WWE:給湯室
WWEの現地リアルタイムの話題を扱うブログ。試合結果の詳報、ニュースを分かりやすくお伝えします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現地4/27 Backlash結果
現地4/27のBacklashの結果です。
現地の試合結果を知りたくない方は注意してください。


●WMからBacklashまでを振り返るビデオ。

■リングサイド、JRとキングが登場する。続いてタズとアダムル。そしてSD!からコールが登場。彼が紹介したのはコーチではなく、ミック・フォーリー!

●マットとMVPの抗争を振り返るビデオ。

1.MVP vs.マット・ハーディー -US王座戦-
コールとフォーリーが実況。マットに大歓声。MVPにはブーイング。ロックアップ。押し合う。MVPがブレイクしてヒザを狙う。腹へのキック。マットをコーナーに投げつける。アイリッシュホイップ。振り返しでマットのパンチ。ロープに走るが、MVPが場外に逃げる。マットが追いかけて、リングに戻す。ヒップトス。2カウント。ロープワークからバックエルボー。エルボードロップ。2カウント。サイドヘッドロックからテイクオーバー、MVPは足を使って逃げる。MVPのブート。アイリッシュホイップ。マットのブート攻撃。セカンドロープからのエルボー。2カウント。MVPはカウンターのスラム。バックドロップ。2カウント。MVPはマットをトップロープにセット。マットはエルボーを返す。MVPがダウン。ムーンサルトにいくが、MVPがヒザで迎撃。MVPはすぐにフォールにいくが、2カウント。MVPのニードロップ。座った状態でのアブドミナルストレッチ。MVPはヒザを腹に食い込ませ、立った状態のアブドミナルストレッチに移行。ロープを悪用してさらに絞める。マットはパワーでMVPを投げ飛ばす。2カウント。マットのフォアアーム。MVPが腹にエルボー連打。2カウント。マットの腹をたたきつけ、攻撃を続ける。MVPがロープに走ると、マットがクローズラインで反撃。パンチの応酬。マットが主導権を握る。コーナークローズライン、ブルドッグ。2カウント。サイドエフェクトを狙うが、MVPのスタンガン。プレイメーカーへ。これを切り返してマットがサイドエフェクト!2カウント。トップロープへ。しかしMVPがヒザにドロップキック。MVPものぼる。殴り合い。マットがセカンドロープからのサイドエフェクト。両者ダウン。立ち上がる。MVPがバックスライドで切り返す。MVPは流血している。マットの丸めこみ。2カウント。ツイストオブフェイトは切り返され、MVPが変型のシャイニングウィザード。マットは場外へ。ゆっくりとカウント9でリングに戻す。MVPがマットの頭をキック。もう一発。さらにマットの名前を叫んで、立ち上がったところに一発。コーナーに倒れこんだマットにカワダキックを狙うが、マットがかわしてツイストオブフェイト。これでピン。
【Winner:マット at 11:30 王座奪取!】

■バックステージ:イブが試合を終えたマットにインタビュー。
マット「俺はヨーロピアン王者、ハードコア王者、クルーザー級王者、8度のタッグ王者になったことがあるが、このベルトを獲ったこととは比較にならない。俺のキャリアの中でも最大の勝利だ。何故なら、怪我のあと俺は一生懸命努力したからだ。一つ言い残したことがある。MVPよ、俺はお前より優れている。」

●ケインとチャボの抗争を振り返るビデオ。

2.ケインvs.チャボ・ゲレロ(w/バム・ニーリー) -ECW王座戦-
タズとアダムルが実況を担当。ケインはECWでヒザを攻められ、痛めている。チャボは当然足を狙っていく。しかしケインがいきなりチャボに一発。スナップメアから低空ドロップキック。ヒザを打ち込む。チョーク攻撃で引き起こし、チャボを投げ飛ばす。コーナーパンチを狙うが、チャボがドロップトーホールドでコーナーに叩きつける。チャボの足攻め。ホイップしようとするが、ケインが力で逆に場外に落とす。ケインが追いかける。チャボがケインにとびかかるが、キャッチされそのままエプロンに叩きつけられる。ケインがトップロープにあがると、チャボはケインの足をひっぱり、落とす。ケインはヒザを抱えている。ダブルアックススマッシュ。スリングショットでヒザを攻撃。さらにロープに足をかけてヒザを攻めていく。さらに鉄柱を利用。ニーリーが介入して鉄柱ヒザ攻めをフォロー。リング中央でさらに攻めていく。セカンドロープからのパンチ。ケインはエレクトリックチェアの形でチャボを落とす。両者ダウン。ケインがチャボの喉を掴む。しかしエスケープ。ケインのビッグブート。コーナークローズライン。もう一発。サイドスラム。2カウント。チャボはカウンターでスラム。しかしバックドロップで返される。ケインはトップロープへ。クローズライン。チャボはエプロンに逃げ、ケインをロープに叩きつける。トップロープにあがり、ダイブするがキャッチされる。しかしチャボがトルネードDDTを決める。2カウント。ブート。スープレックスを狙うが返される。しかしチャボもすぐに反撃。トップロープへ。ケインと殴り合う。ケインが喉を掴むが、ヘッドバット。チャボのフロッグスプラッシュ。しかしケインが喉を掴んでいる!そのままチョークスラム。ここで3カウント。
【Winner:ケイン at 8:50】

■バックステージ:グリシャムがオートンにインタビュー。4 way戦について話す。
オートン「多くの不運があったが、お前らは今オートンの時代に生きている。王者としてBacklashを終わらせてやる。」

●ビッグショーvs.カリの抗争を振り返るビデオ。

3.ビッグショーvs.グレート・カリ
コールとフォーリーが実況。にらみ合い。ビッグショーが何か言う。カリのパンチ。ロープに振るが、ビッグショーがかわしてパンチを返す。殴り合い。カリのヘッドバット。ビッグショーもやり返す。チョップの打ち合い。カリのショートアームクローズライン。コーナークローズライン。ブート、エルボー。ショーも反撃。スラムを狙うが、上がらない。カリのクローズラインで場外へ。リングに戻り、カリのビッグブート。エルボードロップからクロスフェイス!ビッグショーは立ち上がって、カリにパンチを打ち込む。スラムにいくが、カリに押しつぶされる。そのままフォール。2カウント。カリのネックピンチ。ビッグショーが立ち上がって、エルボー、ヘッドバット。しかしカリのジュードーチョップ。2カウント。Boringチャントが発生。さらに”You can’t wrestle”チャント。ビッグショーがカリをコーナーに押し込む。エルボー、ブート、そしてついにボディスラム。2カウント。カリのパンチ、ブート、チョークボムに行くが、ビッグショーがエスケープ。ここでチョークスラムを決めてピン。
【Winner:ビッグショー at 8:10】

■バックステージ:ジョン・シナとジミー・ワン・ヤンがカントリーミュージックについて話していると、オートンがやってくる。
オートン「シナの未来に勝利はない。今夜がっかりして帰ることになる。WMのときのようにな。」
シナは笑って、「今夜はお前がぶちのめされて帰ることになる」と言い返す。

●マイケルズvs.バティスタの抗争を振り返るビデオ。

4.ショーン・マイケルズvs.バティスタ -レフェリー:クリス・ジェリコ-
バティスタがエルボーをいれると、それぞれが必殺技の構えを見せる。マイケルズのキック。サイドヘッドロック。バティスタはコーナーに押し込む。ジェリコがブレイクさせる。バティスタのコーナークローズライン。マイケルズも反撃。ヒザへのチョップブロックからロープに走るが、バティスタがスパインバスターを狙う。しかしこれをアームバーで切り返す。バティスタがエスケープすると、マイケルズはヒザを使って左腕を攻める。アームロック。腕四の字。バティスタは体を返して、立ち上がろうとするが、マイケルズがロックを外さない。何度も立ち上がろうとするが、マイケルズが締め上げる。ついにバティスタがパワーで持ち上げる。トップロープを越えて場外へ。バティスタは腕を抱えている。マイケルズは鉄階段にバティスタを肩から投げつける。リングに戻り、マイケルズのハンマーロック。ハーフネルソンから丸めこんで2カウント。バティスタがマイケルズを蹴り飛ばそうとするが、ドロップトーホールドから再びハンマーロック。コーナーでの攻撃。クロスアームブレーカー。ロープを使ってさらに攻める。マイケルズはトップロープからダブルアックススマッシュ。再びアームロック。バティスタはなんとかサモアンドロップへ。しかしマイケルズのチョップ。アイリッシュホイップを振り返し、バティスタがクローズライン。コーナーに投げつける。パワースラム。2カウント。バティスタボムを狙うが、マイケルズがエスケープ。そしてクロスフェイス!バティスタがロープへ逃げようとすると、マイケルズは丸めこむ。2カウント。クロスフェイスに戻る。バティスタはなんとかロープへ。ジェリコが乱暴にマイケルズをブレイクさせる。しかしさrないクロスフェイス。バティスタはサイドスラムで返す。2カウント。ロープワークからマイケルズのフライングフォアアーム。はね起き。ここでバティスタが突然のスピアー。2カウント。コーナーで殴り合い。ジェリコがバティスタを引き離す。バティスタが戻ってくると、マイケルズがバティスタを投げ飛ばし、エルボードロップ。スウィートチンの準備。バティスタがカウンターのスパインバスター!バティスタボムを狙うが、マイケルズがエスケープ。マイケルズはヒザを痛めた様子。ジェリコはバティスタを制止し、マイケルズをチェック。バティスタがガードを下げたところで、マイケルズが不意打ちのスーパーキック!ここでピン。マイケルズはジェリコの助けを借りながら退場する。他のレフェリーがやってきて、退場を手伝う。
【Winner:マイケルズ at 15:00】

■バックステージ:ロッカールームでHHHが座っている。そこへオートンが登場。
オートン「今夜俺がWWE王者としてリングに残る。」
HHH「古いことわざがある。“おごれる者久しからず”とな。箴言16章18節の言葉だ。」

5.ミッキー・ジェームス&ケリー・ケリー&チェリー&アシュリー&マリア&ミシェル・マクールvs.ベス・フェニックス&ナタリア・ナイトハート&ビクトリア&ジリアン・ホール&メリーナ&レイラ
ベスとマクールでスタート。ベスのビンタ。マクールのドロップキック。ベスがヒザをマクールの腹に打ち込む。アイリッシュホイップ。マクールがアッパーカットで返す。ベスのパワースラム。2カウント。メリーナにタッチ。スラムからネック場イス。クラビングショット。ロープに走ってからサンセットフリップ。マクールが回避してドロップキック。コーナーへ。ミッキーにタッチ。メリーナにエルボー。ラナ攻撃。メリーナはナタリアにタッチ。フォアアーム。ネックブリーカー。1カウント。スラム。エプロンのチェリーを落とす。ビクトリアにタッチ。スラム。その場飛びのムーンサルト。これはミス。ミッキーのエンズイギリ。ここでチェリーがナタリアにとびかかる。場外乱闘。ミッキーとビクトリアはリングで戦い続ける。アシュリーとジリアンにそっれぞれタッチ。アシュリーのラナ攻撃。ジリアンはアシュリーにタッチ。アシュリーを圧倒。スナップ眼あからチョーク。ベスはビッチバスターを狙うが、エスケープされる。ベスはミッキーをエプロンから落とす。ミッキーはすぐにリングに入り、ベスにDDT。ビクトリアが入り、ミッキーにウィドーズピーク。マクールが入るが、メリーナがファイナルカット。ナタリアがチェリーにスナップスープレックス。マリアがブルドッグ。アシュリーがレイラにスピアー。ベスが戻ってきてアシュリーにフィッシャーマンを決めて勝利。
【Winners:ベス&ナタリア&ビクトリア&ジリアン&メリーナ&レイラ at 6:30】

●エッジvs.テイカーの抗争を振り返るビデオ。

6.アンダーテイカーvs.エッジ -世界王座戦-
ロックアップ。エッジがヘッドロックをとる。ロープワークからテイカーのショルダータックル。ロックアップ。コーナーへ。テイカーのパンチ。ヘッドバット。ブートでエッジがダウン。アイリッシュホイップ、エッジのブート、クローズライン。エッジがコーナーでパンチ。テイカーが体を入れ替えて、再びエッジを攻める。リストロック。ショルダーショット。エッジを肩からコーナーに投げつける。テイカーはさらに肩を攻めていく。もういぢとコーナーに叩きつける。リストロック。しかしエッジが目潰し。クローズラインでテイカーを場外へ。ベースボールスライド。エプロンからダイブ。しかしキャッチされ、鉄階段に投げられる。さらにバリケードに。引き起こされ、バリケードにスネークアイズ。エプロンでもスネークアイズ。テイカーはエッジをエプロンに寝かせる。エルボー、ビッグブート。そしてエプロンレッグドロップ。リングに戻り、テイカーのスラム。ロープワークからレッグドロップ。2カウント。エッジはスラムのカウンターとしてエッジキューション。ブート、パンチ。テイカーの腰を攻める。エッジは背中にスピアー。2カウント。ボディシザーズ。しかしテイカーもガードポジションからの反撃。ロープに走るが、エッジがクローズラインをかわして背中にドロップキック。テイカーの背中にベースボールスライド。キャメルクラッチ。テイカーは何とか立ち上がろうとする。エッジがボディシザーズに切り替える。ロープブレイク。クローズラインの相打ち。ブートの相打ち。立ち上がってパンチの応酬。ブーイングと歓声が交互に。テイカーがコントロールを握る。コーナークローズライン。ホイップからもう一発狙うがミス。しかしエッジを抱えあげ、スネークアイズ。ビッグブート、エルボードロップ。2カウント。オールドスクールを狙うがエッジがそれを阻止。両者トップロープへ。テイカーがエッジを落とす。エルボードロップはミス。エッジがカバー。2カウント。エッジは場外に行き、ベルトを手にする。テイカーにスタンガン。リングに戻る。テイカーのチョークスラムをラシアンレッグスウィープで返す。2カウント。トップロープへ。テイカーはエッジを捕まえてプレススラム。エッジがロープに逃げて2カウント。テイカーが喉をかっきるポーズ。ツームストンを狙うが、エッジがロープに回避。ターンバックルのパッドを外す。むき出しになったバックルにテイカーをたたきつける。レフェリーがパッドを戻している間に、エッジヘッズの一人が登場し、テイカーをベルトで殴る。そこをエッジがフォールするが2カウント。テイカーのキックアウトに大歓声。エッジはすピアーを狙うが、DDTで迎撃される。2カウント。テイカーはチョークスラムを狙う。ここでライダーが登場。テイカーはエッジをライダーに投げつけ、ラストライドへ。エッジがサンセットフリップに行くが、そこをテイカーがゴゴプラータ!エッジは脱出しようとするがついにタップアウト。
【Winner:テイカー at 18:30】

■試合後もテイカーはロックを外さない。ロングとヴィッキーがやってくる。ヴィッキーがエプロンに立つと、ついにテイカーがロックを外す。ヴィッキーは助けを呼ぶ。エッジは吐血。エッジは担架で運ばれる。ヴィッキーはヒステリックになっている。

■バックステージ:オートンがJBLのロッカールームの前に立っている。CMパンクがMITBのブリーフケースを片手に歩いていくる。そしてオートンにGood Luckと言う。

■JRとキングWWE王座戦の勝利予想の投票結果を発表している。シナ48%、HHH36%、オートン12%、JBL4%という結果。

●WWE王座戦の抗争を振り返るビデオ。

7.ランディー・オートンvs.JBL vs.HHH vs.ジョン・シナ -WWE Title Elimination Match-
JRがこの試合はNo DQ, No count outであると説明する。オートンがベルトを使おうとすると、JBLがそれを蹴り飛ばす。JBLはシナを攻撃。HHHが加わる。JBLにスープレックス。シナがHHHにクローズライン。乱闘。オートンは場外見物。JBLがHHHを攻撃。シナがオートンを見つけて、場外で殴り合う。シナがオートンをリングに戻す。HHHがオートンにパンチ。ロープワークからオートンがエプロンにいるシナを落とす。シナは実況席に衝突。JBLとオートンが共闘してHHHを攻める。ダブルカバー。2カウント。HBLのエルボードロップ、オートンのパンチ、ヒザ。ロープワークからHHHが二人にクローズライン。HHHはJBLを場外に落とす。オートンはコーナー攻撃をミス。鉄階段に衝突。HHHとJBLが場外でやり合う。HHHはJBLを鉄階段に投げる。場外ペディグリーを狙うが、JBLが逆にHHHをスティールランプに落とす。JBLのエルボードロップ。オートンとシナがリングに戻す。シナのブロックバスター。トップロープからのフェイマサー。STFU!しかしJBLが入って、ホールドをとく。JBLがオートンににやりと笑いかける。そしてオートンを馬鹿にしてみせる。HHHが入り、シナにクロスフェイス。JBLはシナに目潰し。今度はオートンがJBLを馬鹿にする。シナはオートンをHHHに投げつけてクロスフェイスから脱出。オートンはシナをバックドロップで場外へ。JBLがオートンにビッグブート、エルボードロップ。2カウント。コーナーでブート。ホイップ。オートンがブートで迎撃。クローズライン。トップロープへ。しかしJBLが捕まえる。JBLがオートンにスーパープレックスを狙う。HHHが加わり、さらにシナも加わる。タワーオブドゥーム!HHHとシナがカバーにいくが、2カウント。HHHとシナが殴り合う。ブーイングと歓声が交互に起こる。シナがコントロールを握る。スープレックス。2カウント。ショルダーブロック。もう一発。プロトボム。”You can’t see me!!” 5ナックルシャッフルにいくが、HHHがスパインバスターで迎撃。HHHがペディグリーを狙う。JBLがクローズラインを狙うがかわされる。シナがHHHを持ち上げてFUに行くが、HHHが回避。シナはJBLにFU!シナはHHHを場外に落とし、JBLにSTFU!ここでJBLがタップアウト@10:34
オートンが戻って、シナに脳震盪キック!!ここで3カウント。シナ退場@10:54
残るはHHHとオートン。殴り合う。HHHが優勢に。スープレックス、フレアーのようなニードロップ。2カウント。オートンを場外に落とす。実況席でやり合う。オートンがHHHを鉄階段に投げる。さらにバリケードでHHHを痛めつける。HHHは観客席に倒れこむ。オートンはHHHをリングサイドでスープレックス。オートンがポーズを決める。リングに戻してフォール。2カウント。HHHの背中にニードロップ。腹をストンピング、ニードロップ。背中にも。レフェリーがかけよるが、HHHはギブアップしない。HHHがなんとか立ち上がろうとする。オートンがひざ、パンチを打ち込む。2カウント。ロープに走り、HHHの腹にヒザ攻撃。背中へのニードロップ。2カウント。HHHがパンチで反撃しようとするが、オートンのバックブリーカー。2カウント。チンロック。ボディシザーズ。HHHが脱出を図るが、オートンも逃がさない。レフェリーがHHHをチェック。しかしHHHが立ち上がってエスケープ。オートンにパンチ。ロープに走るが、オートンのスナップスラム。RKOを狙う。HHHがゆっくりと立ち上がる。RKOに行くが、HHHがオートンを突き飛ばす。両者ダウン。立ち上がって、パンチの応酬。ロープワークからのHHHのハイニー。コーナークローズライン。フェイスバスター。2カウント。クローズラインでオートンを場外へ。HHHはオートンをECWの実況席に投げつける。顔をたたきつける。さらにSD!の実況席でも。オートンもHHHをバリケードに叩きつけ、鉄階段の一部を持ち出す。パイルドライバーを狙うが、HHHがオートンの足をすくう。オートンは頭をぶつける。リングに戻し、スパインバスター。ブート、ペディグリー。しかしこれはオートンがHHHを投げ飛ばす。RKOはレフェリーへ突き飛ばされる。もう一度RKO。カバーに行くが、2カウント。オートンは起き上がって、HHHに歓声を送る観客に睨みつける。オートンは脳震盪キックを狙う。しかしHHHかわしてペディグリーに行く。これを防いでオートンがRKOを狙うが、さらにHHHが切り返してオートンの腹を蹴って、ペディグリー!ここで3カウント。HHHが12度目の王座戴冠!HHHがベルトをかかげると、花火が打ち上げられる。
【Winner:HHH at 28:20 王座奪取!!】

-番組終了-
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

更新お疲れ様です。マイケルズとジェリコが結託したということなんでしょうか?
【2008/04/28 16:47】 URL | mo #- [ 編集]


マット兄、ついに初US王者(?)ですか!?
凄く嬉しいです。
【2008/04/28 16:55】 URL |   #- [ 編集]


テイカーとHHH…嬉しい気もするけど無難すぎる気もしますね。全くブーイング受けない王者だし。
【2008/04/28 18:09】 URL | Tarou #- [ 編集]


マイケルズは本当にヒザ痛めたんじゃない?しらんけど
【2008/04/28 18:13】 URL | #- [ 編集]


テイカーは防衛してくれて嬉しいし、HHHも取ってくれてうれしいです。
あとやっとマットがUS王座をとってくれました。
MVPも世界王座戦線に入ってくるんでしょうかね?(てか、そうなって欲しい)
【2008/04/28 20:06】 URL | ケビン #- [ 編集]


初めて書き込みます

ケインの防衛はホボわかってたけど嬉しいですね
【2008/04/28 21:50】 URL | 名無し #m/5kYxAw [ 編集]


MVPにはこれからもぜひ日本人レスラーの技を使っていってほしいです。
【2008/04/28 21:59】 URL | riko #mQop/nM. [ 編集]


フェイタル4ウェイはエリミネーションマッチだったのですか。
【2008/04/28 22:50】 URL | ネ申 糸充  #- [ 編集]


matt hardyのUSタイトルの奪取はとてもカッコイイ。試合も良かったしね。kaneが防衛して,ベンジャミンか,モリソンと抗争してほしい。今ではベンジャミンが勿体無い。これからにSDの世界ヘビー級王座とECW王座が統一するのはあり得ますかね??Undertaker対Kaneで王座統一戦を行ってもらいたい。本当にそうなるとKaneに勝利して欲しい!!!!テイカーの功績はもう十分だから。だまって仕事するKaneにも花持たせてください。
【2008/04/29 09:06】 URL | rko ファン #- [ 編集]


マットはやっと取ってくれた。これが一番うれしい。オートン政権も終わりましたね。これからHHHはヒールに戻ってほしいです!
【2008/04/29 09:10】 URL | 水野徹也 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://hotwatersupply.blog42.fc2.com/tb.php/853-186588a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

管理人

Author:管理人
給湯室へようこそ!

WWEの現地リアルタイムの話題を扱うブログです。
現地情報が知りたくない方は注意してください。
皆様からのWWE情報もお待ちしています。

現在は更新停止中です

基本的にリンクフリーです。相互リンクも募集中。
twitterやってます @hotwatersupply



カテゴリー



最近の記事



最新DVDはこちら!!



Amazonの商品を検索



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



月別アーカイブ



カウンター



ブログランキング

ブログランキングに参加しています。 クリックお願いします。



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。