WWE:給湯室
WWEの現地リアルタイムの話題を扱うブログ。試合結果の詳報、ニュースを分かりやすくお伝えします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現地6/25 RAW(ベノワ追悼番組)結果
現地6/25放送のRAWの結果です。
今日のRAWはベノワの追悼番組となり、通常の生放送によるショーは中止となりました。


●In Memory of Chris Benoit 1967-2007.
benoitmemory-hotwater.jpg

■誰もいない会場にビンス・マクマホンが立っている。
ビンス「今夜のストーリーラインは、Mr.マクマホンという私のキャラクターの死に関するストーリーが続くはずでしたが、現実ではクリス・ベノワ、彼の妻ナンシー、息子ダニエルが亡くなりました。今夜の番組はクリス・ベノワに捧げます。彼は偉大なるWWEスーパースターの一人でした。」

●ベノワのキャリアを振り返るビデオ。日本からWCWへ、そしてWM20で世界王者になったシーン。

●2004年のベルト戴冠中に撮影されたベノワの家族や友人がベノワについて話している映像。DVDに収録されているもの。

■リングサイドの実況席。JRとキングがいる。二人はとてもショックを受けている。
JR「このような状況が絶対に来ないことを望んでいました。ベノワはレスリングビジネスの中で親友の一人でした。今夜は多くのクリス・ベノワの記録をお見せします。」
キング「このは自分達がしなければならない放送の中で、おそらく最も難しい放送になるだろう。」

●2004年のRoyal Rumbleの映像。最後の10分間。ベノワがビッグショーをイリミネイトして、WM20出場権を獲得するシーン。

■TRIBUTE:スティーブ・オースチンが追悼番組のセットの前に座っている。
オースチン「俺は最も才能に恵まれた人間だった。ベノワは毎週ファンが何人いようと関係なく、常に120%である男だった。俺はエドモントンで彼とすごい試合をした。ベノワは俺が人生で会った人の中で、最も正直で寛大な男だった。ベノワは今も俺達と共にあることを祈る。」

●ベノワがいかにしてこの業界に入ったかを語っている映像。彼はダイナマイト・キッドの影響を受けたと話す。

■リングサイド。コールとJBLが静かに話す。
コール「”A Child defines a father.”という言葉について考えさせられます。ベノワはいつも子供をショーに連れてきていました。バックステージで非常に礼儀正しかったです。」
JBLはベノワとの日本での思い出を話し、言葉を詰らせる。「ここでこのようなことをしていたくない。ベノワとの試合を実況しているほうがましだ。」

■TRIBUTE:ジョン・シナ。
シナ「これは俺がしなければならなかったことで、最も難しいことだと固く信じている。これは突然の出来事だった。俺はどう反応したらいいか分からなかった。俺は本能はベノワの人生を祝福するように告げた。ベノワはみんなが共に戦争に行きたいと思うような男だった。ベノワはこのビジネスに生き、リスペクトしていた。彼は誰からも悪く思われていなかった。彼はすべてを捧げていた。俺が彼に愛していると言える機会が来ることを願っているよ。」

●ベノワが日本から初期のECWに参戦した頃の映像。ベノワが2コールドスコーピオや他の仲間たちについて話す。

■リングサイド。スタイルズとタズが登場。ベノワがECWのロッカールームにいてどんなに興奮したかについて話している。
タズ「ポール・ヘイマンと過去の日を話したとき、俺はヘイマンに彼がECWに真実性をもたらしたと話した。ベノワはいつも若手を助けていた。」
スタイルズ「皮肉にも、2週間前のドラフトでベノワはECWに戻ってきました。」
二人は火曜夜にベノワの試合の実況ができることをどれだけ興奮していたかと話す。

●クリス・ベノワvs.イライジャ・バークの映像。ベノワの最後のテレビマッチ。最後はベノワがシャープシューターで勝利。

■TRIBUTE:CMパンクが目に涙を浮かべながら話す。
パンク「俺は今本当に罪の意識を感じざるを得ない。なぜなら俺が昨夜ベノワと戦えなくなったときにとても失望してしまっていたからだ。俺は二度とベノワと戦えない。だが彼は俺に多くのことを教えてくれた。俺はベノワの記憶が次世代のレスラーを正しい方向に導いてくれると信じている。」

■番組は2時間目に突入。改めてビンスのオープニングのスピーチがリプレイされる。

■リングサイドのJRとキング。キング「ベノワはたくさんの仲間を持っていた。彼は友人とともにすばらしい試合をしてきた。」
マレンコや彼の出身についての話をする。

●クリス・ベノワvs.ディーン・マレンコの映像。WCW時代のもの。

■TRIBUTE:ディーン・マレンコ。
マレンコ「俺は90年代初頭に日本で試合をしていたときに、ベノワとエディに出会った。皆、互いを支持して、頼っていた。彼が非常に用心深く、個人的であったため、本当にベノワについて知れたのは少しだけだ。俺はリング内外でベノワと一緒に過ごせた15年間を光栄に思うよ。皮肉にも俺はこの2年で親友を2人も失ってしまったわけだ。スリーアミーゴスは本来、エディのスープレックスではなく、俺達3人のことだった。彼が必殺技を探していたときに、俺がクリップラークロスフェイスを提案してやった。俺の15年の友達2人が今は一緒にいる。俺はクリスのことを絶対に忘れない。」

■コールとJBLが彼について話す。
コール「彼は勝ち負けにかかわらずいつもスタンディングオベーションを受けていました。ファンは彼のハードワークを尊敬していました。」
JBLはベノワとの試合を思い返している。

●クリス・ベノワvs.JBL。昨年のSD!から。

■TRIBUTE:ステファニー・マクマホン。
ステファニー「人々は彼のことを情熱的なレスラーと考えるでしょう。彼の情熱が私たち家族に向けられたこともあったわ。ベノワは私とHHHとの結婚をとても喜んでくれた。私が妊娠したときも、とても興奮していた。ベノワのお子さんが父親をいかに愛していたかはよく知っている。私はいつでも彼を友達だと思っているわ。」

■TRIBUTE:チャボ・ゲレロ。
チャボ「ベノワは俺の親友の一人で、ゲレロ家の一員だった。俺はエディの死を発見したことを一番最初にベノワに伝えた。ベノワは壊れた。決して感情を出さない男がだ。ベノワは嘆き悲しみ、泣いた。そして止められない涙にすすり泣いていた。エディの親友だったからな。俺はエディと一緒にいた最後の人間であったという贈り物が与えられた。一方でまた俺は先週ベノワの家を訪問したという贈り物を貰った。いくつかのハウスショーを共に過ごし、TVショーに出場し、ディナーを食べた。俺は自宅へのフライトに乗り遅れてしまった。今回のことを乗り越えるのはとても難しい。俺がリングでベノワとともにいられたことは、喜びであり、特権であり、名誉であった。俺達の試合は、俺のキャリアの中で最高のものだった。そして多くのことを学ぶことができた。最後に電話したとき、ベノワは俺にこう言って電話を切った。”I love you, Chavo.” ベノワは俺の家族の一員だ。俺はWMで一緒に過ごした時間を思い出したよ。」
彼は涙を抑えようとする。

■スタイルズとタズが、日本時代のベノワについて話している。

●ペガサス・キッドvs.獣神ライガーの映像。1990年の日本での試合。

■TRIBUTE:ウィリアム・リーガル。
リーガル「私が言えることは、彼はこの業界で誰よりも一生懸命働くレスラーだったということだけだ。彼は絶対にベストを尽くした。」

■番組は3時間目に突入。再び番組冒頭のビンスのスピーチが流れる。

■JRとキングがベノワの動きとダイナマイト・キッドの動きを比較する。JR「クリス・ジェリコもまた彼の友人でした。」

●クリス・ベノワvs.クリス・ジェリコの映像。2001年のRoyal Rumbleのラダーマッチ。ジェリコが勝利してIC王座のベルトを獲る。

■JRとキングが映る。
JR「ジェリコは彼の友人の死を聞いたとき、非常に動転していました。」
キング「ベノワは金のためにレスリングをしていなかった。彼はファンの前でパフォーマンスすることを愛していたからな。リングの中では誰一人、ベノワほど激しくはない。」
JR「私たちは、番組後半でWM20のベノワ最高の瞬間をお届けします。」

■TRIBUTE:エッジ。
エッジ「俺はこの業界に3人の大事な人がいた。今は2人がもう逝ってしまった。俺がベノワに最初に会ったのは8歳のとき、カルガリーでのことだった。いつもリングで一緒にいた。2人のカナダ人が最後のビールをかけて戦っていた。俺が個人的な問題を抱えてきたとき、ベノワは最初に俺を尋ねてきた。彼は俺を信頼していたし、心配してくれていた。これはなによりも重要なことだ。ロッカールームの誰もがベノワを尊敬していた。彼は仕事にプライドを持っていた。数週間前、彼とオーランドで試合をした。俺達がステージ裏にいったとき、試合後ベノワは俺に笑いかけてきた。ベノワは俺に首の手術後のアドバイスをしてくれた人だった。彼はいつもそこにいた。アラバマ州ドーサンでショーがあったとき、ベノワは息子ダニエルを連れてきた。ダニエルは父親と一緒にウォーミングアップ運動をしていた。」
エッジは涙を堪える。
エッジ「俺は幸運だった。ベノワは俺に情熱を持ってくれたし、愛してくれていた。俺はこのような状況が理解できない。」

■コールとJBLが話す。JBL「ベノワはロッカールームの奴を何人か投げ飛ばしたことがある。奴らがこのビジネスの対する敬意を払っていなかったからだ。」
コール「ベノワはいつも100%でした。ファンに満足して家に帰ってもらうために。」

●ベノワがファンのために情熱と魂を捧げていると話している映像。

■TRIBUTE:HHH。
HHH「友人の人生をまとめあげる数分間を与えられたが、それをするのは難しいことだ。俺がクリス・ベノワが何をしてきたかをどうまとめるか自分に問い続けた。リスペクト。ベノワはそれを望んでいた。それを受け取っていた。それは彼にとってすべてだ。このビジネス、ファン、レスラー、家族、友人へのリスペクトだ。数年前こんな出来事があった。若手のレスラーがショーン・マイケルズへの敬意に欠けた態度を見せた。だからベノワは彼と一緒になってスクワット1000回をしたんだ。彼は翌日も500回スクワットをした。」
WM20の話に移る。
HHH「俺はベノワがMSGの中央で世界王座を掲げているシーンを見返した。みんなの気持ちを代弁することができないが、彼は会った人すべてを尊敬していた。ベノワ以上にリスペクトした人はいないだろう。そして彼は誰からもリスペクトを得ていた。」
HHHは涙を流す。

■JRとキングに画面が戻る。
キング「ロスターの誰もがベノワを尊敬していた。ベノワにとっての最高の瞬間は、HHHとマイケルズを倒して世界王者になったWM20でした。」

●クリス・ベノワvs.HHHvs.ショーン・マイケルズ。WM20からの映像。

■JRとキングがベノワの思い出を語っている。
キング「俺達はクリスについて多く語ってきたが、ナンシーとダニエルについて話す必要がある。彼らはベノワが家に帰りたいと思う理由であり、家族に愛していると伝えたがっていた。この番組を観ている誰もが同じように家族を愛しているだろう。」
JR「ベノワはすばらしい友人であり、男であり、レスラーでした。」
WMの最後の場面を紹介する。

●WM20のエンディング。ベノワとエディが抱き合うシーン。

-番組終了-


★ベノワに関する情報は、現在訃報の記事に追記していく形を取っています。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://hotwatersupply.blog42.fc2.com/tb.php/528-addb6531
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【WWE】訃報 クリス・ベノワ死去

【WWE】訃報 クリス・ベノワ死去 livedoor スポーツ  WWE.comによると、WWEの現役スーパースターである、クリス・べノワがジョージア州ファイェットビル郡の自宅で妻のナンシー、そして息子とともに一家全員死体で発見された。 享年40歳。 かつては日本のマットでも活躍 馬まで哀して【2007/06/27 01:21】

日本のペガサス

プロレスラーである以上に 人間自分の見たいものでも時に 思いがけずリング上を越えたドラマを 目撃してしまうこともある。[WWE:給湯室 現地6/25 RAW(ベノワ追悼番組)結果]ビンス「今夜のストーリーラインは、Mr.マクマホン... cult king web【2007/06/28 00:59】

プロフィール

管理人

Author:管理人
給湯室へようこそ!

WWEの現地リアルタイムの話題を扱うブログです。
現地情報が知りたくない方は注意してください。
皆様からのWWE情報もお待ちしています。

現在は更新停止中です

基本的にリンクフリーです。相互リンクも募集中。
twitterやってます @hotwatersupply



カテゴリー



最近の記事



最新DVDはこちら!!



Amazonの商品を検索



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



月別アーカイブ



カウンター



ブログランキング

ブログランキングに参加しています。 クリックお願いします。



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。