Author:管理人
給湯室へようこそ!

WWEの現地リアルタイムの話題を扱うブログです。
現地情報が知りたくない方は注意してください。
皆様からのWWE情報もお待ちしています。

現在は更新停止中です

基本的にリンクフリーです。相互リンクも募集中。
twitterやってます @hotwatersupply



カテゴリー



最近の記事



最新DVDはこちら!!



Amazonの商品を検索



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



月別アーカイブ



カウンター



ブログランキング

ブログランキングに参加しています。 クリックお願いします。



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。