WWE:給湯室
WWEの現地リアルタイムの話題を扱うブログ。試合結果の詳報、ニュースを分かりやすくお伝えします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現地2/18 RAW結果
現地2/18のRAWの結果です。
現地の試合結果を知りたくない方は注意してください。


■HHHが登場。満面の笑み。JRが昨日のチェンバー戦でHHHが勝利したことを説明する。
HHH「今夜はとても嬉しい気分だ。12ヶ月前、俺はとても嫌な気分だった。去年の今頃は、デトロイトで行われたWMのカーテンの裏で車椅子に座っていたからな。俺は裏でゲームを観なければならなかった。だがその後、ザ・ゲームは帰ってきた。俺はWMのメインイベントという場所に戻ってきた。お前らがそれを観戦したとき、俺が12度目のWWE王者になるのを見ることになると、賭けることができる。」
ここでオートンのテーマがヒット。肩にベルトをかけてオートンが登場する。
ゆっくりとリングに上がる。ブーイングが起こる。
オートンがしゃべろうとすると、”You suck”チャント。
オートン「俺達は一周して元に戻った。昨夜シナだった。その前にはジェフ、ジェリコ、マイケルズ。そして奴らの前はあんたから始まったんだ、HHH。WWE王座のために俺が倒した男だ。だがハンターのジェラシーはいつも同じだ。4年前に復帰した時には俺を妬んでいた。そして今、あんたは俺を妬んでいる。俺のほうが優れているからだ。俺はハンターがWMで勝利することを宣言するのを聞くことができて嬉しいよ。俺がすでに倒した男の宣言だからな。」
ここでシナが登場する。大ブーイング。
シナ「WWE王者のランディー・オートンだ。オートンは初の嘘つきで、負け犬のWWE王者だ。フットボールや野球、バスケのようなほかのスポーツではスキャンダルだ。だが今WWEに不名誉なことが起きた。オートンの名前にアスタリスクがつくんだ。俺はリマッチを要求する。」
これまでファンはブーイングをしていたが、ここで歓声に変わる。
シナ「玉ナシことオートンvs.ジョン・シナだ。今夜の勝者がWMでHHHと戦う。」
オートン「俺とHHHがWMで戦うべきだ。お前は関係ない。」
HHH「どちらが王者だろうと俺は気にしない。俺はタイトル挑戦権を手にしたら、誰であろうと戦うからな。」
リーガルのテーマがヒット。
リーガル「HHHがマニアに出場することは決まりだ。オートンについては、お前は昨日故意にDQ負けした。オートンにとっては良いかもしれない、だがRAWに良い影響を及ぼすことはない。今夜オートンvs.シナのリマッチを行う。だがノンタイトル戦だ。もしシナが勝ったら、トリプルスレット戦でシナをWMに出場させる。」
HHHが遮ろうとするが、リーガルは話を続ける。
リーガル「もしシナが勝ったら、トリプルスレットだ。」
HHH「俺に不利だ。俺は1対1の挑戦権を獲得した。」
リーガル「それは良い約束だ。しかし面白いことがあるぞ、オートンvs.シナの特別レフェリーはお前だ。」
HHHは反応しない。全員が睨み合う。

●昨夜のメイウェザーとビッグショーのアングルの写真のスライド。

1.ジェフ・ハーディーvs.スニツキー -Money in the Bank予選-
ジェフは新しい入場曲で登場。観客席の最前列にテーマ曲を歌うEndevetafterがいる。
(試合最後)スニツキーのパンプハンドルスラムをブロックしたジェフがツイストオブフェイト。最後にスワントーンボムを決めてピン。
【Winner:ジェフ at 10:27】

■JRとキングが「マリアはPlayboyに出るべきか」というファン投票について話す。

●昨夜のメイウェザーとビッグショーのシーン。

■バックステージ:メイウェザーとミステリオが話している。

●No Way Outのハイライト。メイウェザーとビッグショー、チェンバー戦のジェフvs.HHH、バティスタvs.テイカー。

■マイク・アダムルがHall of Fame 2008の最初の発表のためにショーン・マイケルズを呼び出す。マイケルズは私服で登場。額の上に包帯。
マイケルズ「実に痛い。痛めつけられた。お前らはHall of Fame無しのWMはあり得ないだろう。だから最初の殿堂入りの男を紹介できることは俺の誇りであり、特権だ。この男は史上最も偉大なレスラーだ。」
観客は”Wooooooo”と叫ぶ。
マイケルズ「そして俺の友人だ。」
リック・フレアーのビデオが流れる。
マイケルズは微笑んでいる。少し言葉を詰まらせる。
マイケルズ「俺と一緒にネイチャーボーイの殿堂入りを祝ってくれ。俺は言うことはできないが、皆に彼に対しWoooと言って欲しい。」
マイケルズのテーマが流れる。ファンはフレアーに拍手。
JR「フレアーは殿堂入りした唯一の現役レスラーです。」

●今週の土曜日夜にWWE.comにてSlammy Awards Top 10を発表すると宣伝される。二度と見れないであろう多くの名場面。

2.ポール・バーチル(w/ケイティ・リー)vs.スペル・クレイジー
バーチル「ロッカールームの男たちみなは、ケイティのことを見ている。」
ケイティ「これは良家の遺伝子の証しよ。」
観客からは「お前は海賊」チャント。バーチルのカーブストンプでピン。
【Winner:バーチル at 1:57】

■バックステージ:シェインがビッグショーに何か話している。ビッグショーは不機嫌そう。昨日折れた鼻はテーピングしている。

■バックステージ:HHHが誰かと電話で話している。オートンがやってきて、HHHを睨みつける。HHHが立ち上がって睨み合う。
オートン「WMの試合をトリプルスレットにすることはできない。シナは相応しくない。お前も2年前のようにシナにタップアウトしたくないだろう。」
HHHはただ笑みを浮かべる。「俺に心理戦をしかけているつもりか。俺はお前に心理戦が何たるかを教えてやった男だ。だからそれは失敗だ。」
オートンの作り笑いがしかめ面に変わる。オートンは歩いていく。

●再びショーとメイウェザーのリプレイ。メイウェザーの4発のパンチ。

■ビッグショーが登場。
ビッグショー「昨夜の行動を謝らなければならない。昨夜はちょっと熱くなりすぎた。たぶんやりすぎた。だがメイウェザーはさらにやりすぎだった。だが俺は公の場で謝罪をするためにここにいる。」
メイウェザーが登場する。取り巻きがついている。満面の笑みでリングを歩く。ショーはリングに立ち構えている。
たくさんのブーイング。
メイウェザー「アナハイムに何があったんだ?長年俺はWWEのファンだった。昨夜手を出してしまったことは申し訳ないと思う。俺は世界で最高のファイターだ。」
さらにブーイング。
メイウェザー「誰かが俺を呼んだとき、俺は報復しなければならない。」
ビッグショー「俺はお前を呼んでいない。俺はその瞬間を求めようとした。だが今は違う。過去のことだ。」
そして向かい合って「すまなかった。」
ビッグショーは手を差し出す。メイウェザーは考えたあと、手を握る。
両者慎重にリングをあとにする。
その後メイウェザーのテーマが流れる。それを遮って再びビッグショーが話し始める。
ビッグショー「すべきことをした今、俺には打ち明けたいことがある。」
メイウェザーはステージで彼を振り返る。
ビッグショー「俺はメイウェザーを傷つけることができるのは、ひざまずいた時だけだ。ヒザ立ちしてもなお、俺のほうがでかい。俺は2分でメイウェザーを倒すことができる。」
メイウェザーは取り巻きに立ち去るように指示する。
ビッグショーは世界最高のファイターと最大のアスリートの試合を提案する。メイウェザーはリングに戻り「受けてやる!」と返す。
メイウェザーはパンチを出すと、ショーは後ずさり。笑っている。メイウェザーは退場。

●WM24まであと41日。

●Money in the Bankのプロモ。

3.Mr.ケネディvs.バル・ビーナス -Money in the Bank予選-
ケネディは新しい入場曲で登場。マイクチェックでピン。
【Winner:ケネディ at 2:30】

●先週ホーンスワグルがビンスにおたまじゃくしスプラッシュを決めたシーンのリプレイ。

■リングの上にケージが下りてくる。ビンスはすでに息子とのケージ戦に備えてリングで待機している。
ホーンスワグルとフィンレーとともに入場。フィンレーがリングに上がると、ビンスは出て行くように指示する。
突然、JBLが登場。フィンレーをケージのドアに叩きつける。フィンレーの腕を手錠でトップロープにくくりつける。JBLはフィンレーの頭を蹴り続ける。ビンスはベルトをはずして、ホーンスワグルの足を鞭打ちする。ホーニーは泣き始める。フィンレーは何もすることができない。さらにビンスはフィンレーも鞭打ち。
JR「度が過ぎています。」
ビンスはケージを出て行く。JBLはホーニーをチョーク。さらにケージに頭を叩きつける。さらに頭を蹴る。
フィンレー「何故こんなことをする!?」
JBLはホーニーとフィンレーを蹴ったあと、ホーニーをケージに投げつける。ホーニーは動かなくなる。観客はY2Jチャントをするが、出てこない。
ビンスは無表情になって、JBLに「それで十分だ」とささやく。
フィンレーはJBLに対し、「仕返ししてやる」と叫ぶ。
ビンスとJBLがケージをあとにする。ケージが上がると医療班がやってきて、ホーンスワグルをチェックする。

●明日のECWの宣伝。フレアーが登場。

■マレラとマリアが登場。ファン投票ではマリアのPlayboy出演を支持する声は94%。
マレラ「すばらしい知らせがある。お前らは望んでいるものを手にするんだ。マリアはPlayboyでポーズを撮るぞ。」
Playboyと契約を結んだことを明らかにする。「マリアは今夜ベス・フェニックスと試合だ。」
マリアは試合をするつもりはなかったのでショックを受けている。
ベスが登場する。
マレラ「ここにPlayboyとの契約を縮小して印刷したものがある。今夜マリアがベスを倒せた場合だけPlayboyでポーズをとる。」

4.マリア(w/マレラ)vs.ベス・フェニックス

試合途中にキャンディスがリングサイドに登場。ベスの妨害をしているところで、マリアが丸め込んで勝利。ベスはキャンディスに対し怒っている。マレラは頭を抱えている。歩きながらつくり笑いをしてみせる。マリアはキャンディスにお礼を言って、マリアがポーズ。
【Winner:マリア at 1:57】

■バックステージ:HHHがレフェリーTシャツを手にしている。

5.ジョン・シナvs.ランディー・オートン -特別レフェリー:HHH-
(試合最後)シナがSTFUを決める。オートンはなんとかロープに逃げる。ロープブレイク。しかしシナはホールドを外さずに、HHHがカウント4をとるまでしぼり続ける。HHHとシナが睨み合う。突然オートンが死角からのRKOに行くが、シナがかわしてリング中央でFU。シナがオートンをフォール。HHHが3カウントをとる。
【Winner:シナ at 14:04】

■試合後、突然HHHがシナにぺディグリー。HHHはWWE王座のベルトを持ち、のびているシナとオートンを見下ろす。オートンが起きようとするのを待って、オートンの足の上にベルトを落とす。そしてオートンにぺディグリー。レフェリーTシャツを破って、ベルトを持つ。肩にさげて、リング上にあるWM24のロゴを見つめる。ポーズを決めて番組終了。

-番組終了-
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

日本放送ではホーンスワグルの場面はカットされそう。
ショーは祭典でプロレスできないんですか…。本格的に動くのは祭典後か…。
【2008/02/20 10:55】 URL | The Fuhrer #- [ 編集]


Big Show は随分やせたね。WCWに居たときのようだ。スキンヘッドじゃなく,長い髪で復帰して欲しかったな。結構カッコイイのに。多分整理するの面倒だから切ったのだろうな,ヒールだし。WMでちゃんとしたレスリングの試合をやってもらいたいですけど...この時点で復帰はなかなかストーリが組めにくいでしょうね。
【2008/02/20 11:35】 URL | #- [ 編集]


このままHHHにヒールターンしてほしい
【2008/02/23 13:00】 URL | #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://hotwatersupply.blog42.fc2.com/tb.php/785-2ef92822
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

管理人

Author:管理人
給湯室へようこそ!

WWEの現地リアルタイムの話題を扱うブログです。
現地情報が知りたくない方は注意してください。
皆様からのWWE情報もお待ちしています。

現在は更新停止中です

基本的にリンクフリーです。相互リンクも募集中。
twitterやってます @hotwatersupply



カテゴリー



最近の記事



最新DVDはこちら!!



Amazonの商品を検索



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



月別アーカイブ



カウンター



ブログランキング

ブログランキングに参加しています。 クリックお願いします。



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。