WWE:給湯室
WWEの現地リアルタイムの話題を扱うブログ。試合結果の詳報、ニュースを分かりやすくお伝えします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現地2/25 RAW結果
現地2/25のRAWの結果です。
現地の試合結果を知りたくない方は注意してください。


●シナがオートンとの試合でWMのWWE王座戦出場権を獲得したシーン。HHHが二人にぺディグリー。

■リングにシナ、リーガル、オートン、HHHが既にいる。HHHに歓声、オートンにブーイング、シナには複雑な反応。
リーガルはWMで戦う3人の写真撮影を行うと言う。カメラマンがリングサイドに集まり、撮影を開始。シナとオートンはファイティングポーズをとるが、HHHは何気ない様子で写真に写る。シナが最初にマイクをとる。
シナはHHHの目を覗き込みながら、「先週スペシャルレフェリーをしたハンターに感謝すべきだな。だが俺が祝辞として受け取ったぺディグリーについてとても興奮しているということは言うことができないな。」と言う。
HHHは作り笑い。「俺は正しいことをしただけだ。お前に親切なことはしていない。俺はマニアでシナと戦いたかった。多くのファンはぺディグリーをよく思わなかったが、多くの奴らは堪能したんだ。お前はマニアでもう一発喰らうことになる。」
シナ「過去にシナvs.HHHの試合があったことを覚えているか。その試合でお前はタップアウトしたんだ。」
HHHが革のジャケットを脱ぐ。ここでようやくオートンが入ってくる。
オートン「1つの事実がそのまま残ることになる。俺はWWE王者のままだ。お前ら二人がベストショットを俺に与えたが、俺に肩にはベルトがある。The Champ is hereだ。お前らができることはない。」
シナとHHHが手を組んで、オートンをリングから追い出す。すぐさま二人がパンチで殴りあう。突然オートンが戻ってきて、HHHにRKO。シナが動揺していると、オートンはシナにもRKO。両者ノックアウト。一人オートンがリング中央でベルトを高く掲げる。

●WMまであと34日。

■バックステージ:オートンが歩いていると、ケネディがやってくる。
ケネディ「俺は今年のMITBで勝利する。そして俺はその夜権利を行使して、初の王者になるためピンフォールをとるのだ。だからお前に伝えておく。お前がWMで防衛したなら、同時にベルトを失うことになる。」
オートン「ケンよ。」
ケネディ「ケネディだ。」
オートン「俺はWWE王者としてWMの会場をあとにする。」

1.サンティーノ・マレラ&カリート(w/マリア)vs.ハードコア・ホーリー&コーディ・ローデス
マリアはプレイボーイバニーの格好をしている。
(試合最後)マレラがホーリーを攻めているが、キングと話をしているマリアに気がつく。それに気をとられていると、トップロープからホーリーによって落とされる。そのままアラバマスラムを決められてピン。マリアがマレラに駆け寄るが、怒ったマレラがキングを怒鳴りつける。
【Winners:コーディ&ホーリー at 4:14】

●先週のショーとメイウェザーのシーンのリプレイ後、WMの記者会見の模様が流れる。メイウェザーはお金をばらまきながら、「俺は金だ。俺はザ・ショウだ。」と言う。ビッグショーは「リアルレスリングを見せてやる。」と意気込む。

■バックステージ:グリシャムがリーガルを招いて、今夜のメインイベントの発表を求める。
リーガル「今夜タッグマッチを行う。ケネディ&オートンvs.HHH&シナだ。」
突然ジェリコがやってくる。リーガルはジェリコの髪型をからかう。
ジェリコ「俺はMITBに出場したい。」
リーガル「そのためには他に人間同様に予選に勝利しなければならない。お前は特別だ。今日の対戦相手はジェフ・ハーディーだ。試合は次だ。」

2.ジェフ・ハーディーvs.クリス・ジェリコ -Money in the Bank予選:ノンタイトル-
(試合最後)ジェフがスワントーンをミス。ジェリコのライオンサルト。2カウント。ジェリコが悔しがる。ジェフがインサイドクレイドル。2カウント。ツイストオブフェイトを狙うが、ジェリコが切り返してウォールオブジェリコ。ジェフが丸め返すが、ジェリコがさらに丸め込んでピン。
【Winner:ジェリコ at 12:37】

■ビンスがスーツ姿で登場する。
JR「ホーンスワグルは現在医者の治療を受けています。」
ビンス「私がこれまでに一度も言わなかったことを言おうとしている。私は人生において初めてミスを犯した。私の息子が危険に晒されるのを許してしまったのだ。ただ私は息子に愛の鞭を打ちたかったのだ。先週起こったことは望んでいなかった。私は謝る。(ブーイング)今夜謝るのは私だけではない。私の息子を病院送りにした男が同様に謝罪しにくる。今すぐ出てきてもらおう。」
JBLのテーマがヒット。無表情で登場する。ブーイング。
ビンス「私は謝罪してもらいたい。」
JBLは考えをまとめてから、「すみません」と謝る。
JBL「俺はすぐにこれ言いたくなかった、すばらしい忠告がある。ホーンスワグルはビンスの息子ではない。これは馬鹿がわざわざWWEファミリーのトップに行こうとマクマホン家にしかけた策略だ。ホーンスワグルは彼の息子ではない。奴はフィンレーの息子だ。」
ビンス「信じようと信じまいと、それなら納得がいく。私の家族のメンバーは芯まで腐っているからな。どうして私の腰からあのような変異体を作り出したのか理解できなかったのだ。ホーンスワグルは私の金を狙っていたのか。」
JBL「ホーンスワグルはビンスが父親でないということを知らない。フィンレーが今回すべてを知っている。あいつが証拠を偽造したんだ。」
ビンス「証拠が欲しい。」
ビンス「フィンレーは有罪だ。次に奴がWWEのリングに上がるときに、それを認めさせる。」

■バックステージ:HHHがロッカールームでブーツの紐を締めている。シナがやってくる。
HHH「お前は俺が嫌いだろう。俺はお前が嫌いだ。だが俺達はチームにならなければならない。」
シナ「俺は戦略について話に来たわけじゃない。試合中、俺の援護をしないでくれ。俺はお前の援護をしないからな。」

3.ウマガvs. DHスミス
ウマガがスミスを場外に蹴る。ウマガがチョップを打ち込んでからリングに戻す。ウマガがトップロープからビッグスプラッシュ。コーナーにセットして、サモアンクラムベイク。サモアンスパイクを決めてピン。
【Winner:ウマガ at 1:35】

■バックステージ:リーガル、ウマガ、バーチル、ケイティがいる。
リーガルがヴィッキーから送られてきた手紙を手にする。WMでRAWのスパスタとSD!のスパスタを戦わせるという内容。リーガルはウマガを送り込もうとする。ケイティはバーチルを推薦する。
リーガル「バーチルは見込みがある。だがそれは別の場所で見せる必要がある。」
バーチル「分かった。俺はいつでも話に乗る準備ができてるぞ。」
ケイティは歩いていく。バーチルはリーガルに囁く。「彼女は俺が好きなんだ。」

4.ランス・ケイド(w/マードック)vs.ショーン・マイケルズ
(試合最後)ケイドがトップロープからのエルボードロップをミス。マイケルズがお手本のエルボードロップ。マイケルズがバンドのチューンアップ。マードックを止めに入ろうとするが失敗。マイケルズがリバースインディアンデスロックを仕掛けると、マードックが介入して、DQ裁定。試合後、二人はマイケルズを攻撃。ハイ&ローを狙うがミス。マイケルズが自力で復活し、二人にスーパーキック。マイケルズは鼻から再び流血している。
【Winner:マイケルズ at 3:45 via DQ】

■マイケルズがまだリングに残っている。リック・フレアーが登場。
マイケルズがひざをついた状態でフレアーに会釈。フレアーが起きるように言う。二人は抱き合う。
フレアー「マイケルズは驚くべき男だ。先週マイケルズが私を現役レスラーとして初めて殿堂入りが決まったことを紹介してくれたことを誇りに思う。」
マイケルズ「あんた以上に相応しい奴はいない。」
フレアー「これは私のキャリアのハイライトだ。それをより魅惑的なものにする唯一のものがある。私はショーストッパーのショーン・マイケルズと戦いたい。私はWMでお前と戦いたい。」
マイケルズは頭を振る。「数ヶ月前、ビンスは次に負けたらフレアーは引退だと告げた。俺はこの業界で非常に恥ずかしいことをいくつもしてきた。だがフレアーのキャリアを終わらせる男にはなりたくない。俺はやりたくない。」
フレアー「やる必要があるのだ。マイケルズが私に最も壮大なステージで私のキャリアで最高の試合を行うチャンスを与えてくれないのであれば、先週お前が私にしてくれたことは無意味だ。」
マイケルズは頭を振り続ける。マットを見つめ、考える。そして顔を上げる。「WMであんたと戦うことは光栄だ。」
マイケルズは手を差し出す。二人は握手をする。フレアーがマイケルズが引き寄せ、抱き合う。アリーナ上部に吊るされたWMのロゴを見上げる。そして二人は一緒に退場する。

●シャキール・オニールがメイウェザーvs.ビッグショーの試合についてコメント。シャックはショーのことを賞賛しながらも、メイウェザーが再びショーの鼻を折るとコメントする。

■マイク・アダムルが今年最初のHall of Famerとしてフレアーについて話す。そして次の殿堂入りのメンバーのビデオを流す。ハイチーフ・ピーター・メイビア!ザ・ロック、ビンス、パターソン、JRなどが彼についてコメントする。次に紹介されたのは、ロッキー・ジョンソン。ロックが彼について語る。
JR「ザ・ロックが父親と祖父の殿堂入りのインダクターを務めます。」
キング「ロックは昨日アカデミー賞でプレゼンテーターをしたが、HOFにおける名誉とは比較できないだろう。」

■実況陣がWMでキャンディス&マリアvs.ベス&メリーナによるプレイボーイバニー戦を行うと発表する。マリアのPlayboy撮影風景が流れる。来週表紙が公開になるとのこと。

5.HHH&ジョン・シナvs.ランディー・オートン&Mr.ケネディ
(終盤から)ケネディのアイリッシュホイップ。HHHがブートで返す。両者ダウン。タッチを目指すがケネディが先にタッチ。オートンが入り、HHHをストンピング。3.0バックブリーカー。そしてHHHにRKOを狙う。HHHはオートンを投げ落として、シナにタッチ。オートンもケネディにタッチ。シナが入って、ケネディを倒す。ショルダーブロック。もう一発。アトミックドロップ、プロトボム。5ナックルシャッフルをケネディに決める。FUを狙うがオートンが妨害に入る。するとHHHがカットに入り、場外で乱闘に。ケネディがマイクチェックを決めようとしたところを切り返し、シナがSTFUを決めてタップアウト。試合後、HHHがシナにぺディグリーを狙おうとする。しかしシナが気付いて、ファイティングポーズをとる。そこへ背後からケネディがやってきて、シナにマイクチェック。そのまま退場する。ケネディにテーマがヒット。HHHは倒れたシナを見下ろしている。JR「今週はHHHが立っていますが、来週は誰が生き残るのでしょう?」
【Winner:シナ&HHH at 10:54】

-番組終了-
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

すでに一度勝ってるからケネディが勝たない可能性が高いですね…。それにしてもジェフは出場権利を失っちゃったんですか?なんか素行的にまずいことでもしたのかな
【2008/02/26 21:19】 URL | Tarou #- [ 編集]


あくまでもジェリコにとっての予選であり、ジェフの出場権がなくなったわけではありません。
試合後に実況がこれまで出場が決まったメンバーを確認していたので間違いないと思います。
【2008/02/26 21:29】 URL | 執行人 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://hotwatersupply.blog42.fc2.com/tb.php/792-7472012e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

管理人

Author:管理人
給湯室へようこそ!

WWEの現地リアルタイムの話題を扱うブログです。
現地情報が知りたくない方は注意してください。
皆様からのWWE情報もお待ちしています。

現在は更新停止中です

基本的にリンクフリーです。相互リンクも募集中。
twitterやってます @hotwatersupply



カテゴリー



最近の記事



最新DVDはこちら!!



Amazonの商品を検索



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



月別アーカイブ



カウンター



ブログランキング

ブログランキングに参加しています。 クリックお願いします。



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。