WWE:給湯室
WWEの現地リアルタイムの話題を扱うブログ。試合結果の詳報、ニュースを分かりやすくお伝えします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現地10/28 Cyber Sunday結果
現地10/28のCyber Sundayの結果です。
現地の試合結果を知りたくない方は注意してください。
随時、更新中です。


●オープニングビデオ。”Tonight, the power is in your hands. Tonight is your night. Tonight is Cyber Sunday.”

■パイロ。テーマソングが流れ、マイケル・コールが登場。

■フィンレーvs.ミステリオの試合形式の投票結果をグリシャムが発表する。
Stretcher 40%
No DQ 36%
Shillelagh on a pole 24%

1.フィンレーvs.レイ・ミステリオ -Stretcher Match-
ロックアップ。コーナーへ行き、ブレイク。フィンレーがミステリオの顔をはたく。ミステリオがやり返す。そしてキック、チョップを連打。フィンレーのチョーク。コーナーポストに投げつける。パンチ連打からクローズライン。フィンレーはミステリオを場外に投げ、担架に乗せる。ミステリオが起き上がり、フィンレーの顔をキック。フィンレーのスラム。再び担架に投げつけ、担架を勝利ラインまで運ぼうとする。しかしミステリオが立ち上がる。再び試合はリングへ。フィンレーのアッパーカット。”Finlay sucks”の大合唱。ミステリオのヘッドシザーズ。場外へ。頭をキックし、主導権を握る。担架に乗せるが、すぐにフィンレーが反撃。ポールにあるこん棒を見上げる。ミステリオがそれを阻止するためにキック。ベースボールスライド。ミステリオがこん棒に手を伸ばす。フィンレーがミステリオを捕まえて、トップロープから引きずり落とす。両者ともにトップロープへ。ミステリオがサンセットフリップ式のパワーボム。再び登って、こん棒を手にする。しかしフィンレーがミステリオを捕まえて場外に落とす。フィンレーがついにこん棒を手にして、ミステリオのヒザを攻撃していく。担架に乗せられそうになるが、リングに戻ってベースボールスライド。場外ダイブを狙うが、担架に激突。フィンレーが担架をラインまで移動していく、しかしミステリオのニー。フィンレーは担架の上にスラム。今度は顔を叩きつける。さらに担架で攻撃しようとするが、これはミス。逆にやり返される。担架上で619のような動き。そして担架へのセントーン。ミステリオが担架を移動させる。TVのケーブルにひっかかるが、なんとかラインの外側へ。ミステリオが勝利。
【Winner:ミステリオ at 9:55】

●SD!でマット・ハーディーが怪我をしたときの映像。16針の縫合が必要だったと説明され、コールが今夜の出場は難しいという見解を示す。

■バックステージにマットとMVPが並んで座っている。
MVPはマットの頭部裂傷の影響を考え、今夜試合を行わないことに同意する。
マット「ヴィッキーによると今夜MVPは別に試合を組まれたようだ。US王座戦を行うことになる。聞くところによると、ヘンリーかカリかケインだそうだ。」
MVPは嬉しそうでない。

■コールとJBLがMVPの対戦相手が誰になるかの投票を番組中に行うと発表する。JBLは自分が試合を裁く気になっており、レフェリーシャツを着ている。

■コスチュームコンテストに向けて、マリアがネコの格好をしている。ビクトリアは相撲レスラーの格好をしている。後ろにはケニーがMr.フジのように控えている。そこへシモンズがやってきて”Damn!”と叫ぶ。

■スタイルズとタズがECW王座戦について話す。CMパンクが入場する。
バックステージにいる対戦相手候補3人が映し出される。グリシャムが結果を発表。
ミズ 39%
モリソン 33%
ビッグダディV 28%

2.CMパンクvs.ミズ -ECW王座戦-
ロックアップからバックの取り合い。パンクがヘッドロックをはずして、リストロックへ。ミズを倒して主導権を握る。ロープワークからタックル。1カウント。ヘッドロックから腰投げ。カウンターの応酬があるが、再びパンクがテイクダウンを獲る。ミズのヘッドシザーズ。パンクがエスケープ。ミズのパンチ。ロープに走るが、パンクのレッグラリアット、チョップ。スナップメアからサッカーボールキック。パンクのスリングショットスープレックス。2カウント。ニー。ミズがスナップメアを返す。レッグドロップ。ミズはトップロープへ。パンクのチョップ。トップロープでの二人の攻防。ミズは飛び降りて、パンクの足を引っ張る。パンクが落下。ミズがカバーにいくが、2カウント。ミズはパンクをコーナーに投げつける。パンチ。コーナークローズライン。2カウント。アームバー、ハーフネルソン。”You Can’t Wrestle”チャントがミズに向けられる。パンクが脱出して、バックエルボー。クロスボディ。ミズは怪我をしたよう。ミズのスタンガン。エルボー、チンロック。今度はY2Jチャントが発生する。パンクがエルボーに行くが、ミズのニー。そのままスープレックス。ミズはトップロープへ。パンクが駆け上がって、ミズを投げ飛ばす。パンクのフォアアーム。クローズライン。チョップ、スピンキック。コーナーでのランニングニー。ブルドッグ。スプリングボードクローズライン。2カウント。パンクが「終わらせる」と叫ぶ。ミズを掴むが、カウンターで丸め込まれる。パンクが丸め返して2カウント。ミズがリアリティチェックをミス。ここでパンクのGTSがヒット!
【Winner:パンク at 8:50】

●ECWのMonster Mash Matchの宣伝。

■ミッキーがインディアンの格好、トリーがワシントンレッドスキンズのジャージを着ている。

■JRとキングが今夜初めて番組に登場する。オートンの対戦相手をめぐる抗争のリキャップ。

■ステージ上のグリシャムにリーガルが加わり、オートンの対戦相手の投票結果を発表する。敗者の二人はこのあと、試合を行う。
マイケルズ 59%
ジェフ 31%
ケネディ 10%

3.Mr.ケネディvs.ジェフ・ハーディー
観客は完全にジェフを応援。ロックアップからジェフがヘッドロック。そのままテイクダウン。ケネディが体を起こし、両者立ち上がる。コーナーへ。クリーンブレイク。再びロックアップ。ケネディのヘッドロック、ハンマーロック。ジェフが切り返すが、再びケネディが返す。ジェフのヘッドロック。テイクダウン。立ち上がって、再びロープに行くが、ケネディがバックドロップ。2カウント。ケネディのヘッドロック。ロープワーク、ジェフが返すが、ケネディにパンチ。アイリッシュホイップ。ケネディはエプロンへ。ジェフのドロップキック。トップロープに上がり、ハイクロスボディ。リングに戻ると、ケネディはジェフを再び場外へ。ジェフが戻ってきたところで、頭にブート。2カウント。ネックバイス。またもヘッドロック。ジェフはエルボーを打ち込んで、ロープに走るが、ケネディがDDT。2カウント。ネックバイス。寝かしてハーフボディシザーズ。立ち上がってジェフが脱出。ロープに走るが、またもケネディのクローズラインで倒される。2カウント。ケネディがジェフをコーナーで持ち上げる。ジェフが反撃。そのままラナ。両者ダウンし、レフェリーがカウントをとる。二人は立ち上がって殴りあう。ケネディがロープへ。ジェフのクローズライン。チョップ、クローズライン。2カウント。ツイストオブフェイトに行くが、突き飛ばされる。そのままコーナーを駆け上がって、ウィスパーインザウインド。2カウント。パンチ、ケネディがキックで返す。ジェフのミュールキック。ジェフはコーナーへのドロップキックを狙うが、ケネディがかわして体を激しく打ち付ける。そのままケネディがフォール。
【Winner:ケネディ at 9:00】

■JBLとコールが番組のコンセプトを説明。また投票できるという。

■ミシェル・マクールがリンゴの木のような格好をしている。エデンの園のイブのよう。メリーナはラスベガスのショーガールのよう。

■ミック・フォーリーがついに登場。スペシャルレフェリーへの投票を呼びかける。
JBLが食って掛かり、自らの宣伝ビデオを流す。

■グリシャムにヴィッキーが加わり、MVPの対戦相手を発表。
ケイン 67%
カリ 24%
ヘンリー 9%

4.ケインvs.MVP -US王座戦-
MVPがパンチを連打。ケインがビッグブートで返す。コーナークローズライン。もう一発。サイドスラム。2カウント。ケインはトップロープへ。MVPがキャッチして、ケインの痛めている肋骨を攻撃する。MVPは肋骨をヒザで攻撃していく。コーナーでのブート。2カウント。MVPは腹を集中攻撃。座った状態でのアブドミナルストレッチ。ケインがエルボーで脱出。MVPが再び腹を蹴る。ケインが逆にMVPの肋骨を攻撃する。ニー、ランニングキック。サイドバックブリーカー。アブドミナルストレッチ。さらに腹にパンチ。ケインはMVPをコーナーへ。コーナータックル。もう一発。ブート。パンチ。コーナーポストに投げつけ、さらに肋骨をコーナーにぶつける。MVPは場外に落下。レフェリーがカウントを取り、そのままカウントアウトで負けてしまう。コールはMVPがベルトを守るために試合を投げ出したとクレームをつけるが、JBLはこれを勇敢な努力の結果だと述べる。
【Winner:ケイン at 6:45】

●”SAVE_US”のビデオ。”Upon US” “X29”の文字。明日のRAWを示唆?

●Survivor Seriesの宣伝。エッジがチェーンソーを持って登場。

●レイラが警官の格好。ケリーはギャングのよう。

■バックステージ:オートンがこれまでマイケルズにしてきた行為について語り、その映像を流す。

5.ランディー・オートンvs.ショーン・マイケルズ -WWE王座戦-
ロックアップ。コーナーへ押し込んでブレイク。マイケルズのチョップ。オートンは場外に逃げる。するとマイケルズが場外へセントーン。オートンがキックで反撃。アッパーカット。マイケルズのチョップ。オートンがドロップトーホールド。フロントフェイスロック。マイケルズが立ち上がって、切り返しのハンマーロック。そしてオートンをコーナーポストに投げつける。マイケルズはオートンを肩からコーナーに投げる。腕を決めた状態からスラム。ブート、アンダーソン式のハンマーロックスラム。オートンはなんとかエスケープ。すぐに丸め込みにいくが、1カウント。マイケルズが再びオートンを倒すと、オートンは再び丸め込み。2カウント。オートンはマイケルズの顔を踏みつける。コーナーでパンチ。マイケルズのブート。再び腕を決める。ハンマーロックからバックドロップ。ヘッドロックからのテイクダウン。オートンはヘッドシザーズを狙うがミス。オートンが体を回転させ、キックアウト。マイケルズにパンチ。ロープワークからマイケルズに向かうが、場外に投げ落とされる。マイケルズが場外に行くと、オートンはバリケードにバックドロップ!リングに戻って、今度はオートンが攻め始める。2カウント。アイリッシュホイップ。マイケルズは倒れる。オートンのストンピング。マイケルズはチョップを返すが、オートンがパンチ。ドロップキック。2カウント。オートンのヘッドロック。ボディシザーズ。マイケルズは立ち上がって、オートンにパンチ。ロープに走ったところをオートンがドロップキック。これはミス。マイケルズの丸め込み。2カウント。マイケルズのチョップ。オートンのパンチ。マイケルズのスラム。カウンターのバックドロップ。2カウント。オートンのバックブリーカー。2カウント。オートンはマイケルズを捕まえ、トップロープに上げる。オートンのパンチ。マイケルズが反撃、オートンを突き飛ばす。ここでコーナーからのエルボードロップ。しかしオートンがかわす。両者ダウン。立ち上がったところをオートンがRKO。しかしマイケルズがバックスライドへ。2カウント。チョップ。オートンのパンチ。マイケルズのフライングフォアアーム。跳ね起き。アトミックドロップ。スラム。トップロープへ行き、エルボードロップ。スウィートチンミュージックはミス。ここでオートンのローブロー。反則裁定が下る。
【Winner:マイケルズ at 16:00 via DQ 反則裁定のため王座の移動はなし】

●WM24の宣伝。チケット発売は土曜日。

■ブルックがターザンの格好。ジリアンはブリトニー・スピアーズの格好。JR「史上最低のハロウィーン・コスチュームコンテストですね。」

■グリシャムがHHH vs.ウマガの試合形式の投票結果を発表する。
Street Fight 57%
Cage 26%
First Blood 17%

6.HHH vs.ウマガ -Street Fight-
HHHがウマガの入場時から飛び掛かる。エントランス付近での乱闘。HHHがぺディグリーを狙うが、これは逃げられる。パンチ。ウマガのアッパーカット。HHHのスピアー。セットを貫通する。パンチ。ウマガも反撃。バリケードに投げる蹴る。観客席での攻防。スタンドへ。ウマガがケーブルを使ってチョーク。HHHはエスケープ。ウマガをリングサイドに投げる。ようやくリングへ。HHHのパンチ、ウマガのアッパーカット。コーナースプラッシュはミス。HHHはパンチを連打するが、ウマガは垂れない。HHHは場外へ行き、ゴミ缶を取り出す。それでウマガを殴ってフォール。2カウント。缶を手にしたところをウマガがサモアンドロップ。HHHの腹にヘッドバット。さらにヘッドバットを打ち込む。HHHはダウン。ウマガのアスドロップ。キック。ロープに走ってからスプラッシュ。2カウント。場外へ。エプロンにHHHを投げつける。さらにリングステップに投げつける。HHHはダウン。リングに戻り、ウマガのレッグドロップ。2カウント。HHHの腹を攻めていく。頭部へのパンチ。HHHはダウン。HHHもパンチで反撃。しかしウマガの腹攻撃で再び返される。ベアハグ。HHHも反撃しようとするが、ベリートゥーベリーを食らう。HHHはコーナーでダウン。ウマガのパンチ。そしてサモアンクラムベイク。2カウント。もう一度フォールするが2カウント。ウマガはレフェリーを威嚇する。場外でイスを手にする。HHHのローブロー。さらにイスを使ってローブロー。イスの上にDDT。2カウント。HHHのパンチ、ニーバスター。ブート、ぺディグリーに行くが、ウマガがHHHをコーナーに投げ飛ばす。HHHのブート、しかしウマガのスラム。場外へ。ウマガはECWの実況席のカバーをはずす。RAW、SD!のも同様にする。ウマガはイス攻撃を狙うが、HHHがタックル。SD!の実況席の上に倒れこむ。ウマガはHHHをECWの実況席に寝かせ、貫通スプラッシュ!レフェリーがHHHをチェック。ウマガがレフェリーを追い払う。HHHをリングまで引きずる。ウマガがトップロープからのヘッドバットにいくがミス。HHHは場外へ行き、スレッジハンマーを手にする。ウマガもHHHの腹を攻撃してから、サモアンスパイクを狙うがミス。ここでハンマー攻撃。ぺディグリーを決めて勝利。
【Winner:HHH at 17:30】

●WWE Magazineの宣伝。

■グリシャムがコスチュームコンテストの結果を発表。
ミッキー 21%
ケリー 17%
トリー 15%
メリーナ、マリア 12%
その他は10%以下
ミッキーの勝利。バックステージのそれぞれの反応が映し出される。

●テイカーとバティスタの抗争を振り返るビデオ。

■グリシャムによると、世界中で合計13,189,061票の投票があったとのこと。
そして世界王座戦のスペシャルレフェリーの投票結果を発表する。ドラムロールがなったところでJBLがストップ。するとフォーリーが登場し、JBLと対峙。メインイベントについて話す。グリシャムが結果を発表。
スティーブ・オースチン 79%
ミック・フォーリー 11%
JBL 10%
JBLもフォーリーも不満そう。JBLはミックに殴りかかる。フォーリーも反撃。
ここでオースチンのテーマがヒット!新Tシャツを着たストーンコールドが登場する。フォーリーにスタナー。JBLがクローズライン。クローズラインフロムヘルを狙ったJBLをオースチンがJBLをキック。ここでスタナー!

7.バティスタvs.アンダーテイカー -世界王座戦-
JBLの代わりにキングが実況席に加わる。バティスタのスピアーはミス。テイカーのビッグブート。ロックアップ。コーナーへ。テイカーのパンチはかわされる。ロックアップ。バティスタがヘッドロックをとる。ロープワーク。テイカーのブート。1カウント。テイカーが頭にストンピング。バティスタをコーナーに投げつける。クラビングショット。オースチンがブレイクするように指示する。バティスタが反撃。コーナーでテイカーにパンチ。対角コーナーに投げる。さらに別のコーナーでパンチを打ち込む。バティスタの攻撃が続く。アイリッシュホイップから、テイカーがバックエルボーで返す。2カウント。テイカーがフィギュアーフォーへ、しかしロープに逃げられる。バティスタがエプロンで倒れていると、テイカーのブートとエルボー。2カウント。バティスタにパンチ、テイカーが主導権を握る。チョーク攻撃にいくと、オースチンがブレイクさせる。コーナーに投げつけ、腕をトップロープに絡めて何度も叩きつける。さらにニー攻撃。しかしバティスタがよけて、テイカーはコーナーにヒザを打ち付ける。バティスタのブート。テイカーを場外へ。リングサイドでの乱闘。テイカーはステップに投げられる。さらにエプロンに叩きつけられる。リングに戻る。テイカーのクローズライン。2カウント。バティスタの腕を攻める。オールドスクー津に行くが、バティスタもトップロープへ。テイカーがバティスタを突き落とす。2カウント。アイリッシュホイップ。テイカーはコーナーへのブートをミス。そのまま場外へ転落。リングサイドで殴りあい。バティスタがテイカーをリングに戻す。テイカーの背中を攻める。2カウント。テイカーはバティスタを場外へ。頭部へのブート、エプロンに寝かせ、パンチを打ち込む。エプロンレッグドロップ。2カウント。コーナークローズライン。もう一発。スネークアイズ。しかしバティスタがテイカーを突き飛ばす。再び殴り合い。バティスタがコーナーポストに誤爆。テイカーが再びオールドスクールを狙うが、バティスタがキャッチしてそのままスパインバスター。2カウント。テイカーがトライアングルチョークへ。バティスタの意識が遠のく。何とか踏ん張り、そのままテイカーを丸め込む。2カウント。テイカーがバティスタの喉を掴む。バティスタが脱出してロープに走るが、再び喉を掴まれる。チョークスラム。2カウント。ツームストンを狙うが、バティスタが返す。スピアー。2カウント。バティスタボムを狙うと、テイカーはバティスタを投げ飛ばす。バティスタもドロップトーホールド。テイカーはコーナーに衝突。コーナーでマウントをとってパンチを連打。ここでテイカーがラストライドを決める。両者ダウン。テイカーがバティスタの上に手を伸ばしフォール。2カウント。テイカーが首をかっきる合図。ツームストンを狙うが、カウンターのスパインバスター。2カウント。テイカーがむくっと起き上がる。バティスタは驚く。バティスタボム!2カウント。バティスタはもう一発バティスタボム!ここで3カウント。バティスタがクリーンにテイカーに勝利!!オースチンがベルトを手渡す。
【Winner:バティスタ at 17:25】
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

自分はバティスタのファンなんですけど正直バティスタがクリーンに勝つとは思ってませんでした。反則かなんかして防衛にはなるけどスタナーとツームストーン食らうと思ってました。
【2007/10/29 15:23】 URL | Tarou #- [ 編集]


どうも、初めまして。今後コメントしていくかもしれません。
サイバーサンデーは4大PPVを除くと一番好きなPPVですが…、
どうも腑に落ちないのは、なぜUS王座戦でケインが選ばれるのでしょう?
去年のウマガvsケインorサンドマンorベノワでもケインが選ばれるし。
最近抗争した相手をわざわざ選ぶ神経が私には理解できません。
【2007/10/29 23:58】 URL | The Fuhrer #- [ 編集]


遂にバティスタが勝ちましたか!
それにしてもECWの挑戦者がミズって…。
【2007/10/30 01:44】 URL | KKK #- [ 編集]


更新乙です。ついにバティがテイカーをガチで倒したんですね。でもメインまでの試合が不透明決着が多いようなんでメインでローブローや武器アタックみたいな反則勝ちじゃ客も納得せんでしょうね~
【2007/10/30 05:38】 URL | #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://hotwatersupply.blog42.fc2.com/tb.php/680-fb8624ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

管理人

Author:管理人
給湯室へようこそ!

WWEの現地リアルタイムの話題を扱うブログです。
現地情報が知りたくない方は注意してください。
皆様からのWWE情報もお待ちしています。

現在は更新停止中です

基本的にリンクフリーです。相互リンクも募集中。
twitterやってます @hotwatersupply



カテゴリー



最近の記事



最新DVDはこちら!!



Amazonの商品を検索



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



月別アーカイブ



カウンター



ブログランキング

ブログランキングに参加しています。 クリックお願いします。



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。