WWE:給湯室
WWEの現地リアルタイムの話題を扱うブログ。試合結果の詳報、ニュースを分かりやすくお伝えします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TNAと新日の提携
TNAの話題です。


■ホミサイドは最近の描かれ方に不満を抱いているそうです。

■TNAはiMPACTの試合数を週に5試合に増やすことを検討しているようです。(現在は2~3試合です。)

■ドーン・マリーがTNAに興味を抱いているようです。しかし、まだ出産時に増えた体重が戻っていないそうです。

■新日本プロレスが、AJスタイルズを日本で使いたいと提案しているようです。1月の特番Final Resolutionでは棚橋vs.スタイルズが実現しているので、日本でその再戦を行おうとしているのかもしれません。

■Lockdownでのサブゥーvs.サモア・ジョーの試合は予定より3分早く終ったそうです。
サブゥーの怪我の痛みが強かったので、早くフィニッシュにいったようです。

クリスティとTNA &4/27放送分iMPACT簡易結果
■6/18に行われるTNA特番Slammiversaryのポスターです。
slammiversary06.jpg


■ロウ・キー(センシ)とクリスティ・へミーは3年間一日あたり1,500ドルの契約だそうです。

■5/14の特番Sacrificeのポスターが作り直されたようです。
sacrifice06.jpg

■サモア・ジョーが自らのMySpaceでサブゥーに対し、コメントを発しています。
"Sabu is a F%$..ing warrior. Broken Arm, chopped off end of his finger, and partially scalped and he still shows up for a ass kicking. Hopefully we can do it again."
WWEへうつってしまったサブゥーに対する恨みというか悔しさもあるんでしょうね…

■TNA登場のクリスティ・へミー、TNA公式サイトにコメントを書いています。
「私は本当に会社とその関係者のみんなを愛しているわ。私は再びレスリングの一部分を担えることが嬉しいし、感謝している。特に本当に特別な会社だということにね。私はすべてをこの業界にゆだねることはできないし、何を期待されているかもわからない。だけどこの会社にはビジネスへの情熱を保持し、抱かされるような何かがあるということが、あのデビュー当日に分かったのよ。私は100%のTNAベイビーよ!」


■4/27放送分のiMPACTの簡易結果です。

Lockdownのハイライトで番組スタート。

アビスがNWAヘビー級王座のベルトを持ち、登場する。
ミッチェルが「ベルトはお前のものだ。お前が真のチャンピオンだ。」といっている。

オープニングが流れる。新しい曲と映像。

どうやらアビスはLockdownのクリスチャン戦の後に何らかの理由でタイトルを手にしたよう。テネイは「盗んだんだ」と言う。
(すいません、状況がよくわかりません)
ライノが登場する。

1.アビスvs.ライノ
WINNER:アビス


クリスチャン登場。SacrificeでTLCマッチを行おうと提案。「Sacrificeでベルトを取り戻してやる。」

2.チーム・ジャパンvs.チームUSA
WINNERS:USA


3.サモア・ジョーvs.ジェイ・リーサル -X王座戦-
WINNER:サモア・ジョー  タイトル防衛!


試合後、ジャレット、スタイナーが登場。
するとスティングが登場。彼はゲームショー・ホステスとしてクリスティを紹介。
Sacrificeでの試合について口論する。


現地4/23 TNA特番Lockdown結果
現地4/23のTNA特番Lockdownの結果です。
これ以前の展開をあまり理解していないので、意味不明の訳があるかもしれません。ご了承下さい…。


マイク・テネイがショーの紹介をする。すべてケージマッチ形式で行われることについて説明する。

1.チーム・ジャパン(ブラックタイガー&後藤洋央紀&田中稔)vs.チームUSA(ジェイ・リーサル&サンジェイ・ダット&アレックス・シェリー)

シェリーが田中にキックを連打。
テネイ「エディ・ゲレロはかつて日本でブラックタイガーとして戦っていたことがあります。」
シェリーがリーサルにタッチ(at 3:00)。そして後藤もリングイン。
テネイ「これは後藤のアメリカへの初遠征です。彼は非常に有望な一匹狼のような男です。」
後藤とリーサルはすばらしい攻防を繰り広げる。
タイガーが入ると、リーサルの膝を押し当てた状態で、ダットがスプリングボードを決める。さらにシェリーがセントーン。数分間、チームUSAが優勢に。しかし、ダットがコーナーでミスを犯し、タイガーはなんとか後藤にタッチ。
日本勢がコンビネーションを使ってダットを攻撃。9:00ごろ、ダットがヘッドシザーズで切り返す。そしてリーサルにタッチ。
リーサルはタイガーにネックブリーカーをしてカウント2。
USAレスラーが次々と攻撃を出す。シェリーがフロッグスプラッシュを決めてニアフォール。リーサルがシェリーの背中を押して不正カウントをとらせようとする。しかし後藤はキックアウト。そしてリーサルにジャーマンを決め、2カウント。ダットが参戦し、シューティングスタープレスをきめ、ニアフォール。
観客からは”USA!”チャントが起こる。
田中が入り、稔スペシャルを決める。ダットは何とかブレイク。田中はタイガーにタッチ。
その後、試合は混沌とした状況に。
シェリーがダットに誤爆。
田中がリーサルにスーパーキック。そしてタイガーがタイガースープレックスをきめて勝利。
テネイ「獣神サンダーライガーがチームに加わり、Xカップに参戦します。」

WINNER:チーム・ジャパン  約12分


テネイとウエストが初めてカメラにうつる。今夜のカードを紹介。

ジェレミー・ボラッシュがチーム3Dの三人にインタビュー。
レイ「カナダ国歌を再び聴くくらいなら、コネチカット州スタンフォードにある惨めな会社(おそらくWWEのこと)に行く方がマシだ。」
アンチ・カナダの発言を続け、チーム3Dは去る。するとラリー・ズビスコがやってくる。
ズビスコ「何かビッグアナウンスがあるようだが、何のことだ?」


2.クリストファー・ダニエルズvs.センシ(Senshe←ロウ・キーが戦士にちなんで改名

観客が”This is awesome!”と叫ぶほどの激しい試合。しかしダニエルズのエンジェルス・ウィングを防いだセンシがミドルロープに足をひっかけてピン。

WINNER:センシ  約12分


3.コナン(withホミサイド&Hernandez)vs.ボブ・アームストロング(withキップ&BG・ジェームス) -Arm Wrestling in a cage-

コナン「俺は不利だ。昨夜多くのオーランドの不良を殴って指関節を痛めてしまったんだ。」
結局アームストロングが1分もしないで勝利。
試合後、キップとBGがLAXの二人を攻撃。

WINNER:アームストロング


ボラッシュがスタイナー、ジャレット、AMWにインタビュー。
ズビスコ「ジャレット、ビッグアナウンスについて何を知っている?」
ジャレット「ヘブナーを追いかけてみろ!やつはスクリュー・ジョブについてなんでも知っているからな。」


4.エリックス・スキッパー(withサイモン・ダイアモンド)vs.クリス・セービンvs.チェイス・スティーブンスvs.シャーク・ボーイvs.ピーティー・ウィリアムス(withスコット・ダモール)vs.ピューマ
WINNER:セービン  約13分



ボラッシュがジェームス・ミッチェルとアビスにインタビュー。
二人はクリスチャンについて語る。


5.サモア・ジョーvs.サブゥ -Xディビジョン王座戦-

ジョーがマッスルバスターを決めて勝利。

WINNER:ジョー  約7分


ボラッシュがチーム・カナダとダモールにインタビュー。
途中。ズビスコがやってきて「ビッグアナウンスについて1対1で話をしろ。」とダモールに言う。
ダモール「ちょっとは知っているが、お前には言わない。」


6.チーム・カナダ(A1&エリック・ヤング&ボビー・ルードwithダモール)vs.チーム3D(レイ&ディーボン&ラント)

この試合はコーナーにある星条旗を掴んだほうの勝利。
レフェリーが途中ダウンし、3Dが掴んだ瞬間を見逃す。
しかし最終的に、ラントがA1にアシッド・ドロップ、レイとディーボンはルードに3Dを決め、ラントが旗を掴む。今度はレフェリーが確認。

WINNER:チーム3D  約9分


次回特番のCMが流れる。
テネイとウエストは「何かサプライズがあるようだ。」と話している。
テネイ「クリスティー・へミーがデビューします!」そして予定カードを読み上げる。
テネイはTNAマネージメントが健康診断(?=overhaul)を受けたことに関する声明を発表。「ズビスコは保護観察処分になります。」
ズビスコがやってくる。「俺を中傷する気か!?あの日、お前に個人指導しってやっただろ。誰がカードに署名した?」
テネイ「レイヴェンがTNAのロスターに復帰するんです。」
レイヴェンが登場。ズビスコは怒り出す。
レイヴェンがズビスコの元へ向かうと、ズビスコはケージの中に逃げ込む。そしてケージの扉をしめる。
ズビスコ「おいセキュリティ、レイヴェンをつまみ出せ!!」

ボラッシュがクリスチャンにインタビュー。


7.クリスチャン・ケージvs.アビス(withジェームス・ミッチェル) -NWAヘビー級王座戦-


クリスチャンがランプウェイでアビスに襲い掛かる。約2、3分間、観客席での乱闘が続き、リングサイドに戻る。
クリスチャンはアビスの顔をケージのとびらに叩きつける。そして何度もとびらに投げつける。さらにクリスチャンはミッチェルを追いかける。ミッチェルはなんとか逃げ切る。クリスチャンが振り向いたところ、アビスがケージのドアを使った攻撃で、驚かせる。そしてケージの中で試合が始まる。正式な試合開始を告げるゴングが鳴る。
アビスがコーナーのクリスチャンにランニング・スプラッシュ。さらにケージの壁に投げつける。再びコーナーでのスプラッシュを狙われるが、クリスチャンはレフェリーにしがみついて逃げる。しかしアビスはクローズライン!だがそれはレフェリーにヒット。
クリスチャンがトルネードDDTを出すが、レフェリーはダウンしていてカウントがとれない。
ミッチェルがカメラ撮影用にケージに開いた穴からアビスにベルトを手渡す。しかし、クリスチャンがアンプリティアー!
クリスチャンはカバー。レフェリーがカウントをとる。しかしキックアウト。
クリスチャンはケージの上に登り、そこからフロッグスプラッシュ!しかしカウントは2!(8:00頃)
テネイ「彼は人間ではありません。モンスターだ!」
アビスがクリスチャンにショック・トリートメント・フィニッシャーを決める。アビスはマットに画鋲をまく。
クリスチャンはミッチェルの杖を使って、アビスをノックダウン。
再びケージを登り始める。アビスはレフェリーの喉を掴み、ケージへ投げ飛ばす。
クリスチャンはケージがゆれ、一度落ちて、今度は反対側の壁を登り始める。するとアビスも登ってきて、喉を掴まれる。しかしクリスチャンはアビスを画鋲の上へ突き落とす。
二人目のレフェリーがやってくる。カウントをとるが3になる前にアビスがキックアウト。
クリスチャンはベルトを持っているような仕草を見せる。再び攻撃しようとした瞬間、アビスのブラックホールスラム!!しかし、ニアフォール。
アビスはミッチェルから別のバッグを受け取り、その中からさらに画鋲を取りだす。そしてチョークスラムを狙うが、クリスチャンはアンプリティアー!そしてピン。

WINNER:クリスチャン 約14分   タイトル防衛!!!


ボラッシュがスティング軍のメンバーにインタビュー。


8.スティング軍(スティング&AJスタイルズ&ライノ&ロン・キリングス)vs.ジャレット・ジョーカーズ(ジェフ・ジャレット&スコット・スタイナー&AMW)

これは5分ずつ各チーム一人ずつ選び勝負をする形式。
とても激しい試合展開。”This is awesome!”チャントも飛び出す。
ジャッキー、キムも試合に介入。ケージの上での攻防もあり、そこでテーブル貫通などかなりハード。
(試合終盤のみ)スタイナーはライノにスタイナー・リクライナー。しかしスティングがブレイクに入り、スコーピオン・デスロック!ハリスが手錠でスティングを殴る。そしてスティングにデスロックを決める。しかしスティングは切り返して再びロック。数秒後、ハリスがタップアウト!
スティング達はケージの上で勝利を祝う。

WINNER:スティング軍  約28分

-番組終了-


時間の都合で、試合内容をかなり省略してしまいましたが、特番の雰囲気が伝わったでしょうか?やはりTNAには最近のWWEにない、激しさがあると思います。みなさんの感想もコメント欄へお願いします。

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

現地4/20 iMPACT結果&特番情報
■現地4/20のiMPACTの簡易結果です。
1.チーム・カナダ(ピーティー・ウィリアムス&エリック・ヤング&ボビー・ルード&A1(withスコット・ダモール)vs.チームUSA(クリス・セービン&ジェイ・リーサル&サンジェイ・ダット&アレックス・シェリー)
WINNER:チーム・カナダ


2.ダイアモンズ・イン・ザ・ラフ(デビッド・ヤング&サイモン・ダイアモンド&エリックス・スキッパー)vs.ライノ&AJスタイルズ&ロン・キリングス
WINNER:ライノ&スタイルズ&キリングス


クリスチャンが特番への意気込みを語る。
アビスが登場し、凶器攻撃。

3.AMW&ジェフ・ジャレット(withジャッキー&キム)vs.チーム3D(レイ&ディーボン&ラント)
WINNER:AMW&ジャレット


試合後、乱闘開始。
ライノが出てきて、ジャレットを攻撃。
アビスが、ライノを襲ってチョークスラムの構え。しかしここでクリスチャンも登場。クリスチャンはアビスをロープ越えのクローズライン。
ライノがジャレットを再び狙うと、スタイナーがライノを襲う。
選手入り乱れての乱闘。最後にスティングが登場し、番組終了。

■Lockdownのカードにチーム・ジャパンの試合が追加されました。
現在決まっている(最終決定?)のカードです。(英語表記のままで失礼します)
NWA World Heavyweight Championship Match
- Christian Cage (c) vs. Abyss.

Lethal Lockdown
- Sting's Army (Sting, AJ Styles, Rhino & Ron "The Truth" Killings) vs. Jeff Jarrett's Army (Jeff Jarrett, Scott Steiner & NWA World Tag Team Champions America's Most Wanted).

X Division Championship Match
- Samoa Joe (c) vs. Sabu.

Anthem Match
- Team 3D vs. Team Canada.

World X Cup Tournament Preview
- Team Japan's Black Tiger, Minoru Tanaka & Hirooki Goto vs. Team USA's Sonjay Dutt, Jay Lethal & Alex Shelley.

Xscape Match
- Chris Sabin vs. Elix Skipper vs. Petey Williams vs. Shark Boy vs. Chase Stevens vs. Puma.

- Christopher Daniels vs. mystery opponent.

Arm Wrestling Challenge
- Konnan vs. "Bullet" Bob Armstrong.

TNA選手、怪我情報
■TNA特番Lockdownに新たにカードが追加されました。
THE RETURN OF THE “XSCAPE MATCH”
-Chris Sabin vs. “Primetime” Elix Skipper vs. Petey Williams vs. Shark Boy vs. Chase Stevens vs. Puma

“THE FALLEN ANGEL” Christopher Daniels vs. ???

■サブゥーが先週、メキシコでの試合中、腕を骨折したとのこと。Lockdownではサモア・ジョーとの試合が組まれていますが、彼がTNAの関係者に話したところによると、「怪我をしてようが、110%の試合を見せてやるぜ」と述べたとそうです。

■そして、同じくメキシコでスコット・ダモールも肩の怪我を負ったそうです。

■Final Resolutionの購入件数は55,000件だったそうです。これはTNAのPPVとしては最高の数値です。

■6/6発売になるサモア・ジョーのDVDのジャケット写真です。
products1772146xs.jpg





プロフィール

管理人

Author:管理人
給湯室へようこそ!

WWEの現地リアルタイムの話題を扱うブログです。
現地情報が知りたくない方は注意してください。
皆様からのWWE情報もお待ちしています。

現在は更新停止中です

基本的にリンクフリーです。相互リンクも募集中。
twitterやってます @hotwatersupply



カテゴリー



最近の記事



最新DVDはこちら!!



Amazonの商品を検索



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



月別アーカイブ



カウンター



ブログランキング

ブログランキングに参加しています。 クリックお願いします。



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。