WWE:給湯室
WWEの現地リアルタイムの話題を扱うブログ。試合結果の詳報、ニュースを分かりやすくお伝えします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現地10/1 RAW結果
現地10/1のRAWの結果です。
現地の試合結果を知りたくない方は注意してください。


■番組開始。シナと今夜復帰のケネディの試合がアナウンスされる。
リングにはレスリングギアをつけた3人の男。ビンスのテーマがヒットする。
ビンス「今夜のメインイベントはWMで行う価値のあるものだ。HHH、対するは人類すべてにおけるすばらしい肉体標本であるこの私だ。今夜の勝利を保証してやる。」
これまでのビンスの勝利を振り返るビデオが流れる。
そしてリング上にいる男たちが、4度アマレス王者になった男、空手王者、オハイオ州の相撲王者であると紹介する。
ビンス「今夜彼らは私の試合の前にHHHに向けてちょっとしたデモンストレーションを行う。」
ビンスはジェットを脱ぎ、ネクタイをとる。そこで彼はHHHのNo Mercyにおける対戦相手であるウマガを呼び出す。
ウマガは3人の男を倒して行く。ヒップアタック、サモアンスパイク!!

●ECWの宣伝。

1.ジェフ・ハーディー&ポール・ロンドン&ブライアン・ケンドリックvs.ランス・ケイド&トレバー・マードック&シェルトン・ベンジャミン
(試合最後)ロンドンがエプロンからベンジャミンに対して、シューティングスタープレス!!ケンドリックはマードックを場外へ、ケイドにスライスブレッド#2を決める。さらにジェフがケイドにスワントーンボムを決めて勝利。
【Winners:ジェフ&ロンドン&ケンドリック in 5:00】

■バックステージ:リーガルが復帰。オフィスで電話をしている。そこへビンスがやってくる。ビンスはRAWのGMであるリーガルに挨拶。
ビンス「コーチは今夜少々機嫌が悪いようだ。」
そしてビンスはリーガルがシナvs.ケネディの試合を組んだことに言及する。
ビンス「ひとつ尋ねたいことがある。今夜私の息子を見ていないか?」
リーガル「シェインですか?」
ビンス「違う。」
その時、画面の右下隅にホーンスワグルの姿が映る。
ビンスがそのまま去って行く。リーガルはスワグルを探す。「出て来い、出て来い、何処にいようとも。」
リーガルはソファのクッションの下まで探すが、見つからない。

■JRとローラーが衛星中継でオートンにインタビュー。オートンは今夜シカゴにいるらしい。
オートン「俺は今夜のRAWに登場しないことを決めた。心の問題が未解決の状態にある間、シナのそばにいる必要はないと思った。今夜出場しないことが俺の有利になることはない。だから俺は待つんだ。シナよ、精神状態はどうだ?ベルトを守るために戦略を考えたか?次回RAWでは、俺が新WWE王者となっている。」

■リングサイドにクリーブランドインディアンズのメンバーがいる。

●Diva Searchの映像。

■バックステージ:リーガルはまだスワグルを探している。ハイランダーズに遭遇する。
リーガル「何故あなたたちはケンドリックとロンドンとのタッグ戦を拒否したんだ?」
ローリー「俺達はタッグ王座が欲しいんだ。」
リーガルは二人を無視して、スワグル探しに戻る。

●リリアン・ガルシアの新アルバムのプロモ。

2.ハードコア・ホーリーvs.コーディ・ローデス
(試合最後)ホーリーがアラバマスラムを決めて勝利。
【Winner:ホーリー in 2:00】

■ベス・フェニックスが登場。リリアンのマイクを奪う。
ベス「私が女子王者になるのは時間の問題よ。ベルトを獲得するために特番でキャンディスを倒すのは、単なる形式上の手続きよ。」
そしてリリアンに対し、「私をチャンピオンとしてアナウンスするのを練習しておくのよ。」と言う。
するとリリアンは「あなたがキャンディスを負かすことができると仮定してね。」と答える。
するとベスはニューアルバムのためのリリアンの歌声を奪うために首を絞めると脅す。
実際に手をかけようとしたところで、キャンディスがセーブに入る。ベスを場外に追い出す。にらみ合い。
ベスはベルトを腰に巻くジェスチャー。

■バックステージ:HHHがテーピングをしている。ここで番組冒頭にウマガが3人の男を倒したシーンが流れる。再びHHHの映像に切り替わる。HHHがこぶしへのテーピングを終えている。

●先週の”SAVE_US.222”に続く謎のビデオ。今夜は”8.2.11/SAVIOR_SELF”というコード。
(一度WWE.comにこのビデオがアップされたようですが、すぐに削除された模様。アルファベットで8番目の文字はH、2番目はB、11番目はKであることから、HBKの復帰を示すのではないかという解釈がネット上で広まっています。

■ビンスが試合のためにリングに登場。マイクを持ち、先月HHHがウマガを欠場に追い込んだと説明。
HHHが登場する。しかしレフェリーがいない。
ここでカリートのテーマがヒット!ビンスはわざとらしく驚いた表情を見せる。

3.HHHvs.ビンス・マクマホン (特別レフェリー:カリート)
ビンスは場外に逃げる。カリートはゆっくりとカウントをとる。HHHがビンスを追いかけ、リングに戻す。しかしビンスはリングの反対側から逃げ出す。またもHHHが追いかけ、実況席に顔を叩きつける。リングサイドでカリートと口論。カリートを突き飛ばす。リングでビンスにぺディグリーを狙うが、背後からカリートがバックスタバー。すぐにビンスがカバーにいくが、2カウント。ビンスがコーナーでチョークをするが、HHHがローブロー。そしてカリートの顔を殴る。ここでカリートが反則をとる。
【Winner:ビンス via DQ in 3:00】

■試合後、HHHは再びビンスを狙う。しかしここでウマガが登場。ヘッドバット、パンチ。サモアンドロップを狙うが、HHHが切り返してDDT。しかしウマガがすぐに反撃。スーパーキック、ランニングヒップアタック。さらにサモアンスパイクを狙う。ここでカリートが戻ってきて、HHHをクローズラインで場外へ。ウマガは邪魔をしたカリートを睨む。カリートは逃げ出す。ウマガが振り返ると、場外のHHHはスレッジハンマーを手にしている。ウマガはビンスとともに逃げ出す。観客は大ブーイング。

■サンティーノ・マレラが映画館にいる。ここで事前に録画された映像が流れる。リングに映画のセットが組まれている。ディレクター用のイスにマレラとマリアがいる。マレラはマリアをリングにエスコートするがマリアはあまり嬉しくなさそう。そして”The Condemned”の批評を始める。
マリアはストーンコールドが好きだというが、マレラはそれに反対する。
マレラ「映画は面白い、そうだ…だが本当のスターを必要としている。カリスマ、カメラが愛する男、サンティーノ・マレラのような男だ。」
“The Condemned”の映像が流れる。マレラがオースチンの演技を批評しようとしたところで、バル・ビーナスが登場。
ビーナス「俺はこれまでにいくつかの映画に主演したことがある。」
マレラがそれは成人映画であると非難。
ビーナスはマリアに対し、「次の俺の主演映画に出ないか?」と誘う。
ビーナスがマレラのラブメーキングのスキルを非難すると、マレラはビーナスを攻撃。左ひざを攻める。ビーナスが痛みに苦しんでいると、マレラはマリアとともにリングをあとにする。マリアはマレラの行為を喜んでいない。

■バックステージ:グリシャムがシナにインタビュー。「すでに精神的にオートンに負けたのではないですか?」
シナ「“彼ら”はランディー・オートンの時代だと言う。“彼ら”はシナが最低だと言う。“彼ら”はグリシャムが自分のウェブサイトにウマガのんウード写真を掲載していると言う。オートンは俺のことをイスや電話、携帯電話、スノーコーン、あるいは奨学金でも俺を攻撃することができる。これはすごい。俺はオートンを倒してやる。“彼ら”は決してそれを忘れられなくなるだろう。」

●先週メリーナがシャワーを浴びているところにスワグルがもぐりこんだシーンのリキャップ。

4.メリーナvs.ミッキー・ジェームス
(試合最後)エプロン下からホーンスワグルが顔を出す。それに気をとられたメリーナをミッキーが丸め込んで勝利。
【Winner:メリーナ in 3:00】

■試合後、メリーナはリングの下にもぐってスワグルを追いかける。しかしスワグルがメリーナの下着を持って、出てくる。スワグルはリングの周りを踊りまわる。メリーナはリングの下で悲鳴をあげている。顔を突き出し、スワグルに向かって叫ぶ。スワグルはランプを駆け上がって行く。

■バックステージ:スワグルがメリーナの下着を身につけている。そこへリーガルがやってきて、彼の振る舞いをしかる。
ここでJackassのスティーヴォが登場。「俺は弱虫を探している。」
スワグルはその間に逃げ出す。残ったリーガルはメリーナの下着を嬉しそうにいじる。

■バックステージ:スティーヴォがロン・シモンズに会う。
スティーヴォ「俺はあんたがもう少しタフでりりしいと思っていた。」
シモンズは考える。そしてスティーヴォを掴んで出口のドアに投げつける。”DAMN!!”

■シナが登場。リングサイドの観客が”Cena Please Drop The Belt”というボードを掲げている。
カメラはそれを映さないようにシナをズームする。
続いてケネディが入場する。

5.ジョン・シナvs. Mr.ケネディ
(試合最後)ケネディのリーバースチンロック。シナはバックスープレックスで無理矢理返す。最後にSTFUを決めると、ケネディはタップアウト。
【Winner:シナ in 8:00】

■試合後、シナが振り返ったところを、突然現れたオートンがRKO!!
オートンはリングサイドに行き、ステップを持ち出し、シナの頭を殴る。さらにTVモニターで殴り、実況席の上でRKO!女性が悲鳴をあげる。しかし実況席は壊れない。シナは動かない。

-番組終了-


★放送後にもスティーヴォが戻ってきて、シモンズに投げられるというシーンがあったそうです。
★シナが試合の途中で怪我をしたと見られています。ケネディへのヒップトスをミスしたあたりで、右胸筋を断裂したようです。明日、アラバマでMRI検査を受けるとのこと。
詳細が入り次第、お伝えします。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://hotwatersupply.blog42.fc2.com/tb.php/650-47cecefe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

管理人

Author:管理人
給湯室へようこそ!

WWEの現地リアルタイムの話題を扱うブログです。
現地情報が知りたくない方は注意してください。
皆様からのWWE情報もお待ちしています。

現在は更新停止中です

基本的にリンクフリーです。相互リンクも募集中。
twitterやってます @hotwatersupply



カテゴリー



最近の記事



最新DVDはこちら!!



Amazonの商品を検索



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



月別アーカイブ



カウンター



ブログランキング

ブログランキングに参加しています。 クリックお願いします。



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。